無職の旦那、将来を語る。

January 07 [Tue], 2014, 21:20
世間では仕事始め。
朝の連続ドラマ「ごちそうさん」も放送を再開し、
なんとなく正月気分も抜けてきたように思う今日この頃。
とかいっても、主婦という名のニートなので変わらぬ毎日を過ごしている。

いつもと同じように好きな時間に起き、旦那とごちそうさんを観て、
午前中は布団でぬくぬくしながら過ごし、
午後は各々好きなことをして過ごす毎日。

これでは老化が進んでしまう!と思って最近はTOEICの勉強なんぞを始めた私。
900点を目指すっていうテキストを買ったつもりが800点のを間違って購入し、
早くもやる気がなくなっているが。
自分のいまのスコアにちょうどいいテキストがないのが悩みどころである。
そもそも妊娠中にTOEICの勉強して何の意味があるのやら。
そう思いつつ、妊婦雑誌に「妊娠中にやってよかったこと:語学の勉強」とあったので
ひとまず飽きるまで続けてみることにする。
久々に勉強すると新鮮だな。

旦那はといえば、毎日ドラクエで知らない人とチャットをしながら、
せっせと裁縫をしている模様。
ゲーム内で使う装備を縫って売っているらしい。
たまに横で画面を見ていても、何が楽しいんだかさっぱり分らない。
今まで就いていた仕事が月1日休みがあればいい方、っていう特殊な職業だったためか、
辞めてからはただひたすら大好きなゲームをやっているようだ。
まぁ、飽きるまでやればいいと思う。

それでも、私だって不安になることがたまにある。
赤子はぐんぐん育っているようだし、
割とまともな家庭に育ってきた私からしたら親が二人そろって無職なんて
聞いたこともないし、そんな人に出会ったこともないわけで。
お金に多少の余裕があるからこそ平常心を保っていられるけれど、
普通だったら相当焦ってしかるべき事態ではないかと。

「あんたは将来 何になりたいわけさ?」

ドラクエをひと休みし、趣味のうどん打ちを始めた旦那に訊いてみた。

すると旦那。
白い粉だらけの手を払いながら笑顔で一言。

「蚊」

・・・マジか。
人間ですらなかったか。
もはや就職とかそういうレベルですらなかったことにガックリ。
きっと前の仕事がキツすぎて、人間でいることにすら嫌気がさしたのかもしれない。

とりあえず、私の目下の目標はこの蚊見習いの男との間にできた赤子を
まともな人間に育てること。になりそうだ。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みかさ
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる