【 更新情報 】

スポンサード リンク

変化球スライダーの投げ方

スライダーとカーブは同じように変化しますが、
スライダーはカーブと違いある一点でいきなり曲がります。

カーブはリリース後にナチュラルに変化して行くので変化幅はカーブの方がありますが、
スライダーは急激な変化を起すのでバッターに見切られにくい為、打ちとりやすい変化球と言えます。

スライダーはカーブよりも斜め下に変化し、
突然変化を開始するのが特徴で、カーブよりも習得は難しいと言えるでしょう。

使いこなしも難しいですが、
相手を討ち取りやすいという点で現在の野球界では人気のある変化球です。

スライダーの握り方は、ツーシームでは一つは親指を少し曲げます。
そうする事ですっぽ抜けが無くなりよく曲がる様になります。

また親指の位置を工夫する事で曲がり具合や速球も調整出来ます。

もう一つはストレートを横にずらす持ち方で、チョップの様にして投げます。
これが一番ポピュラーで投げやすい握り方ですね。

フォーシームは抜いて投げるスライダーなので
球速よりも変化を重視した投げ方です。

一番ポイントとなるのは中指と人差し指の使い方です。

中指がしっかりと縫い目にかかっていると言う事と、
その中指を使い横回転をかける事によりスライダーになると言う訳なのです。

感覚的には「切る」という感覚でしょうか。
分かりやすく言うと空手チョップで横から切るイメージで
投げるといいかもしれないです。

またスライダーを握る時に親指の第一関節で曲げてしまうと、
自然とひねってしまいカーブ系のボールになってしまうので、
握る際は曲げない事が大事ですね。

スライダーはリリース時手の甲をサード側へ向ける程変化は大きくなりますが、
速球が下がりやすくなってしまいます。

しかし縦方向への変化が大きくなります。

握り方や力加減、又手首の角度等で色んな球筋のスライダーが投げられるので、
自分自身で練習し習得してみてはいかがでしょうか?

色々と工夫出来る変化球なので磨けば磨くほど
最大の武器になる事間違いなしですね。

他の球種と似た速度や握り方で投げられるようにする事で
さらにスライダーの効果が発揮出来ると思いますよ。

握り方に関しても独特の握りをするので最初は難しいとは思いますが、
スライダーは野球をするにあたってぜひ習得してもらいたい球種の一つとも言えるでしょう。

変化球カットボールの投げ方

このカットボールといわれる変化球はスライダーと同じ仲間に分類されており、
打者としては投げられるとイヤな球の一つです。

(まあ、どんな変化球を投げられても嫌なものは嫌ですが・・・)

ほぼストレートと同じ球速で飛んでくるので、
バッターがストレートと思ってバットを振ったら

「ほんのちょっと」軌道がずれ沈み込む変化をします。

カットボールの特徴は劇的に変化したりはせず
「ちょっと」した変化をするのが特徴なので、

バッターが空振りはしないまでも、凡打になる確率が高い球種なのです。

カットボールの握り方はストレートからわずかに指をずらした感じになります。
こうしてストレートと同様の投げ方をすればカットボールになります。

シームに指をかけるかどうかで変化幅も変わって来ますが、
カットボールは変化幅が少ない方がいいという所があるので、あまり使われませんね。

ストレートと同様に普通になげるだけでいいので、
ストレートを投げれるのであればカットボールを習得するのは以外に簡単です。

ある程度の変化も期待出来るので、ぜひ練習してみてはどうでしょうか?

しかし、カットボールはほんの少しの微妙な変化しかしないので、
この変化が無ければやや遅めのストレートといった感じで打たれ易くなってしまうのが問題点です。

カットボールを使用するのであれば、
相手のミートポイント寸前で変化するようにしなくてはならないので、
打者に届く前に変化してしまったらそこで終わりです。

球速も必要なので、ストレートとほぼ同じ球速で投げられなければ
実戦で使うのはあまりお勧め出来ません。

カットボールを習得するにあたっては
ストレートも同時に威力を高める事が理想ですね。

このストレートとカットボールの組み合わせによりより相乗効果が期待出来ます。

打者がストレートに警戒する程カットボールの効果が増して来ます。
いいストレートが投げれるからこそいいカットボールも投げれると考えてもいいでしょう。

カットボールは速く・小さく・切れがよく、のコンパクトな変化が理想的です。

きちんと練習してこそのカットボールだと思うので、
ぜひ頑張って練習してみて下さい!!

変化球ツーシームの投げ方

変化球にツーシームと言う投げ方があります。

ツーシームのシームとはボールの縫い目の事を指し、
一回転で2本の縫い目が通過する事からツーシームと言われています。

同じ系統でフォーシーム、と言うのがありますが
このフォーシームも一回転で4本の縫い目が通過する事から名ずけられています。
一般的には直球(ストレート)と呼ばれている投げ方ですね。

この球の特徴は簡単に言うときれいに回転しないストレート、と言った所でしょうか。
いわゆる「くせ球」と言うやつです。

そして、このシーム(縫い目。)とっても大事な役割をしているのです。

私達素人から見たらただの縫い目ですが、
この縫い目が空気抵抗を起す事で変化球が生まれる訳です。

又、シームがある事によって滑りにくくなり投げやすくなります。
変化球の影役者的な存在なんですね。

前置きが長くなりましたが、
ツーシームの握り方は人差し指と中指を縫い目に沿わせて握ります。

他の指は縫い目には一切かけません。
人差し指と中指の二本の指で投げる為しっかりとした力が加わらなくなるので、
球の回転が減り沈み込む様に落ちます。

三振を取るよりも、ゴロを打たせやすい球と言った所でしょうか。
ゲッツーを取りたい時に投げる球ですね。

投げ方はストレートと同じように投げます。
また握っている指の幅を広げて縫い目に沿わせる事により
球の速度が落ち変化が大きくなります。

人差し指や中指の力の入れ具合や比率を返る事で
ある程度シュートさせたり、スライドさせたりと
コントロール出来るのではないでしょうか。

このツーシーム等の小さく早い変化球はある程度の速さが無いと変化しにくいです。

上手く変化しない、といった人は指の間隔を広げたり、
力を加減したりと工夫してみたらいいと思いますよ。

フォーシームはリリースの際にバックスピンがかけられるので球種の中では
最も早く打者の手元で伸びる球ですが、

ツーシームは逆で直球よりは伸びはありません。
早さも直球に比べれば無いです。

このツーシームは上から投げる事で効果を生みます。
上投げ選手などの場合に使う変化球ですね。

一言で「変化球」と言っても、
投げ方や握り方で球の速度や落ち方等が大幅に変わってきます。

ぜひ自分にあった投球法を試してみて
ツーシームやフォーシームをマスターして下さいね。

変化球ナックルの投げ方

ナックルは習得が難しい上に握力とコントロールを必要としています。

ナックルはミットに収まるまでに0回転〜数回転すると言われており、
その回転数が1回転以下になると縫い目にかかる空気抵抗によってゆれる変化を見せ、
投げた本人ですらどうなるか分からないような変化を見せてくれます。

そういう意味ではナックルは
これぞ魔球と呼ぶにふさわしい変化球ではないのでしょうか。

しかしその反面、変化を見せなければただのスローボールなので、
投げるにはかなりの技術が必要となってきます。

ナックルの握り方は人差し指、中指、薬指の3本の指を曲げて持ちます。

3本の指を第一関節で曲げ、それをボール中央部に当て、
親指と薬指で曲げる様にして持つ、とても独特な持ち方をします。

この時点でナックルを投げるという事は勿論バレバレなので、
相手に見せないように握るのも一つのコツです。

ナックルは指を折り曲げて持ちますが、
この折り曲げる指の数により2本指ナックルと3本指ナックルに分かれます。

ここでは3本指ナックルを紹介しましたが、
実際は2本指ナックルの方がコツが掴みやすいので、
まずは2本指ナックルから練習していく事をお勧めします。

投げ方としてはリリース時に曲げて当てた指で押し出すように投げる人もいれば、
はじいて投げる人もいます。

共通して大事なのは「無回転ボール」を作り出すと言う事です。
ミットにつくまでに回転を1回転以下にしなければランダムに変化してくれません。

ナックルは投げ方やボールの弾き方、弾く指で色々な変化を見せてくれます。

ゆっくり来る上に、変化幅もそれほどでもないかのように思わせながらいきなり落ちたり、
ゆらゆらと動く予測不可能な動きで、まともに当てるのも難しいと言われています。

素人ではまず投げられません。

投げられたとすればそれはナックルの握り方で
適当に投げて落ちた事を言う事が多く、ただ単にすっぽ抜けただけです。

本当のナックルはプロ選手ですら習得が難しいとされている物なのです。

ナックルは独特の握り方なので投げる瞬間で相手にはすでにバレています。
しかしバレているのに関わらずなぜか打てないのです。

どんな変化をするか分からないのでわかっていても打てません。
だからこそ魔球と呼ばれるのでしょう。

ナックルは非常に習得するには難しい球ではありますが、
一度習得してしまえばかなりの武器になります。

ナックルでストライクさえ取れれば練習は要らないと言われる程なのです。

一度試してみる価値は大いにあると思いますので、
ぜひナックル習得に頑張ってみて下さい!!

軟式野球での変化球の投げ方

まず軟式と硬式の違いについてご説明しますね。

硬式では一般的に使われている硬いボールを使うのに対し、
軟式は柔らかくて中が空洞のゴム状のボールを使用します。

大体小・中学生や草野球等は軟式の部類に入りますね。
私達がテレビで見ている野球は「硬式」です。

軟式と硬式では球の種類が違うので、当然投げる速度も違ってきます。

硬式は硬く、空気抵抗が少なく済みますが、
軟式のボールは柔らかいので空気抵抗をモロに受けてしまうので
途中で失速してしまうのが特徴です。

私が個人が考えるに、軟式は変化球勝負になると思います。

硬式選手が軟式ボールを投げると、球が潰れて上手く投げれないそうです。
硬式と違い球に縫い目が無い為指にしっくり来ないそうです。

そして硬式と比べて空気抵抗を受けやすい為すぐに失速します。

でも、見方を変えれば空気抵抗を受けやすいという事は、
球の周りの空気の流れが一定でなくなる場合に反映されやすくなると言う事ですよね。

変化球は種類によって違いますが、
ストレートやフォークなどの変化球は球の周りの空気の流れが一定の為、
球が回転する方向に落ちていきます。

でもこれでは慣れてくると打たれ易くなってしまいますよね。

でも、周りの空気の流れが一定でなければ、
どこに球が落ちてくるか予測できなくなる、と言う訳です。
その度合いが軟式では高くなる訳です。

それに、2006年から軟式公認球が新しくなり、
従来の公認球よりも速度が10%も速く投げられるようになったそうです。

軟式はゴム素材の為縫い目が無いのでボールを投げる時に手が滑ったりしていたのが、
ボールの縫い目模様を高くする事で硬式ボールに近くなりました。

と、言う事は球の速度も従来よりも自然と上がると言う訳です。
従来では投げずらかった変化球も曲がりやすく投げやすくなったといいます。

私的にはこれらを踏まえた上で、
軟式の方が打ちにくい球が投げれるのでは無いかなと感じています。

たとえ変化球の投げ方は同じでも使うボールが違えば、
野球の内容も全然違った物になってくるんですね。

変化球の投げ方と種類

一概に「変化球」と言っても、様々な種類の変化球がありますよね。

どんな種類の変化球があるのか?
どんな時に変化球を投げればいいのか?
どんな変化球が自分に合っているのか?

等色々あると思います。

そして変化球は何故曲がるのか!?

子供の頃に見ていたナイター中継で、打者のそばで曲がって落ちていく変化球を見て
幼心に「これは魔法だ!」なんて事を思ったものです。

私だけでしょうか??

でも実際試合で使う時には「魔法」なんて使えない訳ですから(笑)
まずは「なぜ曲がるのか」を理解する事から始まるのではないでしょうか。

変化球には「空気抵抗」と「重力」が関係しています。(まあ、当たり前の話ですが。)

文字にして表すと難しく聞こえがちですが、
極端な話、無重力空間でボールを投げても変化球は投げられません。

100kmで投げたボールは重力と空気抵抗の力を受けないので、
キャッチャーにキャッチされるまで同じ速度のままなのです。

多分大半の方は無重力状態で投げる球はストレートのみ、
と言ったイメージを持つと思いますが、
実は無重力状態ではストレートは投げられません。

ストレートも変化球の一種で、
真っ直ぐに飛ぶように上向きに回転をかけている為
真っ直ぐの球が投げられるのです。

私達が住んでいる地球はもちろん重力も空気もあるからこそ、
ストレートから始まる様々な変化球が投げられる訳です。

では、変化球にはどんなメカニズムがあるのか??

代表的に挙げられるカーブ、スライダー、シュート、ストレート等は実は皆一緒なんです。
投球時にボールに回転を加える事で、回転する方向にボールが移動していくと言う訳なのです。

又、フォーク、ナックル、シンカー、スプリット、パームなどなど…は
ボールの回転をあえて加えない事によって生み出される変化球なのです。

回転を加える事によってボールの周りに一定の空気の流れが出来る事で
回転する方向にボールが流れていく訳なんですが、
ここで紹介しているフォークの種類は皆回転させないように投げています。

どんな事が起こるか??

まず回転させていないので、ボールの周りの空気の流れはカーブと違いバラバラです。
その為初速は早くてもバッター手前で急に速度を落とし下に落ちたりする訳なのです。

決まった方向に空気の流れが無いので、
投げた本人もどう曲がるか分からない落ち方をしたりする事もあるので、
やや上級者向きと言えますね。

又、ただやみくもに投げてもバッターの傍で変化する事はありません。

ピッチャーがバッターの傍で変化するようにと、
速度や回転を調整して投げている訳なのです。

例えばもの凄い名ピッチャーでいい変化球を投げたとしても、
バッターの5m手前で落ちてしまったらなんの意味も持たないですよね。

ピッチャーの知識と経験があってこそ、変化球の
威力が発揮されるものなのですね。