結局FXとはなんぞや 

June 15 [Wed], 2011, 11:33
FXをこれから始めようと思っている方に、FXとは何か?という基礎の基礎から解説していきます。FX初心者の方向けに書いています。FXに関してある程度知識のある方は、ここは読み飛ばしてもらってOKです。 FXとは外国為替証拠金取引と言われる資産運用方法のことです。

その名の通り、外貨を取引する投資方法です。相場の動きにあわせて、外貨を売買して儲けることができる投資です。 投資といえば、株式取引が一番ピンと来ると思います。株式投資とFX投資には、始めの資金の大きさに違いがあります。株の投資の場合は、数十万円は自己資金が最初に必要となります。しかし、FXの場合は約10万円から始めることができます。中には1万円から始められるケースもあります。 株式よりもお手軽に始めることができます。

そして、株よりも資金が少なくて済むFXですが、大きい取引ができてしまいます。また、同じ外貨を扱うものでも、外貨預金よりも大きなリターンを得ることも可能となっています。 株式投資の場合には、経験のある方ならご存知だと思いますが、9時から15時までしか取引ができません。しかし、FXは24時間取引できるというメリットがあります。この差はとても大きいのではないでしょうか?特に、昼間は仕事というサラリーマンの方にとっては、株式よりもFXのほうが取り組みやすい投資であると言えると思います。 FXならば、株式投資のように1日中パソコンに張り付く必要もありません。

FXの相場が動きやすいのは、日本時間では夕方頃と言われています。仕事が終わってからでも十分できます。夜中にも取引できるので、相場がいきなり動いても安心してできます。 また、株式の場合は、銘柄がものすごい数あり、どの銘柄にしようかとても迷ってしまいます。迷うのが株式投資のおもしろいところだという方もいらっしゃるようではありますが。一方、FXではドル・円・ユーロほか、約20種類の銘柄に絞ることができます。中には、FX初心者が手を出すにはリスクが大きすぎる外貨もありますが、ユーロやドルならば比較的安心して取引できます。