【怖い体の冷え】

February 10 [Thu], 2011, 14:36
昨日も書きました、体の冷えや低体温の第二弾です!
「体の冷え」はごく一部の女性だけの特殊な症状ではなく、現代人なら誰もが抱える
切実な健康問題です。

しかも、ただ睡眠不足などを引き起こすだけでなく、「冷え」は人間の体のバランスを崩し、
あらゆる病気の原因になっています!
そもそも「冷え」というのは、様々な原因によって血管が縮み、
血液のめぐりが悪くなって、末梢の毛細血管までスムーズに血が流れない状態をいうのです。
だらかこそ、まず足の先など、心臓から最も遠い所が真っ先に冷えを感じます。
やがて「冷え」が酷くなると、栄養や酸素もうまく運ばれなくなって、
血管はますます収縮し、細胞機能も悪化して、新陳代謝も低下していきます。
新陳代謝がスムーズに行われなければ発症、悪化は避けられません。
体を冷やしたらロクな事はないと考えていれば間違いありませんね。
ところが、弱ったことに、現代人の生活は、この冷えの原因になるものばかりであ
ふれかえっているのです。

まず何といっても「運動不足」。
エレベーターやエスカレーターが完備して、現代人は最低の運動である歩行もしなくなりました。
特に冷え性でなやむ女性の中には、仕事で一日中、パソコンの前で座ったまま、という人も多い
のです。体を動かさなければ、血の巡りが悪くなるのは当たり前の話です。
さらに夏場などは、冷房が追い打ちをかけます。過食、高脂質の食生活も、冷えを促進してい
るのです。かつての玄米食が白米中心になり、肉や牛乳などの摂取量も増え、現代人
は口当たりも良く、消化のいい物を大量に食べるようになりました。昔の人たちと比
べて、明らかに食べ過ぎなのです。

すると、どうしても消化活動のためには血液を胃腸に集中させることが多くなって、
他の臓器に血液が行き渡らず、また、肥満による高脂血症で血管もどんどん収縮して
いきます。血の巡りはますます悪くなっていくのです。
冷え取りの対策として次のようなものがあります。
入浴法としては、半身浴や脚湯がいいでしょう。運動不足解消としては、
たまにやるスポーツではなく、ウォーキングや体操、ストレッチなど毎日するものがおすすめです。

それから、食事を変える事はとても大事です。
暖かい物、旬の物、和食、などが冷え取り生活に適しています。
特に根菜類などは体を温めるのにはとても効果的ですよ。
陰陽五行説で言うところの陽の食材にあたります。

【血行促進】

●伝統食が血行促進
味噌、納豆、海藻、などの伝統食には結構促進効果が。納豆やモロヘイヤなど、ぬるぬるしている物がお薦め。
●運動で血行促進
イメージをして歩く。特に足の筋肉を意識します。イメージすることで、血の循環がよくなります。

●5本指の靴下
5本足の靴下は足指を広げて、足の血行促進がはかれます。
●トウガラシ
比較的年齢が若く体力のある方は=トウガラシです。
料理のスパイスにトウガラシを利用することで、
カプサイシンが体内から循環を良くしてくれて、
冷えを解消してくれます。

●ショウガ
比較的年齢が高齢で体力が弱い方はショウガです。
料理にショウガを一品加えていただくことで、
ショウガに含まれるジンゲロンなどの成分が
体内から循環を良くして、冷えを解消してくれます。

〜こんな寒い日は、体を温めてくれて、基礎代謝もあげてくれる
「にんにくカプサイシン」がオススメです♪〜
こちらからどうぞ〜★ → http://www.smc.ne.jp/products/7/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇◆◇
〜☆〜編集後記〜★〜
いつもメールマガジンをご愛読いただきありがとうございます。

今日、会社で占いの話で盛り上がりました♪
ちなみに私は、火星人(-)です。今年は、何かを始めるのにはとても良い年だとの事。
何を始めようか、ウキウキしながら考えています〜!

今日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございましたm(_ _)m
これからも【 SMC WEB支店 】を宜しくお願い致します!


*──**─★ ───**────**─★───**────**─★─**──*
─本場韓国から学んだ自然の力 当店自慢の"にんにく&カプサイシン"─
  にんにく&カプサシンはエスエムシーの商標登録商品です
       http://www.smc.ne.jp/
*──**─★ ───**────**─★───**────**─★─**──*

☆発行 株式会社SMC
(H)ホームページ   
http://www.smc.ne.jp/
(M)メール      
info01@smc.ne.jp

当メルマガの記事の内容を、許可なく転載することは
ご遠慮ください。


-------------------------------------------------------
株式会社エス・エム・シー
エス・エム・シー
-------------------------------------------------------

P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/helhtylife/index1_0.rdf