<自転車>シドニー五輪代表の阿部良之がマトリックス移籍 / 2010年04月04日(日)
 国内最高峰のジャパンカップの唯一日本人優勝者、シドニー五輪代表の阿部良之(40)が、4月1日付けでシマノレーシングからマトリックスパワータグコラテックに移籍した。阿部の加入により、マトリックスはこれまでの7人と合わせて8人体制(テスト生2人を除く)で2010シーズンを戦っていく。

阿部良之
1969年8月15日生まれ 40歳
2010年4月1日よりチーム加入。
2000年のシドニーオリンピック出場を筆頭に、1995年のアジア選手権優勝、1997年のジャパンカップ優勝、全日本選手権優勝など数多くのリザルトを持つロード界の重鎮。また1997年には当時世界最強といわれたマペイGPチームに移籍、本場ヨーロッパでも輝かしい成績を残す。

★主な戦歴★
1997 ジャパンカップ優勝、全日本選手権ロード優勝
2000 全日本選手権ロード優勝、シドニーオリンピックロード出場
2006 アジア大会チームタイムトライアル3位 4月1日11時58分配信 サイクルスタイル・ドットネット
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100401-00000000-cyc-spo
 
   
Posted at 09:04/ この記事のURL
F1マレーシアGP予選、雨で大混乱の予選はウエーバーがポール。可夢偉9番手 / 2010年04月04日(日)

 F1第3戦マレーシアGPの予選はウエットコンディションの中で行われ、レッドブルのマーク・ウエーバーが今季初のポールポジションを獲得した。2番手はニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)、3番手にセバスチャン・ベッテル(レッドブル)。BMWザウバーの小林可夢偉はQ3に進出し、9番手につけた。

 現地時間午後4時からのセッションを前にコース上には弱い雨粒が落ち始め、マレーシアの予選は今季初のウエットコンディションで争われることになった。気温、路面温度ともに30度。

Q1
 波乱の幕開けとなったQ1。20分間のセッションは序盤こそインターミディエイトタイヤでの走行が可能だったが、後半に進むにつれ路面コンディションはフルウエットへと悪化。さらにコースはセクター2付近の路面が最初はさほど濡れていなかったため、この状況を読み誤ったチームがアタックのタイミングを逸し、フェラーリ2台とルイス・ハミルトン(マクラーレン)はノックアウトゾーンからフルウエット下でのタイム更新を強いられることとなった。

 セッション終盤になっても状況は好転しない。ハミルトンとフェラーリ2台は必死のアタックを続けたが大きくタイムを上げることは出来ず、あえなくQ1で脱落。さらに13番手タイムを出していたジェンソン・バトン(マクラーレン)もコースオフを喫してグラベルにストップし、バトンはコース復帰できずに予選を終える。
 一方で上位はロバート・クビカ(ルノー)、ペドロ・デ・ラ・ロサ(BMWザウバー)、ベッテルとなり、可夢偉もタイミング良くアタックして5番手に入ったみせた。

Q2
 Q2を前に雨がほぼ止んだため、最初のタイヤ選択が読めない中で各チームは走行をスタートする。しかしすぐにミハエル・シューマッハー(メルセデスGP)を始めとするインターミディエイト勢のタイムが先行し、全車がインターミディエイトを装着する。そこからは路面コンディションも急速に回復していったため、各車周回を重ねる毎にトップタイムが更新される展開となった。

 そんな状況の中でトップに立ったのはベッテルで、クビカを抑えてトップでQ3へ進出。3番手以降にはエイドリアン・スーティル(フォース・インディア)、ニコ・ヒュルケンベルグ(ウイリアムズ)、ロズベルグと続き、期待の可夢偉も6番手に入って初のQ3進出を果たした。そのほか、ウエーバー、ビタントニオ・リウッツィ(フォース・インディア)、ルーベンス・バリチェロ(ウイリアムズ)もトップ10内に入り、シューマッハーも10番手ギリギリで最終セッションへと進んでいる。

Q3
 セッションを前に雨足が強まりコースはヘビーウエットへと変化、そのため開始直後には赤旗が出されてセッションが一時中断するなどQ3は波乱の中で幕となる。
 残り7分からセッションが再開されると、ウエットタイヤでの争いの最中、ウエーバーだけがインターミディエイトを履き一か八かの勝負に出る。するとこの作戦が見事に的中し、ウエーバーはアタック2周目でトップに浮上。さらにラストアタックではQ3唯一の1分49秒台となる49秒327をマークして自身2回目のポールポジションをやすやすと手に入れる。
 一方、ウエットタイヤでの争いはロズベルグが制し、初のフロントロウ2番手を獲得。3戦連続のポールを目指したベッテルは3番手に甘んじた。

 Q3進出を果たした可夢偉はリウッツィを上回り、予選自己最高位となる9番手を手に入れている。

[オートスポーツweb 2010年4月3日] 4月3日21時18分配信 オートスポーツweb
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000002-rcg-moto
 
   
Posted at 08:27/ この記事のURL
IEの解放済みメモリを使用する脆弱性の検証レポートを更新(NTTデータ・セキュリティ) / 2010年04月04日(日)
NTTデータ・セキュリティ株式会社は3月31日、同社が3月12日に発表した「Microsoft Internet Explorer(IE)に発見された、解放済みメモリを使用する脆弱性(CVE-2010-0806)に関する検証レポート」を更新した。これは、マイクロソフトが本脆弱性の修正プログラム(MS10-018)を公開したことを受けたもの。本脆弱性は、細工されたWebページの閲覧などでローカルユーザと同じ権限が奪取されるというものであったが、修正プログラムを適用した上で再度検証を行った結果、脆弱性の再現ができなかったことをレポートに追加した。


【関連リンク】
IEにおける解放済みメモリを使用する脆弱性(CVE-2010-0806)に関する検証レポート(PDFファイル) 4月2日15時42分配信 Scan
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000001-vgb-secu
 
   
Posted at 07:52/ この記事のURL
ユニットコム、FireStream 9270を2基装備したGPGPU向けWS「Bakusoku-FSD/X58」 / 2010年04月04日(日)
 ユニットコムは4月2日、GPGPUボード搭載ワークステーションの新モデル「Bakusoku-FSD/X58」を発表、本日より販売を開始する。BTOカスタマイズに対応、標準構成価格(期間限定価格)は46万9980円(税込み)。

 Bakusoku-FSD/X58は、マザーボードとしてIntel X58チップセット搭載製品を採用したタワー型のデスクトップワークステーション。CPUにはXwom W3520(2.66GHz)を搭載、GPGPUボードとしてFireStream 9270を2基装備した。

 メモリはDDR3 ECCメモリ6Gバイト、HDDは1Tバイト、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを搭載する。

【4月3日21時43分配信 +D PC USER
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000019-zdn_pc-sci
 
   
Posted at 07:17/ この記事のURL
「有料道路課」が「高速道路課」へ名称変更---国交省 / 2010年04月04日(日)
国土交通省道路局で、高速道路施策を担当する有料道路課が、4月1日から名前を「高速道路課」に変更した。

[写真:高速道路料金所]

同課は道路法の高速道路のほかに、一般有料道路の施策も担当する。そのため有料道路課と名づけられたが、民主党政権下の高速道路無料化推進で「ウエイトとして、必ずしも有料でなくなってきつつもある」(同課担当者)と、課名変更に踏み切った。

同課は、高速道路施策としてその料金体系やETCを推進した担当課である。課員は約30人。名前の変更だけで、所掌事務に変わりはない。

ちなみに名称の変更は、昨年夏頃から課内で考えられてきたもので「大臣に指示されたわけではない」という。

《レスポンス 中島みなみ》

【4月3日1時10分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000000-rps-soci
 
   
Posted at 06:07/ この記事のURL
阪急電鉄、日本初“カーボンニュートラルステーション”を開業――オールLED照明などでCO2排出量を半減 / 2010年04月04日(日)
 パナソニック電工は3月30日、3月14日に開業した阪急電鉄京都本線の新駅「摂津市」に合計349台のLED照明を納入したと発表した。阪急電鉄によると同駅は日本初の「カーボンニュートラルステーション」で、鉄道駅舎での本格的なオールLED照明の導入事例となる。

 LED照明が設置されたのは、駅のホーム、コンコース、待合室、改札、地下通路、トイレなど。ホームに設置されたライン型LED照明器具には、乗降客や乗務員がまぶしく感じないように30度の遮光板が取り付けられている。天井が高いコンコースでは、高出力なLEDダウンライト200形を2灯1組で配置して高照度を確保。トイレは人感センサーで不要時には消灯するようにして、さらなる省エネ化を図っている。

 阪急電鉄によると、オールLED照明化によるCO2排出量の削減効果は約13%。これ以外にもさまざまな取り組みによって、CO2排出量を約51%削減する。さらに、直接的な削減が困難な残りの49%はCO2排出権の購入で相殺し、駅起因のCO2排出量をゼロ(カーボンニュートラル)にする予定。【栗田昌宜】

【4月2日16時21分配信 Business Media 誠
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000022-zdn_mkt-bus_all
 
   
Posted at 05:01/ この記事のURL
ランボルギーニがリビングルームに! / 2010年04月04日(日)
リビングルームにランボルギーニが!!
リビングにヌオーヴァ・アウトモービリ・フェルッチオ・ランボルギーニ SpA社の車が!

車好きにはたまらない家なのではないでしょうか? リビングに車がある風景。
この家、実は日本国内は東京にあるんだそうですよ。つちだたくやさんによるデザイン。トップのリビングの写真、車が乗ってるリフト部分はもちろん上下に動きます。室内にも、家の下にも車をリフトで配置できます。家主さん自らこのリフトを考えてデザイナーに送ってきたというのですから、これはまさに家主にとってドリームハウスですね。

続きでギャラリーどうぞ。
屋内に車があってもしっくりいくデザインになってて素敵です!


Brian Barrett(そうこ)

【4月2日14時13分配信 ギズモード・ジャパン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000310-giz-ent
 
   
Posted at 04:28/ この記事のURL
カワイイ魚がサッカー、レース、サバイバル! − 1ボタンで遊べるWiiウェア『Fishie Fishie』 / 2010年04月04日(日)
1ボタンで手軽に楽しめるWiiウェアの登場です。

DK-GamesはWiiウェア『Fishie Fishie』を配信すると発表しました。
海の中で魚たちがレースやサッカーなど色んなルールで遊ぶというメルヘンチックな作品となっています。



使うボタンはWiiリモコンのAボタンのみ。星を奪い合う「Capture the Star」、相手のゴールを狙う「Soccer」、生き残りを競う「Survival」、コースを走り抜ける「Championship」など多彩なモードと100以上ものステージが用意されているとのこと。直感的な操作と美しいビジュアル、ボリュームがウリとなっています。

DK-Gamesの前作『Equilibrio』は『かたむきスピリッツ』として日本でも配信されており、『Fishie Fishie』の日本リリースも期待したいところです。

【4月3日1時0分配信 インサイド
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000003-isd-game
 
   
Posted at 03:55/ この記事のURL
[経営戦略]ソフトバンクM、SIMロック解除について議論の必要性を指摘 / 2010年04月04日(日)
 ソフトバンクモバイルは4月2日、携帯電話の回線契約や番号などの情報を記録するICカード「SIMカード」に関する見解を発表した。松本徹三・取締役副社長が、通信契約をした特定キャリアの端末でSIMカードを使用できるSIMロックの意義や、今後の方向性を示した。

【写真入りの記事】

 現在、携帯電話メーカーは、SIMロック対応端末と非対応端末、いずれも製品化できるようになっている。松本副社長はSIMロックの意義として、(1)端末に関する問い合わせがキャリアで一本化しているワンストップサービス、(2)ネットワークと端末を連携したサービスの提供、(3)ユーザーの料金負担の軽減、(4)代金踏み倒しなどの不正利用の抑止、の四つを掲げた。

 続いて、SIMロックを解除した場合のデメリットを提示。例えば、次世代の通信方式「LTE(Long Term Evolution)」を各キャリアが導入して方式を統一したとしても、周波数の違いがあれば、メールや独自のインターネットサービスが利用できないことを指摘。また、メーカーが各キャリアのサービスに対応する共通端末を作るのは開発コストがかかり、端末価格が上昇する恐れがあるとした。

 現在、携帯電話の料金体系は、ユーザーが長期間利用することを前提に設定されている。SIMロックを解除すると、ユーザーは短期間でほかのキャリアに契約を変更する可能性があり、キャリアは料金の割引制度を導入しにくくなり、結果的に料金が高くなってユーザーの負担が増えると予測した。

 さらに、各キャリアが管理できないSIMロック解除端末が登場すると、その端末が大量のデータ通信を利用した場合、ネットワークを占有してしまう恐れがあり、安定したネットワークを供給する保障ができなくなるという。

 いま、われわれが当たり前のように受けているアフターサービスにも、支障が出ると捉えている。現在、日本の携帯電話ビジネスは、端末メーカー、コンテンツ事業者、販売店の三者の中心にキャリアが位置する形になっている。端末に不具合があった場合は、キャリアに問い合わせをすればよい。しかし、SIMロックを解除すると、ユーザーは、通信ならキャリア、コンテンツ関連は供給会社、といったように、個別に問い合わせをする必要が出てくるという。

 このほか、SIMロックによって、現在は代金踏み倒しなどの不正行為を抑制することに一定の効果があるが、解除するとこの点で効果が期待できなくなる、としている。

 SIMロックを解除の利点として、端末の国際競争力の向上やユーザーの利便性の向上などを挙げたが、前者については否定。現在、1機種あたりのソフトの開発費が大きく、そのために端末価格が上昇しているのが要因であると指摘した。さらに後者に関しては、デメリットのほうがむしろ大きいと述べた。

 こうした状況を踏まえ、松本副社長はSIMロック解除について、「情報不足だと感じている。今回の説明会を機に、改めてSIMロックの仕組みを知ってもらい、そのうえでユーザーに判断してもらいたい」と語った。また、「総務省が一方的に方向性を決めるのではなく、端末メーカー、キャリア、ユーザーそれぞれの声をまとめて、検討する必要がある」と議論の必要性を強調した。


【4月2日20時22分配信 BCN
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000017-bcn-sci
 
   
Posted at 02:18/ この記事のURL
第21回 見た目重視のグラフ作り! / 2010年04月04日(日)
あやこ先生と学ぶOfficeの便利技:「視覚化」って、ただ数字をグラフにすることではありませんよね? 伝えたいこと、言いたいことが伝わるようにしなければいけないのですから。

 今回は、グラフ加工の第一段階(基礎)をご紹介します。

●グラフの移動とサイズ変更

 図形を移動したりサイズ変更したりするのと同じ操作なので、手順を紹介することは省きますが、Tipsを1つ。

 【ALT】キーを押しながら操作すると、セルに合わせて移動やサイズ変更できます。既にある表と同じ幅にしたい場合や、複数のグラフを同じサイズに並べたい時などに、利用してみてください。

●ウィザードの項目を後から変更

 Excel2003では、ウィザードを利用してグラフを作成できますが、作成後にもう一度ウィザードを利用したいなら、【グラフ】メニューから同じ画面を開けます。このメニューは、グラフを選択している時のみ、表示されます。

●後から追加・後から削除

 グラフ作成後「この情報はグラフにいらなかったな」とか、「一列分、選択し忘れたまま、グラフを作っちゃった」なんて場合、また作り直すのは手間ですよね。数値データとしてグラフ化されているカタマリを「データ系列」と呼びますが、このデータ系列は後から追加したり削除したりできます。

<グラフから削除>

 グラフ上で削除したいデータを選択し、該当するグラフにハンドル(四角い点)が表示されたら【Delete】キーで削除します。

<グラフに追加>

 追加する方法は複数あります。

・表にある枠を利用する

 グラフを選択すると表示される、色の付いた枠の角にあるハンドルをドラッグして、範囲を変更します。

・ドラッグ&ドロップ(残念ながらExcel2007では利用できません)

 追加したい表のデータ範囲を選択し、グラフへドラッグします。作業のポイントは、作成時と同様、必ず「項目名も含めて選択する」ことです。

・コピー&ペースト

 追加したい表のデータ範囲(項目名含む)を選択し、【コピー】を実行。その後グラフ上にペーストします。異なるワークシートや異なるファイルに追加するなら、この方法を使います。

<印刷時の注意>

 今、どこが選択されているかにより、印刷対象が変わります。グラフを選択した状態で印刷を実行すると、グラフだけが紙のサイズに合わせて印刷されてしまうので、注意してください。

 まずはグラフ編集の基礎からご紹介しました。次回からは、より高度な視覚資料としてグラフを作るための方法をお伝えしたいと思います。【多田亜矢子】 4月3日22時2分配信 ITmedia エンタープライズ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000024-zdn_ep-sci
 
   
Posted at 01:47/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!