しゅうりょうせんげん! 

2013年06月02日(日) 9時10分
ココは事実上の閉鎖ということで。
皆様これまでありがとうございました。

気が向かれましたら、コチラにどうぞ(^^)/
http://cosgy.blog.fc2.com/

組織を率いるということ 

2012年06月20日(水) 17時30分
約500人の組織を率いるということは大変なことです。会社にしてみれば中堅企業の規模ですが、十分に大きな組織だと思います。ましてや仕事の片手間にそれをしようとすると、とても身が持ちません。

組織の長たる者、まずは皆の目を同じ方向に向けることが重要です。程度の差はあれ同じ目的をもって集まった者達であれば容易にも思えそうなことですが、実際には事はそう簡単ではありません。人間は血が通った生き物であり、それぞれ置かれている環境や育ってきた背景も異なります。主義、主張が異なる中で、末端にいる方々の意見や表舞台に出てこない方々の思いを拾い上げることは殊の外難しいものです。そのため、あらゆる手段を駆使してこちらから思いを発信し、届けてきたつもりです。これが私流のモチベーションマネジメントであり、約500人がひとつの生命体のように熱狂的に盛り上がる。そういう状況を「演出」するのが私の役割だと思ってきました。そう、私は一人の役者であり、脚本家であり、舞台監督であったのだと思います。言ってみれば500人でひとつの「芝居」をしてきたのです。さしづめ北野武さんのようですね。

今、その「芝居」に急に終止符が打たれ、その先のストーリーを描く脚本家がいなくなったことで「500-1人」が迷走状態にあります。そして周囲が評するところの「カリスマ」の遺言に便乗し歯止めが利かなくなっている者もいれば、ぽっかり空いた「穴」を塞ごうと必死で努力してくれている献身的な仲間もいます。

「やめる」という決断は私にとってはある種閉塞した組織に対して「風穴」を開けるためのものであり、もちろん単に嫌気が差して去った訳でも、荷が重くて逃げ出した訳でもありません。ただ、この決断を重く受け止め、ではこの先どうしよう!という意志を受け継ぐDNAが組織内に残っていると私は信じていました。しかし実際に蓋を開けてみると組織はあらぬ方向に走り始めていました。正直悲しかったです。そして「やめる哲学」を知らない己の未熟さを呪いました。これは松下幸之助さんの著書を見ても書いてありませんでした。

かつて我らが愛する広島東洋カープから黒田博樹という大投手がメジャーに渡りました。彼は多くのファンの声を受け、自身の決断を一年先延ばししたのですが、そのときの声がこれです。


我々は共に闘って来た
今までもこれからも・・・
未来へ続くその日まで
君が涙を流すなら
君の涙になってやる


http://www.youtube.com/watch?v=9aaE0PUMHI8

他者が自身を思ってくださる気持ちというものはとても大きいです。黒田選手が自身の決断を持ち越したように、私も自分の決断が他者に与えた影響をあらゆる瞬間に感じ、何かよりよき道はないか、自身の決断が本当に正しかったのか煩悶する日々が続いています。まあ、黒田投手と私を並列して書くのはおこがまし過ぎますけどね.....

金環日食 

2012年05月21日(月) 23時27分


明珠在掌 

2012年04月15日(日) 2時53分
昨日、お知り合いからこんな身に余るお言葉をいただきました。正直涙が出そうでした。本当に感謝しています。やはり持つべきものは友。本来の私を取り戻す大きな一歩になると確信しています。今日からまた「和顔愛語」でいこうと思います。

===
禅の言葉に「明珠在掌」ってあります。ホントに凄い方だと皆が思ってますよ。
hello!さんの明珠はものすごく輝いてますから大丈夫(^^)
===

《ご参考:明珠在掌》
http://www.honkakuji.com/myoujutanagokoro.htm

《以下、備忘録(数年前から唱えている私の信条)》

「私は今『大きな夢』に向かいつつ、日々『小さな幸せ』を探しています。そうすることで、少しづつありたい自分に近づいている実感を得ることができるのです。」

出社前に娘達の登校する姿を見送れたこと、大切な仲間たちと一緒に仕事を進められたこと、自分の予定通りに仕事が進んだこと、自分が好きな人達に今日も会えたこと、応援する仲間が小さな成功を成し遂げたこと、家族と一緒に食事をとれたことなど、些細な幸せを大切にしていきたいのです。

そう、たとえどんなに辛い状況でも、常に幸せを感じられる自分でありたい。

いつの日か、大きな幸せを手に入れるために。

このままじゃダメになる 

2012年04月13日(金) 14時07分
お休みをいただいた今日、なぜこうなってしまったのかずーっと考えています。

「これ絶対にほしい!」
「これすげぇオモシロい!」
「それを使うとそんなことができるの?すげぇ!」
「そんなことをしている人がいるの?是非会ってみたい!!」
...

そういうモノやヒトや場所や空間を創り出していけるクリエーターでありたい、同じような志を持つ人達と何かを成し遂げたいと私は強く願っています。

今から7年前のこと、私の会社の元先輩が起業し、「ア・ソッカ」という会社をつくられました。「お客様に『あ、そっか』と言って頂くこと」が同社のコンセプト。今、その先輩の設立当初の思いがとてもよくわかるような気がします。

今の居宅に移り、子供達も大きくなり、そして自分自身もトシを食った今、なかなかそういった思いを行動に移しづらくなっていますが、それは単なる言い訳にしか過ぎず、過去には自分に喝を入れるために"Nissan Leadership Program for Innovative Engineers(Nissan LPIE)"で他組織の精鋭達と研鑽し、あるときは一人ぼっちでこんな場にチャレンジし、事業基盤すら持たずして(より正確には他に所得のアテがある状態で)予選を勝ち抜き、決勝まで進みました。
http://event.dreamgate.gr.jp/dai2009_4/

他者から認められている、評価されているということは自己肯定に繋がりやすいものです。一方で、誰一人として納得していないことをやらざるを得ないというのは、もし仮にそれが生活のためであったとしても、結局は誰もhappyになれません。ただ忠実な犬のように作業し、月日は流れ、食うに困らず。それでよいのか。

そういう状況にあるからこそ、自身の社会的価値というものを否応なく考えさせられます。はっきり言って今の私にはそんなものはまるでありません。たとえば毎朝出勤時にお会いする保育園の警護のおじさん、私と比較してすごく意義のある仕事をしてらっしゃると思うのです。だからそこに娘達を預けている訳でもないのに、私は毎朝「ありがとうございます」の思いを込めて「おはようございます」と挨拶しています。もしかしたら最初は面食らわれたかもしれませんが、私の行動の真意はそこにあります。

このままじゃダメになる。志高くありたい。
今、切にそう思っています。

 

2012年04月11日(水) 0時58分
今日妻が友達と花見にいったのですが、「もう散りかけ」ということで週末に撮ったこれを超える桜を今年撮ることはないと思い掲載します。



桜好きhello!拝

あ〜あ、更新しちゃった...... 

2012年04月01日(日) 2時17分
徒然なるままにBlogなるものを書いてみようかと。なんだか公私ともイマイチうまくいかないので、バランス調整とかそんな感じです。

昨日は下の娘とスケートに行ってきました。



今シーズンこれを使用したのは2回目だったかなぁ。20年前に部活で一括購入してその後バイト代などでちょっとずつグレードアップしていった一品です。まさかあれからほぼ倍の年齢になって何の異常もなく使用しているとは当時思ってもみませんでした。あの当時は海外製のいろんなスケートが日本にも入ってきていて、この国産品はメジャーとは言いがたいものになりつつありましたが、私にとっては大事な「相棒」です。最近はこんなのを履いてる人を見ないですし、重いんですけどね(苦笑...)。



44cmのブレードを履きこなせるようになって、成績も上がり自信も付きました。何年経っても手入れが下手くそでブレード新調した直後くらいが一番いい状態でした。どうしてもロックが高くなりすぎちゃって。ちなみに44cmのブレードにするまではユニバーシアード大会経験者のお下がりを使わせていただいていました。



マニアからするとこのアングルが一番興味あるかと思い撮影。左足をインに振りすぎ。スピードが出てバンクをかけるとうまく乗れなかったのを思い出します。今はそんな激しいスケーティングはできませんが...右足は自画自賛のジャストフィットでした。



とりあえず思い出話ということで。
本当はこのBlog、"fin"と書いて終わるつもりだったのですが・・・。「ここに更新がある=人間的に成長してない」という理解でよろしくお願いします。何のこっちゃ......

いわゆる「常識」というヤツ 

2012年02月22日(水) 2時26分
・「この注文は無理!」と判断したら「これは〇〇の理由で無理だからこう変えてほしい」と提案、要望しよう
・「〆切に遅れる」と思ったら「遅れる旨」と「提出できるまでの作業時間の見込み」を提示しよう
・事前の合意事項を反映しない(できない)のであれば、さんざん相手を待たせた挙句に小手先の調整で示すようなことはやめよう。元のままで晒し、自らが恥をかくべし。はっきり言ってそんな「ゴマカシ」が利くほど世の中は甘くない

"JIT(Just In Time)"って製造業に限らず大事だと思います。人様の貴重な時間を一方的に奪う権利は誰にもない

8月6日 

2011年08月07日(日) 0時07分
最近いろんなことがあって、もう正直Blogこっそりやめちゃおうかなと思ってました。まあ、そこは何とか思い止まって「本当に伝えたいことがあれば書けばいいじゃん、1年に1回でも」という気持ちでいました。

実はその気持ちは変わってません。止め処なく、澱みなく文章が頭の中に浮かぶことがなくなったhello!には皆様にお伝えすることなど何も書けません。ただ、8月6日という一日が終わり、広島出身者としてやはり黙っていられませんでした。

昨夏、我が一家は広島と長崎を訪れました。いずれも日本における平和の発信源です。この地を娘達に踏ませてあげ、何かを感じてほしかった。私が父親として何かできるとしたらその程度のことです。私自身は被爆者でもないし、平和教育を受けて育ちはしたけれども語り部ではない。「娘達には自分の目で見てもらうしかない」一年前そう思ったのです。まだ子供ならではのピュアな感性が残っている間に。





本当はこの夏に東日本大震災の被災地を家族で訪れ、被災者の方々のお役に立てずともその光景を目に焼きつけ、悔し涙を流すべきなのかもしれません。今年そこまで踏み切れないでいますが、いずれそういうときが来るかもしれません。

いずれにせよ、今年も巡ってきて過ぎ去っていった8月6日。この日は広島に関わる全ての方々にとって一番大切な日。私が生き続ける限り、この思いは色褪せることはありません。

無題 

2011年08月03日(水) 23時53分
昨夜の前職の上司の訃報に続き、今朝は大学同期の訃報。
あまたある思い出話を綴る気力もありません。悲嘆に暮れています。
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:hello!
血液型:B型
居住地:東京都
出身地:広島県
家族構成:妻1人、子供2人
趣味:スポーツ観戦(広島東洋カープの応援♪)
Favorite Artist:George Michael、スガシカオ 他
職業:某シンクタンク勤務
関心事:人としてどうあるべきか
夢:周囲に夢を与えられるような人物になりたいですね
最新コメント
アイコン画像hello!
» 娘のCDデビュー♪ (2012年03月18日)
アイコン画像さえら
» 娘のCDデビュー♪ (2012年03月14日)
アイコン画像hello!
» 読書のススメ (2011年07月09日)
アイコン画像齋藤晋
» 読書のススメ (2011年07月08日)
アイコン画像hello!
» 読書のススメ (2011年07月07日)
アイコン画像齋藤晋
» 読書のススメ (2011年07月07日)
アイコン画像hello!
» 今村猛投手、エースへの道(序章) (2011年05月11日)
アイコン画像じいた
» 今村猛投手、エースへの道(序章) (2011年05月11日)
アイコン画像hello!
» 『東京大仏』 (2011年05月05日)
アイコン画像kimutax
» 『東京大仏』 (2011年05月03日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hello!
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:12月15日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・スポーツ-プロ野球(広島東洋カープ♪)の応援に夢中!!
    ・音楽-Greorge Michael、スガシカオ、いきものがかり
    ・本-「求めない(加島祥造著)」など多数
読者になる
Yapme!一覧
読者になる