キャンベルで豊島

October 06 [Thu], 2016, 11:27
看護師というのは今でも慢性的に人手が不足しています。人手の不足を改善するには、現在、看護師の資格を取得していながら看護の仕事をしていない方に、看護師としての仕事に就いてもらうことが良いと考えます。


それには、柔軟な働き方が可能なように、医療機関が良くしていくことが重要です。

一口に看護師と言っても様々な違いがあると思うのですが、やはり比較的高給のイメージがあります。



医療現場は責任の重い仕事の連続ですし、勤務形態が変則的など大変な仕事ですが、給料で見れば平均して高水準を続けられることが見て取れます。
安定性といえば、看護師という職業が景気の影響を受けにくい点もメリットとして挙げられますね。


高給が約束された安定した業種としては魅力のある職業だと言えます。
ここ数年はますます看護師は不足気味です。せっかく看護師資格を持っているにもかかわらず、看護師として働いていない人も多くいます。このように看護師が足りなくなるのは何故かというと看護師という職業の、離職率の高さによって起こっていると考えられます。
離職率がどのくらいかというと、常勤看護師で11%以上です。女性の方が圧倒的に多い仕事のため、出産や育児に専念するために退職、ということもままありますが、それのみならず、キツイ仕事環境も離職する人が増える原因になっているのです。


中には、看護師は医療ミスとのつながりが無いと考える人がいるようです。よく医師の手術の失敗がニュースになっていたりしますから。

ですが、注射とか点滴などのミスもあり、一番悪い場合、訴訟される場合もあるのが看護師です。我が国の看護師の年収は平均437万円くらいです。しかし、国立、私立、県立などの公立病院で勤務する看護師は、公務員としての仕事のため、平均年収は約593万円になります。



公務員看護師は給料の上がる率も民間病院より上で、福利厚生も整っています。準看護師を例にとると、看護師と比べると平均年収がだいたい70万円ほど低いです。

病院などで働く看護専門職が違う仕事先へ変わる際のミスマッチを避けるためには、第一に待遇で何を重視したいのかをクリアーにしておくのが大切です。

ナイトナースはできない、プライベートの時間は十分確保したい、人が亡くなるのは仕事であっても見たくないなど、個々の状況によって優先したいことも違ってきます。
看護スタッフの離職率の高さから補充したいところはいくらでもありますから、合わないと思われる仕事場で頑張り続けることはありません。



看護士を志望する動機は、実際に何をきっかけとして看護師になりたいと思ったのかを交えることによって、印象が良くなります。転職に関しての志望動機は、今までに経験したことを活かしたい、多くの人の役にたてるように更に技術を身につけたいなど、前向きで明るい印象を与えるものにしてください。
以前の職場で感じていた不満や悪口はいわないようにすることが最も大切です。病院にもよるのですが、看護師がもらえる報酬は、他と比べると、女性の仕事としては、随分と高給です。
責任の重い、医療現場を職場にしていることに加え、多めの残業や夜勤への手当などがちゃんと出してもらえる、というのは高給の理由としては大きいでしょう。



他の人より夜勤をたくさんこなしていたり進んで残業をたくさんするというような看護師ですと、給料はもちろん、通常より相当、高いものとなっているはずです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハルヒ
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/heguaehng0upng/index1_0.rdf