唯のみのりん

June 19 [Sun], 2016, 12:21
看護師資格を取ろうと思った場合、気になるのがその難易度です。

実際にはどの程度だと思いますか?調べてみると、看護師国家試験の合格率は毎年90%前後のそうです。



試験そのものも、今までの授業でしっかりと勉強していれば合格できますので、特別に看護師の資格取得は難しいものでもないそうです。



業務の多さ、責任の重さ、なによりその忙しさにより、看護師の仕事はかなり厳しいものですから、やり辛さを感じることがあっても、おかしくありません。

特に夜勤を、二交代制、あるいは三交代制でこなしていくうちに誰でも不規則な夜勤の入り方で生活時間が狂い、そのために身体の調子を崩した、という話もよく聞きます。

たち仕事であり、責任も重く強いストレスを受ける仕事ですから、めりはりよく休まなければどうしようもなく疲労を溜めてしまい、慢性的な頭痛や腰痛などが発症し、つくづく、身体に負担がかかっていることを思い知らされることもあるのです。事務的な手間はかかるものの、それ以上にメリットの大きい看護師の能力評価ですが、これをおこなう病院がかなり増えました。個人ごとの能力を測り、評価できるように、評価基準を独自に作って利用している所もある沿うです。

能力評価は、月々におこなう所や、年に一度だけ、という病院もあるそうです。

なんにせよ、定期的に評価が行なわれることによって、自分が次はどこまで能力評価を上げたいか、など目標を持つことができます。



また、やる気や、スキルのある看護師にとっては、とても良いシステムでしょう。特に、看護師の勤務形態と労働時間について言えることですが、実際のところは、意外に時間の調整はやり易いようになっています。他のスタッフとの兼ね合い、つまりシフトの状態に左右されますが、休暇を時間単位で取ることもできますから、育児中であっても無理のない働き方が可能である、と思えるそうです。子供が小さいうちだと特に、急な欠勤や退勤をせざるを得ないこともある理由ですが、職場のみんなでともかくフォローし合えるのは、きっと看護師という職業特有の勤務の形によるところがあるのではないでしょうか。
基本的には、勤務時間は8時間というのが普通です。

朝出勤して夕方帰るという仕事とは全くちがい、看護師は夜勤を交代制でつとめることになるのです。

働いた分の休みはちゃんとありますが、大変であることはエラーなく、結婚や出産(最近では、旦那さんが同室で見守る立会い出産なども増えていますね)を機に退職を決意するケースが引きも切らず、働き盛りの看護師がやめるのは、職場としても頭の痛いところでしょう。たとえば出産(最近では、旦那さんが同室で見守る立会い出産なども増えていますね)して、小さな子供を抱える身になったらどんな時間であっても安全に子供を預けることができる施設なり、実家なりがないと夜中に家を空けなければならない夜勤など、ほぼできなくなるのが普通です。



けれども、ここ何年かのことですが、育児を終えて復職を希望する人の例が少しずつ増え始めています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:心晴
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hemae0ertsphtt/index1_0.rdf