ネクスト・マーケット

2006年01月05日(木) 3時19分
今年最初に読んだ書籍は「ネクスト・マーケット(C・K・プラハラード著)」である。第2章のケーススタディは今後時間があるときに回すとして、全体を概括した第1章を読破した。

この書籍は、ボトム・オブ・ザ・ピラミッド(BOP)、すなわち経済ピラミッドの最底辺にある40〜50億人を次なる市場と捉え、BOP市場に進出する上での解決策を12のケーススタディを通じて提示したものである。

細かな書評は割愛するが、BOPにおける市場機会を様々な主体が創出することに成功する事例が今後増加するであろうことが予測される。それとともに、BOPは経済的にも、社会的にも上位となり、そこに所属する人々の知的レベル・生活レベルは格段に向上するであろう。

本書では、経済社会のピラミッド構造はいずれダイヤモンド状に変わり、中間層が増加すると指摘している。私がこの書籍を読んで気になったのは、日本という国家がこのダイヤモンドのどの部分に位置することになるのかということである。近年のような社会的停滞が今後も続くのであれば、ダイヤモンドの頂点付近にいることはまずあり得ないであろう。

事例で挙げれば、アンドラ・プラデシュ州政府が設立している「eSeva」による公共サービス(詳細は、本書を参照)などは、日本における公共サービスをはるかに上回っている。このような公共サービスがBOPと呼ばれる国・地域に浸透した暁には、日本は後ろから追いかける存在と成り下がるであろう。

また、民間企業等にもいくつかのBOP市場進出成功事例がある。こうした事例では、BOP故のインフラ不整備等を乗り越え、先進国で通用しているビジネスモデルをはるかに凌ぐサービスの提供に成功している。特に注目すべきは、BOP市場ではどうしても低廉なサービスが要求されるが、であるからといって品質を決して落とすことができないという点である。これらの成功事例では、徹底的に無駄を省き、回転率を高め、近隣先進国のインフラも活用できるようにする等、様々な工夫を施すことにより、従来は「市場」として見られることの少ないBOPを対象としたビジネスから莫大な利益(率)を上げている。
この書籍を読み進める間に、以前このBlogでも紹介した「ブルーオーシャン戦略」と相通ずるものを感じた。市場のないところに新たな市場を創り出す。その市場とは、他者との競争のない完全有利な市場(=ブルーオーシャン)である。

この書籍を読みながら、頭の中に入ってくる知識を如何に自分のビジネスに展開できるかについてずっと考えていた。私の職種は官公庁が主体であるが、民間市場への展開が前々からの課題である。この民間市場を開拓する上での課題には、BOP市場をモノにする上での課題との共通項が非常に多い。

社会に存在する人・団体(企業・NPO・公共機関等)に何らかのニーズがないはずがなく、相手を顧客・市場として自分が認知しないのは、そのニーズに見合った価値を先方に提案する力がないからである。ビジネスである以上、相手方と自分自身の双方に価値あるものでなければ成立しない。それを見出すことが新規顧客創出というものである。

という至極当たり前の結論に落ち着いた訳であるが、おかげさまでひとつ新たなビジネスモデルを発案した。昨年後半は実学書というか、すぐに職場で実践できるような知識が集約された書籍の読破に注力していたが、やはりこういう幅広い視点を含んだ書籍の方が示唆に富んでいることが多い。今後は双方を織り交ぜながら、知識の習得に努めるとしよう。



追記:
Google PC(100ドルPC)の記事、1/8見ました。これもBOP向けビジネスか?
  • URL:http://yaplog.jp/hello-to-all/archive/371
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
このたびは、ウォートン経営戦略シリーズ ブログ書評コンテストに
エントリー(トラックバック)いただき、誠にありがとうございました。

厳正なる審査の結果、
貴ブログのエントリーが優秀賞に選ばれました!
おめでとうございます。

「的確な」「表現豊かな」「鋭い」視点をすべて満たし、
審査を行った全員、高く評価しておりました。

賞状および賞品の図書カード1万円分をお送りさせていただきますので、
送付先のご住所、お電話番号とお名前を webmaster@eijipress.co.jp まで
ご連絡いただければ幸いです。

今後とも、ウォートン経営戦略シリーズおよび英治出版を
よろしくご支援申し上げます。
2006年05月01日(月) 10時50分
このたびは、「ウォートン経営戦略シリーズ ブログ書評コンテスト」にエントリー(トラックバック)いただき、誠にありがとうございます。

さて、本コンテストの最優秀賞の賞品についてですが、
当初、弊社では景品表示法第3条に規定される「一般懸賞」(賞金額の上限を対象商品の価格の20倍以内と定めています※)には該当しないとの認識で金額を設定おりましたが、検討の結果、同法の規制対象となる可能性が生じましたため、誠に残念ながら、賞品3万円(相当)に変更させていただきました。

深謝申し上げますとともに、何卒ご了承下さいませ。

なお、賞品総額に変更はございません。
2006年02月14日(火) 13時35分
hello!
>前向きさま

いつもコメントありがとうございます。
ついに新年の仕事も始まり、なかなか時間の余裕が産まれないのですが、「幅広くものごとをとらえられるよう」努力していこうと思います。
2006年01月05日(木) 23時00分
hello!さん
 いつもコメント有難うございます。
こちらこそよろしくお願いします。
 幅広くものごとをとらえる。
それが人の器の大きさにつながるんだと思います。
 またお立ち寄りください。
2006年01月05日(木) 21時35分
2006年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:hello!
血液型:B型
居住地:東京都
出身地:広島県
家族構成:妻1人、子供2人
趣味:スポーツ観戦(広島東洋カープの応援♪)
Favorite Artist:George Michael、スガシカオ 他
職業:某シンクタンク勤務
関心事:人としてどうあるべきか
夢:周囲に夢を与えられるような人物になりたいですね
最新コメント
アイコン画像hello!
» 娘のCDデビュー♪ (2012年03月18日)
アイコン画像さえら
» 娘のCDデビュー♪ (2012年03月14日)
アイコン画像hello!
» 読書のススメ (2011年07月09日)
アイコン画像齋藤晋
» 読書のススメ (2011年07月08日)
アイコン画像hello!
» 読書のススメ (2011年07月07日)
アイコン画像齋藤晋
» 読書のススメ (2011年07月07日)
アイコン画像hello!
» 今村猛投手、エースへの道(序章) (2011年05月11日)
アイコン画像じいた
» 今村猛投手、エースへの道(序章) (2011年05月11日)
アイコン画像hello!
» 『東京大仏』 (2011年05月05日)
アイコン画像kimutax
» 『東京大仏』 (2011年05月03日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hello!
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:12月15日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・スポーツ-プロ野球(広島東洋カープ♪)の応援に夢中!!
    ・音楽-Greorge Michael、スガシカオ、いきものがかり
    ・本-「求めない(加島祥造著)」など多数
読者になる
Yapme!一覧
読者になる