もう少し… 

February 17 [Sun], 2008, 1:30
トイレネットワーク、もうちょっとで更新できそうです。
しかし…ものっ凄い長さですよ、これ……!(笑)
申し訳ありません……(汗)
いろいろ書くのが面白くてばんばん肉付けしていったら凄まじいことになってしまいましたorz
あらすじと、トイレネットワークの登場人物もつくりました。よかったらそっちも見てください(笑)

くあああ! 

February 08 [Fri], 2008, 16:59
やっとドラゴンハンター更新しました……! なかなか更新せず、申し訳ありませんでした(泣)
とてつもなく長いので、覚悟してください(笑)
それにしてもなにからなにまであの二人を書くのが楽しかったです。私はあの二人の組み合わせが好きかもしれないと書いていて気付きました(笑)

なぜか 

January 30 [Wed], 2008, 0:50
なぜかNEWSニッポンをきいていると、マーサと伝説の温泉郷を書く気力がわいてきます。
歌詞はともかく雰囲気があってる感じです(笑)

やっとこさ 

January 28 [Mon], 2008, 9:06
やっと更新できました。ドラゴンハンターです。
やっと登場人物紹介にある名前のうち今まで出していなかった登場人物(?)を出せました。
ちなみに女の子ちゃんです(笑)
03は話を構成するメンバーががらりと変わります。登場人物がもさもさ出てきて申し訳ないのですが、新しい登場人物たちは結構な間をおいて出てくるので、ゆっくり覚えてもらえたら幸いです。
この話の元になった作品を小説投稿サイト様のほうに投稿させていただいていたのですが、もともと登場人物がめちゃくちゃ多いんですorz
改稿するにあたって、結構な人数を削りました。
あと、ターナが女だったり(笑)、レイザーが男だったり(爆笑)、キースの口調がワイルドだったり(……!?)、ライズはゴーグルだけで、イータが三つ子だったりします。キースの呪いも違います。ドラゴンハンター試験の内容も全く違います。初期のドラゴンハンターを見ていると、自分、若かったなぁと思ってしまいます。わ……忘れたい……恥ずかしすぎるあの文章…(笑)

下書きの進行状況 

January 26 [Sat], 2008, 12:33
勉強の息抜きに、三十分くらいマーサと伝説の温泉郷の下書きを書き進めました。

やっとジェルバの森に突入します。
それにしても私は書くのが遅いですねorz
脳内では相当なところまで進行しているのですが(笑)

ジェルバの森に突入するまでで、252×146mm/三十枚/Bのノート半分くらいです。ジェルバの森の部分は結構重要な部分ですので、ひょっとするとこのノートはジェルバの森の話で終わるかもしれません。わかりやすく話をまとめられるか、自分との戦いです(笑)
ああ…それにしても私は本当に書くのが遅い……。

 

January 19 [Sat], 2008, 23:20
今思ったんですけど、やっぱりトイレネットワーク編にはデリックがいて正解だったと思います。
ジョナスとマシュー、加えて三人目がこれまたその二人みたいなのだったら大変ですしね(笑)
まとめる人間はどうしても必要ですね。

やっと… 

January 16 [Wed], 2008, 23:54
やっとドラゴンハンターを更新しました。
これにて02は終了です。次から03に突入です。ドラゴンハンター試験の始まりです。
この部分が書きたくてたまらなかったので、やっと突入できて嬉しいです。
02ではあまりドラゴンが出ませんでしたが、03ではかなり出す予定です(笑)



以下、昔に書いた絵パート2です。

 

January 12 [Sat], 2008, 22:33
昔の絵を見ていたら、なんだか面白くなってきたのでのせてみます。
イメージを崩す危険性がありますが、勇気を出してのせてみます(笑)
ドラゴンハンターの絵です。

あらすじ 

January 02 [Wed], 2008, 0:37
トイレの魔法使い、二章と四章にあらすじをつけてみました。
想像がつきにくいかもしれませんが、ああいった話です。
話の雰囲気がのほほんかと思いきやそうでもないという……。


ちなみに一章は、登場人物紹介を見て想像がつくかもしれませんが、主人公が将来の伴侶(笑)を護衛する話です。三章は、主人公の卒業制作の話です。近々あらすじをつけますね。

ああ… 

December 17 [Mon], 2007, 1:02
今、マーサと伝説の温泉郷を始めるまでの長い間、ドラゴンハンターと共に平行して連載する作品を書きはじめています。その名も『トイレの魔法使い』です。『トイレの魔法使いと星屑寮』が副題です。
どんな話なのかは今のところシークレットで(笑)
話の雰囲気は明るめになる予定です。今私が感じているこの感覚からすると、中編です。WandMEとはまた違った魔法の解釈です。やっぱり魔法って、考えるだけでも楽しいです。
魔法の学校ものが書きたくて生まれた話です。私が体験しているこの寮生活や寮生同士の絆を話の参考にしたくて、いままでずっとネタを膨らませてきました。話の流れは定番そのものですが、自分らしさを発揮できればいいなと思っています。

最近の私は、変な方向に目覚めました(?)だれも書かなさそうな話が書きたくてたまりません。
今、頭の中にいろいろな作品のネタがありすぎて大変なことになっています。その作品が全部でいくつあるのか数えたところ、九つありました(絶句)
大丈夫なのか私……。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:森林杏
読者になる
焼きそばとボウリングと温泉が好きな専門学校生。東北地方をこよなく愛す。
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
メールフォーム

TITLE


MESSAGE