ブラックテトラの峰

May 31 [Wed], 2017, 11:05
葉酸は体に不可欠な栄養素で、ビタミンB群の一種です。
野菜の中ではほうれん草やブロッコリーに多く含有する栄養素として知られています。
葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われています。
なぜなら十分な摂取が、胎児の先天異常のリスクを低減したり、あるいは流産の可能性を減らす効果があります。
理想的な葉酸の摂取量について、厚生労働省が発表したところによると、妊娠初期の女性は400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、葉酸サプリで摂取するのも問題ありません。
葉酸と言えば、妊娠に必要不可欠と言われる栄養素ですが、葉酸だけを摂っても不十分です。
葉酸には単体で摂取しても吸収率が悪いという特徴があります。
ですから、サプリを選ぶ際のポイントとしては、ミネラル、ビタミンなどの、葉酸の吸収を助ける栄養素が25種類前後入っているものを選べば必要な成分を適切に補うことが出来るという訳です。
こうした総合サプリの摂取は、妊娠中に女性が飲むもののように思いますが、決してそんなことはありません。
妊娠に不可欠な栄養素を補う事で、体も妊娠に適した体へと変化していきます。
ですので「まだ妊娠はしていなけれど、もうそろそろ授かりたい」とお考えの妊活中の方もサプリの利用を考えてみてくださいね。
多くの効果が認められている葉酸ですが、その一方で過剰摂取による副作用の報告もあります。
それは吐き気や食欲不振の症状ですとか、寝つけないなどの不眠症の症状、体がむくむという方もいます。
神経質になりがちな妊娠初期では、体のことを気遣うあまりに、良かれと思って葉酸をたくさん摂りすぎてしまう傾向があるので、気を付けてください。
理想としては、1日3食の食事で葉酸を十分に摂取する事です。
しかし、毎食大量の野菜を食べ、その摂取量を考えるのも大変ですよね。
葉酸サプリを活用すれば、摂取量も簡単に管理できますから、推奨される摂取量をちゃんと摂りたい場合には是非試してもらいたいですね。
葉酸は加熱によって失われやすいため、食事から葉酸を摂取しようとする場合、食材の調理方法にポイントがあります。
葉酸を出来るだけ失わないよう、加熱しない調理方法が一番おススメなのですが、どうしても加熱の必要がある時には長時間の加熱は避けて、サッと熱を通すくらいの調理にすれば、葉酸も摂れるかと思います。
いくつかのポイントを紹介しましたが、このような調理が手間で負担になる場合には、葉酸サプリで摂取するのが確実に補給出来るという点において、最も優れた摂取方法だと言えますね。
近年、妊婦にとって不可欠な栄養素として注目されている葉酸や、不妊との関係も指摘されている鉄分は、どちらも不足しがちなものです。
普通の食生活で推定される摂取量では、摂取量が足りていないという方が殆どですから、食事で摂取することに固執せずに、サプリを活用するのがお手軽でお勧めですね。
サプリの中には、鉄分と葉酸のどちらも含有した女性に嬉しいものも売られていますので、サプリの中でもこのようなものをチョイスすれば、不足しがちな成分を、簡単に摂取できるという訳ですね。
妊活中は、ホルモンバランスを正常に整えることにも気を配る必要があります。
ヨガはダイエットやスタイルキープのために行うと思っている方も多いかもしれませんが、妊活にも大変効果が高いのです。
ヨガによって血行が良くなると、ストレスの解消にもつながります。
さらに崩れた自律神経のバランスを治しますのでホルモンバランスが改善していくという訳です。
妊活ヨガの動画はネットでも紹介されています。
自宅でも行えますし、適度に体を動かすことは、身体を柔らかくほぐし、代謝を上げることが出来ます。
これは、こころとからだのバランスを整えると言われていますので、ヨガは簡単に実践できて、効果の高い妊活だと言えるでしょう。
ビタミンの一種である葉酸は、妊婦が摂取することで胎児の健やかな成長を促し、先天的な神経管障害が発症しにくくなることが明らかになりました。
そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生労働省が推奨しており、葉酸のサプリメントや補助食品も多く売られていますし、そのうちトクホ(特定保健用食品)に指定され、妊婦が利用しているケースも多いそうなんです。
胎児の健やかな成長に欠かせない栄養素である葉酸ですが、簡単に摂取する方法として、サプリで摂ることが望ましいです。
しかし、葉酸が胎児と母体の健康をサポートする栄養素であることを踏まえると、一体いつから飲めば良いのかと、疑問に感じる方も多いでしょう。
正解は「妊娠前から授乳期の完了」までの期間だと言われています。
妊婦にとって、葉酸が不足する時期は、妊娠3か月までだと言われていますが、母体の健康を維持するためにもとても大事な栄養成分ですから、受胎時には十分な葉酸が補給できているように、妊活時から飲み始めて、赤ちゃんの授乳が終わるまでサプリを続けるという摂取方法がお勧めですね。
不妊治療や妊娠初期に有効と言われる葉酸は、細胞分裂を助けて造血作用を高める効果があります。
それは不妊治療にも効果を表し、子宮に受精卵が着床するのをサポートするので妊娠しやすくなるため、産前・産後の両方に役立つとして注目されています。
また、葉酸で血液が増えれば新しい血が体の隅々に栄養と酸素を届け、ホルモンバランスが良くなり、不妊対策に良い結果をもたらすのです。
妊婦の方の中でも、葉酸を食べ物から摂取しようと葉酸をふんだんに含んでいる貝類やホウレンソウ、またはレバーを、意識して摂るようにしている方もいらっしゃると思います。
しかし、葉酸は熱によって溶け出す性質があるのです。
ですから多くの食材を食べようと思っても、加熱してしまいますとどれだけ大量の葉酸を含んだ食品でも、調理した後は葉酸は避けられません。
総合的な摂取量としては不十分かもしれませんので、気を付けてください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アオイ
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる