サッカー日本代表は変わったなあ

November 08 [Tue], 2011, 4:25
サッカーの日本代表は大きな変化を遂げています。

南アフリカワールドカップやアジアカップ、さらにその前後の大会から今日まで、大きな変化をしています。

特に大きく変わったのがFWだと思います。
チャンスできちんと得点するポイントゲッターが数多く出てきたということです。

この点は以前から言われていたことですが、過去の日本代表は常に「得点力不足」と言われていました。

その代りと言っては変ですが、MF全盛期がしばらく続いていたのです。

よく言われますが、この点はアニメのキャプテン翼がMFだったからということも大きく影響しているようです。

サッカーの基本はフォーメーションですが、MFの役割は中盤でボールを取ったり、前線に攻め上がったり、守備にも回ったりというオールラウンドのプレーが求められます。
つまり、ボールに触れる機会が実に多くなるわけです。

さらに、こうした選手たちがFWに変わって得点すれば格好が良いわけですが、全てのサッカー少年がMFを目指すとさすがにFWに良い選手が出てこなくなるわけですね。

でも、ドイツで活躍する香川などは実に良いですね。
しかも、得点すると胸の日の丸にキスをする姿は愛国心を高められます。

実に良い選手が出てきたなあと思います。

それと、現在のテレビ中継などを見て思うのですが、日本代表が試合をする時は一種の安心感があります。
これはどういう意味かと言うと、昔のような負けるかもと言う見方ではなく、勝てるという期待感が持てるということです。

変にハラハラする必要もないわけですね。
実にいい時代になったと思います。

私の子供もサッカーが大好きです。

そういえば中学校の同級生がどこかのホームページに乗っていたなあ。
あいつもサッカー部だったなあ。

あいつにも頑張ってもらいたいものだ。

やっぱりサッカーは最高だね。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yagi
読者になる
2011年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hei38121726/index1_0.rdf