糖尿病の看護で注意すること

December 18 [Wed], 2013, 17:16
つまり、糖尿病の治療は食事療法と運動療法が基本となります。
そのための資料は病院だけでなく書店でも販売されており、その気になれば資料の入手は容易です。
例えば,カロリー計算をしながら食事をしたり,なんでも偏りなく食べながらもカロリーは控えていくといった食事の取り方をします。
糖尿病の看護では、一度発症すると只でさえ血管に負担をかけている状態になることを念頭に置かなくてはなりません。
伸ばしている筋肉を常に意識して、絶対にはずみをつけたりしないで、痛みが出ない範囲で行うようにしましょう。
糖尿病は自覚症状がほとんどないのですが、血液検査をすることで分かります。
どちらも初期の段階で気が付くことで、完全な心筋の壊死を食い止めることが可能です。
同じ位置に注射せず、2センチから3センチくらいずつずらしていきます。
日本での症例が少ないことから、医師も1型糖尿病の治療法をしっかり把握していないことがあります。
糖尿病の看護あるある?
糖尿病の看護Thinking
糖尿病の看護入門編
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hegbcotg
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hegbcotg/index1_0.rdf