攻殻機動隊

July 03 [Thu], 2008, 2:32
 1995年制作。「マトリックス」の元ネタということで有名になった…けど、公開当時はさして観客動員なかったような記憶が。

 そりゃ確かに1995年にあんな小難しいもん見せられてもわけわからん。

 1995年ちゅうと、私などは「インターネットって何?」の時代でした。まさに愚民。原稿だって紙に描いてトーン貼るのが当たり前田のクラッカーだったわ。(古)

 手塚治虫も経験し得なかった漫画メディアの変化を経験してしまったです。原稿が紙からデータになるという現実…。そしてその方が安く上がるという事実

 そもそも漫画原稿というのは手書きアートなのですが、版下にしかならないもんです。絵画のように「原画」を人に見せるもんでもないわけです。原画自体に価値はあるけど、基本は印刷してなんぼです。だから編集者も原画失くしてもあんま罪悪感を感じないんじゃないかと思います。その昔、某少年小説誌では挿絵原画を使い終わったらゴミ箱に捨てていたそうで、その中にはあの伊藤彦造画伯の絵なんかもあったというから心臓が止まりそうになる話です。(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

 以上のことから、「漫画って紙に描いて原画にする必要あんのかい??データでいいじゃん」と今なら皆考えることでしょう。そうすれば以前にあった「倒産出版社の社長が所持していた漫画家の原稿をまんだ●けに売り払って利益を得る」なんて悲劇も起こらずにすむわ…
 現在も雷句誠先生が原稿紛失責任をめぐり、小G館と争ってらっしゃるし。

 なんだかねー…必死こいて描いた原稿を、自分で売るならまだしも第三者に勝手に売却されたり失くされたりするっちゅうのも、大変失礼な話だと思うんです。でも一部の編集者(もちろん全員とは言わないが)にとって、原稿はただの版下だからきっと罪悪感もなくできるんでしょうねー。ここまでメンタリティの違うお互いの関係を平穏に保つためにも、原稿のデータ化は有効だと思う次第。

 ん?「攻殻機動隊」の話がなんでこんな方向に??
 
 ところで私も編集者に原稿失くされたことありましたな。カラー4枚ほど。あと返却されてない原稿もけっこうあったかもです。
  • URL:http://yaplog.jp/heiz-t8/archive/306
P R
黒川あづさ 乙女座のO型。 責任能力=猫並み。 管理能力=犬並み。
月別アーカイブ
2008年07月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:黒川
読者になる
Yapme!一覧