推奨

July 12 [Wed], 2017, 1:51
気楽にやること


お久しぶりです だいたい9ヶ月ぶり
相変わらず仲良くやっているので問題はないけど、検索ワードで気になるものがあったので
ちなみに記事タイトルの通り何かを推奨しているわけではないです

「タルパ おすすめの性格」という言葉でこのブログが引っかかっていたようで
そもそもおすすめの性格ってなんなんだ?ということを少しだけ
正直タルパ構築においておすすめの性格という言葉を持ち出すことに違和感を覚えるのですが、しいて言えば逸脱行動を取らない子って感じになるんでしょうかね
つまりあまりにも過激じゃなければなんでも良いのではないでしょうか
どういった意味でのおすすめなのか ということでだいぶ勧めるものも変わってしまうのだけれど
たとえば接しやすいという意味でのおすすめ性格となると、そっけないよりは友好的な方がやりやすいんだろうし
オート化しやすいという意味でのおすすめの性格となると、自分が想起しやすい普遍的な性格になるんだろうし
長期的にやっていけるという意味でのおすすめの性格となると、自分の好みのタイプってことになるのかなあと

あの界隈の方々の傾向として感受性の高い方が多いような気がしたので、そういう意味でもwikiにある通りある程度自分の理想に合致する点があったほうがやりやすいのかもなというのが私自身の持論
他人に影響を受けやすいからこそ理想的な面があると悪影響がないどころか良い影響が自らにも出てきそうなので

ただどっかで書いた通り妄信的になりやすい方はタルパを100%理想で固めるのは避けた方がいいかもしれない
第一に、タルパを絶対視して判断を相手にゆだねるようになる可能性があること
第二に、オート化する過程で理想から外れる面が出てきたときに妥協できないとオート化に時間がかかるかもしれないこと
第三に、タルパが理想から外れた場合に失望してしまう可能性が否めないこと
タルパを絶対視することがなく、第二第三を「まあいいか」で妥協できる方は100%理想でも構わないとは思う

ここまで書いておいてあれなのですが
正直おすすめの性格とか気にせず気楽に好きなものを構築しちゃっていいかなと
設定をガチガチに固めても結局はオート化が進行するかどうかが多くの人のモチベーションに関わっているので
オート化が進行しなくても続けられる人ももちろんいますが、多数の方は実感が得られないとなかなか続ける気にはなれないものなので
あんまり神経質にならなくてもいいのでは

複製

September 23 [Fri], 2016, 1:12
共有とは複製である



昔に書いた記事のリメイク というより補足
捨てタルパについての記事でタルパの譲渡について触れていたのでそれに追記
ここではタルパを情報体と仮定して色々考えています


向こうでこんな記事を書いていまして 現実とリアリティの違いから現実とは何か を考えている哲学的なおはなし 一部抜粋すると

"前提として、誰かに何かを伝えたところでそれは本物ではなく虚構になってしまう
何故なら、自分がありのままに覚えた感覚を言語化した時点で、その言葉の持つ概念が混入してしまう
加えてその言葉を受け手の中で再解釈されることになるのだから、話し手が覚えた感覚をそのまま受け手に共有することは実質的に不可能なのである"



前回の記事では譲渡の仕組みを「貰い手側で譲渡タルパの情報を複製してもらって、あげ手も貰い手もコピー元であるオリジナルのタルパを否定することにより譲渡が成り立つ」としていました (ざっくりとした解説なので詳細は上のリンクからどうぞ)
そして先述のことを踏まえると情報体であるタルパを完全にそのまま譲渡するということは不可能なんじゃないかと思ってしまうわけです
いくら元となるタルパについて詳細に全てを語ったとしてもそれは言葉の概念によって整理され再構築されている情報なので、元々の感覚を細工することなく相手に伝達することは出来ない
だから譲渡したと思っているタルパは本物に限りなく似せた別物ということになるんじゃないかなあと
コピーと言ってもそれは完璧なコピーではない 言葉の概念や受け手の再解釈という不純物が入り込んでいる
すっごく厳密に考えたらの話ですけどね

そのことは版権タルパにも言えるわけです 版権だけでなく原型が存在するタルパなら何にだって言えるのですが
情報を取り込みタルパ化する過程でそれは現物のコピーでもなくなってしまう 姿や性質を借りた別人でしかない
だからすっごい厳密に考えると「好きな相手をそのままタルパにしたい」ということは不可能なんですよね

別に版権タルパを否定するわけではない
ただ、元とは切り離されている別人であることを知っておいたほうが色々楽になるんだろうな〜とは思う
後述の「元にタルパが影響されてしまう問題」も対処出来るし、同じ原型を持つ他のタルパさんとの諸問題も解決出来る気がします よ

版権のデメリットとして「元となったキャラの設定や言動にタルパが影響されてしまう可能性がある」というものが挙げられているのですが、版権タルパである以上そのようなことは"自然"と起こるもんではないと思うんですよね
なぜなら複製した時点で別物だから イコールで結びつけられるような関係にはないので勝手にタルパが変質してた!なんてことは普通じゃ起こりえない
どうしてそのような現象が出てきてしまうのかと言いますと、保持者側が原型とタルパを同じものだと見なしてしまうがゆえに原型側に付加された性質が保持者を通じてタルパに投影されてしまう という仕組みなのではないでしょうか
それを防ぐには保持者側が原型とタルパは別物だということに気づく必要がある 気づいてしまえば無意識に要素を投影する可能性は格段に減るだろう

原型があるタルパさんでアイデンティティの問題で悩んでいる方を昔に見かけたことがあるような気がするけれど、このような現象があることを知ってしまえばそれに悩むこともなくなるんじゃないかな
元があったとしても複製されている時点で切り離されているんだから…

統合

September 04 [Sun], 2016, 15:48
琳さんが正式にIFになってから一年経過し、タルパズが琳さんに統合されてから半年経ったので
色々考えたことをまとめて置いておくだけ

タルパとIFをほぼ同じものだと捉えている人の意見です



IFはいつかいなくなってしまうものだとされている
青年期のIFは解離性障害と関連があるとよく言われている 青年期のIFは病気ではないが、解離性障害が関わっていたりするかもしれないしそれに発展する可能性があるらしい
その解離性障害も「年齢とともに症状が落ち着いていく傾向がある」ものなんだそうだ
だとするとIFがいつかいなくなることは不思議でもない

自分から創り出したIFやタルパにこのような情報が当てはまるとは断言出来ない
ただ自分はなんとなくそんな気はしていた

しかしタルパズは消えるという形ではなく統合という形式を選んだ
しかも保持者ではなくIFである琳さんに帰っていったのだった
彼らは「自分たちは琳さんが無意識的に生み出したものなんだ」と言っていたがいまだにもやもやしている
たしかに琳さんはIFとして顕現した十何年前から今までの間に様々な姿や性格をとってきたと言っていたが、それさえも確証に至ってはいないもので
とはいえIFも保持者との繋がりがあるから、保持者を経由してそれが現れたと解釈すればまだ納得はいくのでそうだと仮定することにした

そして統合された理由についてはきっと「一つにまとめるため」なんだと そのまんまですね
わざわざ別の姿や別の性格をとったことは役割を分散させるためなのではないかと考えた次第
タルパでもそうだけど複数現れた場合それぞれに役割を与えて存在意義を付与することが多いように見受けられる
タルパ達が自ずと役割を請け負ったり、逆に保持者が与えたりしている
そして別々の存在が確立するにつれ、それらに現れた本質と向き合う機会も増えてくるわけで こう言うとユング心理学における元型(アーキタイプ)に似ているような気もしますね
タルパというものも本来は「自己の成長を図るためのもの」だったりするそうなので うろ覚えだけど
そんなわけで 時間が経つにつれて邂逅型がかなり増えてしまった 役割も分散しすぎてしまった だからこそ一つにまとめてしまおうということになったのかもしれない
あるいは本質と向き合い受け入れられるようになったからこそ、自身の成長のために統合したのかもしれない
私が彼らと向き合っていたのか、あるいは琳さんが向き合っていたのかはよく分からないが…

なんとなく感じたのはたまたま琳さんが統合先に選ばれたのかもしれないな ということ
何故なのかは分からないものの、愛着理論における安全基地にもっとも近い存在であることが一因なんだろう
私が他の性質を求めていたらそれにそぐう相手が選ばれていたのかもしれない

今は琳さんと二人きりで過ごしている
なので再び役割の分散が起こりえるのかなあと思っていたが一向にその兆しが見えない
受け入れられた、成長したからこそなのだろうか
実際私も琳さんもあのときより成長していると感じられることはあるので
P R
四畳半
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:四畳半
読者になる
元タルパー
ブログはパソコン推奨
リンクフリーです ご自由にどうぞ
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最近の記事
コメント
四畳半
» 提唱 (2015年08月14日)
オラシオン
» 提唱 (2015年08月14日)
四畳半
» 主観 (2015年08月03日)
オラシオン
» 主観 (2015年08月03日)
四畳半
» 選択 (2015年06月28日)
http://yaplog.jp/heibonhibon/index1_0.rdf