吉住で世古

September 09 [Fri], 2016, 0:15
家でできるムダ毛処理器にはタイプがあります。
光を照射するフラッシュ式とレーザー式です。
高価なのはフラッシュ式で、痛みが少なく毛根だけを弱らせます。
安価なレーザー式は痛みが強いと言われています。
ものが安いとやはり使いにくさや毛を処理できる性能が落ちます。
快適に使えるムダ毛処理器を選びましょう。
ムダ毛処理を行う日には気をつけましょう。

刺激の少ない脱毛を行っても、次の日はまだムダ毛処理部分がダメージを受けています。
岩盤浴や温泉は数日前に処置を終わらせましょう。
プールなどは皮膚がキズついていると傷口から細菌が入ると炎症を起こします。
生理中は肌に傷んで荒れるので脱毛ケアを行う日を変更しましょう。
永久ムダ毛処理だと費用はかなり高くなります。
都内のあるデータによると、美容クリニックだと年間約45万円、フラッシュ式のムダ毛処理なら20万円以下でした。
部分ムダ毛処理なら回数の少ない医療レーザーの方が効率的です。
一人用の脱毛器ならムダ毛処理器の値段は3万とか7万円とかで、維持費は毎月数千円程度かかります。
効率や値段を考慮して決めるとよいでしょう。
デリケートなVIOラインのムダ毛処理は自己処理するのは難易度が高いです。
唯一Vラインなら自分でもクリームを使ったムダ毛処理ができますが、皮膚が傷ついているので乳液などでカバーします。
カミソリで剃るのはデリケートなVラインには使用禁止です。
基本的にはこの部分はムダ毛処理サロンに行き肌が傷みにくいフラッシュ式ムダ毛処理を選びましょう。
夏は綺麗な肌を見せたい時期です。

ムダ毛処理サロンに通う方法もありますが、手軽にクリームで処理する方法だと時間を取られず楽に行えます。
ムダ毛処理クリームのメリットは、カミソリのような肌荒れは起きず毛がなくなりサラサラになることです。
一応クリームは薬品なので一部分にパッチテストを行い次の日まで赤くならないかチェックしましょう。
自分で行う脱毛方法では一番綺麗になるのはどの方法でしょうか。
手間ですが毛抜きを使うなら根本の毛根から取るので後もなくスベスベになります。
またカミソリで剃るなら皮膚ギリギリをカットして黒い点々が残ります。
ムダ毛処理クリームを使うならほとんどの毛を溶かすのでスッキリ脱毛ができます。
メリットは見た目が綺麗なことです。
タンパク質を溶かす成分なので見た目で毛が残らず、剃った後ような肌が傷むことはありません。
短所として薬用成分が強いのでお肌が弱い人だと炎症や肌トラブルが起きてしまいます。
美容外科やクリニックでのムダ毛処理ではなく、自宅でムダ毛処理することもできます。
毛抜きやカミソリで剃ったり他にはコンパクトなムダ毛処理機器もあります。
これらは永久ムダ毛処理にはならず2〜3日で生えてきます。
この方法は炎症や肌荒れなど肌トラブルが起きる可能性があります。
使用を減らしたりアフターケアをしてお肌を傷めないようにしましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:陽斗
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/heieecwwdtiwxs/index1_0.rdf