夫の浮気相手のところに妻が談判に

March 22 [Tue], 2016, 16:39
夫の浮気相手のところに妻が談判に行ってひどい状況に陥るのは、ドラマでも描かれることが多い光景です。配偶者の浮気現場に乗り込むのが男の場合は、殺人にまで到ってしまうストーリーもよく使われます。情事の現場へ乗り込むのも選択肢の一つです。

離婚になってもいいと思う場合は、試してもいいと思います。

せっかく探偵が問題なく仕事をしていても、依頼者のちょっとした言動で、相手に余計な警戒心を与えてしまって証拠を残さないようにし始めたりして、失敗に終わる場合もあります。
探偵に依頼したからといって、いつも証拠が揃うと思い込むのはよくありません。成功しなかったときの調査にかかった費用についても、契約書を作る際に探偵と依頼者で決めておくことがポイントです。

探偵をバイトでしている人のいる場合があるんです。探偵としてのアルバイトを調べてみると、募集がかかっていることを知るでしょう。ここからわかるように、バイトに仕事をさせている探偵事務所も多いのです。浮気調査を頼むときには、個人を特定できるような情報を教えないとできないですよね。ですが、バイトだと唐突に退職することもありえますし、知ってしまった事柄を他の人に話す可能性だってあります。



GPS端末は、車の目に触れないところに取付して、移動の様子を常時監視し、現在地を確認したり記録されたデータを後で読み出し調べたりします。普段、運転しないような人の場合は、カバンにGPS端末を隠しておく、という方法もあります。

こうすることによって、パートナーの行き先や何時間滞在したのかもわかってしまうでしょう。



ケータイの通話履歴から浮気の証拠がつかめますね。携帯電話は浮気相手への連絡のためのツールとしてごく自然に使われるからです。
近年、メールやラインで連絡をことも多くなったとはいえ、浮気相手の「声」を聞きたいと思うことは安易に予想できます。
何気なく電話していることも十分考えられます。
浮気相手と会っているだろう曜日や時間の手がかりがあれば、調査期間は短くなりますので、調査費用のお財布への負担を減らせるのです。だからといって、浮気の日時を把握していても、友人を説得して写真を撮るようにすると、無駄足になることが多いでしょう。知られずに証拠写真を手に入れるにはやはり探偵にお願いするのが最も確かな方法でしょう。
浮気の裏付けがSNSでばれてしまうこともあります。一般的に、SNSは本名を公開しない特性がありますので注意不足で相手が、私生活についてさらけ出しすぎてしまう事がありがちでは、ないでしょうか。中には、浮気をカミングアウトする様な証拠をネットに公表している場合もあるのです。
相手のアカウントに気づいているのなら調べてみて下さい。



探偵の場合には、人に怪しまれることのないよう充分すぎる注意を払って目立たないように調査を進めるのに対して、興信所はというと、身辺調査・企業調査を依頼される傾向があるため、まず身分を明かしておいて表立ってリサーチを行うようです。

そういうわけで、個人の行動を調べるには探偵が向いており、興信所はというと、対象に関する情報の収集に適していると、おおまかには考えられます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Shizuku
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/heiarivernppsa/index1_0.rdf