頭いたい

July 24 [Tue], 2012, 19:39
長女の担任の先生からお電話をいただきました。
あ長女、再び登校グループから離脱。
とにかく、あれこれ意地悪を言ってくるのが辛いと泣く。
今年の4月も同様のことがあって、一度離脱しているのだがあれこれあって、再び一緒に行くようになって、それでまたこれだ。
とにかく嫌なことを言われる。
それは私も聞いているので、確かにこれではしんどいだろうとわかっていた。
で、長女は他の3人に一緒にいかないと宣言し、その理由も伝えた上で一人で登校するようになった。
先日、ひとりで登校する長女を通りまで出て見送ったら、その3人が長女を待っていて、一緒に出てきた私にどうしてお母さんと一緒なのと、強い口調で聞いてきた。
長女は走ってひとりで先へ行ったのだが私が引っ込んだ後に、その3人が長女を追いかけて後ろから馬鹿みたいだのお母さんに見送ってもらって赤ちゃんみたいだの、言ったそうだ。
ここまでされるとさすがの長女も参ってしまったようだ。
あれこれ悪口をいうのは子供同士だし、あって当たり前。
だが、3対1は卑怯なんじゃいのかこのままだと、いじめに発展するなぁ、と、さすがに危惧した。
幸い、相手の3人は全員知っている母親で、うち二人は幼稚園からのお友達。
その日のうちに連絡をして、追いかけて3人で長女に何かするのをやめるようにお子さんに話して欲しいと伝えた。
長女が一人で行く事に納得が出来ないだろうが、理由は伝えてあるのだからそっとしておいて欲しい事。
ここで強調したのは、暴言の内容ではなく、あくまで3対1であるということ。
長女が対応出来ず困っているので協力して欲しいと、お願いの姿勢。
同時に担任の先生に状況を連絡帳で説明して教室内の様子を伝えて欲しいとお願いした。
そして、登下校に付き添う事にした。
私が見送って姿が見えなくなったのを見計らってから長女を追いかけていることから、大人の前ではやってはいけないことだとわかってやっている。
翌朝、長女の手を引いて登校すると、案の定追いかけてこなかった。
親御さんが話してくれたのもあるのだろうが、嫌みを言ってくる事もなかったのでそのまま放置して登校。
長女を昇降口まで送ると、仲良しの男の子が寄ってきてどうしたのお母さんと一緒なんて、どうしたのと声をかけてきた。
長女が嫌な事があったからお母さんに来てもらったのと、怒ったように何故おこるのか答えると、どうしたのどうしたのと、けなげな男子、。
一緒に教室に行ってくれるかと頼むと、はい、と答えて長女の後を付いて行ってくれた。
迎えに行くと、長女は元気よく帰ってきた。
どうやら先生がトラブルのあった子供と長女と呼んで話しをしてくれたそうだ。
長女が言うには、先生は相手の子供をかなりきつくしかったそうだ、長女はハッキリ言ってやったと。
あ頭を抱えたい。
夜先生からお電話をもらい、事情を教えてもらった。
相手の子は長女が一緒に朝行かなくなった理由を、自分の親には聞いてないと嘘を付いていた事、普段から教室内での暴言が酷い事等々。
先方のお母様が学校に出向いて、先生と面談したそうだ。
幼稚園の頃から仲良くしてきた方だから、心苦しいというか、家庭では長女のことをとても大好きな友達だと言っていて、こんなことになっているとは全く思ってなかったので驚いていること、今後どうしていいのかわからないこと、等、相談なさったそうだ。
長女がテストで満唐cjれば一番頭がいいなんて思わないでよ長女が絵を描けばうわ、きもい、へたくそ。
一番へた長女が新しい服を着ていけば一番美人とか思わないでよ等々、言われていたそうだ。
長女が何も言ってなくても、めざとく見つけて何かを言ってきていたそうだ。
で、相手の親御さんから連絡があって、謝罪。
子供は反省しているのでまた仲良くして欲しいと。
長女にはその気がないので、あたりさわりなく、返信。
で、他、二人。
一人は、幼稚園で下の子供が同級生で。
話しをしたいと捕まってしまい、一時間程立ち話。
こちらは子供に聞いたが、おいかけたんじゃなくて、追いついちゃったといっていた。
馬鹿みたいとか言ってないとも言っていたと、。
それでじゃぁ、うちの娘の勘違いですかね、うちの娘が嘘付いてるってことですかねと、言わせたいのかやった、やらないのくだらない水掛けなるのは面倒だし、かといって相手の話しを認めるわけにもいかない。
実際に何があったのかは私も現場をみていないので断定はしていません。
長女の話しだけで、お子さんを責めているわけではないので誤解しないでください。
3対1になっていること、長女が困っている事。
これは事実なんです。
ですから、私はみなさんにお願いをしたんですよ。
お子さんに確認をして、そういうつもりではなかった、そうではなかったというのならそれで構いません。
今後、複数で長女を追いかけ回して何かをいったりやったりしないようにお子さんに伝えてくだされば充分です普段へらへらしているので、きっぱり言い放たれたことにびっくりしたのか、先方は黙ってしまった。
私も黙っていると、じゃぁ、どうしたらいいんですかうちの子は、追いついちゃったって、言ってるんですよ。
登校ルートを長女ちゃんを見たらかえないといけないってことですか長女ちゃんが転んで血を流していてもほっといていいってことですかと、言い放った。
不謹慎だけれど、どこまで馬鹿なんだろうと、笑ってしまった。
追いついちゃったらいいですよ、でも、後ろから馬鹿みたいとか、あからさまな悪口を言わなければいいじゃないですか血を流して云々は一般常識に照らし合わせて行動すべきことであると私は思いますけれど、判断できないならほっといてくださって構いませんよと、淡々とかえした。
先方は何をどうしたらいいのかわからないと、ぶつぶつ。
この方は、別件でかなり相談事にのっていた人なので、本当にがっかりした。
何回呼び出されてこの人のために時間を割いた事か、見返りが欲しくて相談に乗っていたわけではないので、お茶代を出すという申し出もずっと断ってきた。
断っておいて本当に良かった、最後の一人のお母様は、こちらは一番楽だった。
ただ、このお子さんは、強い子のいう事を嫌でも聞いてしまう子。
一番おどおどしているので、とても気エロアニメサンプル動画になっていた。
トラブルの大元の子が長女と口をきくなと、いえばそうしてしまう子。
長女はそうやってフループの中で意地悪をするのも見るのも嫌で離脱した。
そして、この子は途中から入ってきた子で、前のグループをまさに意地悪されたという理由で出て、こちらに加わったので、自分のやっていることが良くわかっていたようだ。
この子は自分で自宅まで長女に謝りにきたが、長女は不在だったので、帰ってもらった。
翌日、そのお母様から電話。
こちらも暴言の内容にこだわった。
というか、はっきりと何を言ったか覚えていないという。
、もううんざりだったぁ、。
馬鹿みたいといわれたそうですが、誤解しないでいただきたいのは何を言われたか、ということにこだわってはいません。
長女も口のたつ子供ですし、子供同士あれこれ言い合うのは当然で長女も必ず何か酷い事を言い返しています。
今回気になったのは、長女が登校グループを抜けたことを納得できない節のあるお子さん達が3人で長女を追いかけ回してまで何かをしているということです。
一対一ならば、私も介入はせず放っておいています。
3対1だとさすがに長女では対応しきれないと判断したのでみなさんにご相談させていただいたんです。
長女が一人で行く事をお子さんに伝えてもらって長女を放っておいてくだされば充分なんですよ。
それから、この件でお子さんをきつく叱らないでください。
私からみると、お子さんも辛いことが沢山あるはずですので、良く話しを聞いてみてくださいと、いうようなことを伝えた。
こちらは良くわかってくださって、険悪な雰囲気になることもなかった。
、疲れた。
本当にぐったりしてしまった。
長女は元気になって、夏休み突入、一番強い子が、長女に一緒に◯◯しようと、誘ってきたそうだ。
長女は嫌だと、ばっさり。
それでいいよ、無理に仲良くしなくていい。
挨拶だけはして欲しいけれど、それだけでいいよ。
またあれこれいわれるのは目に見えている。
あれだけ酷い事言っておいて、なんでまた仲良くしようとするんだろう。
私を好きなら意地悪をしなければいいのにと、長女は不思議がっていた。
、本当に不思議だよね。
長女が再び離脱を決めて宣言したとき。
強い子は泣いて怒っていたそうだ。
そして、もう二度と長女をグループに入れてやらないと言っていたそうだ。
今回、一番絡んできていた保護者はこういうことを繰り返してると長女ちゃんがまた一緒に行きたいっていっても、入れてもらえなくなるよねと宣っていた。
あー長女にはその気はないので、ご安心を、。
で、もう一件。
その絡んできた保護者の相談に乗っていただが、同様の内容の相談者が複数いて、飲み会に誘われていた。
が、そのうちの信頼できる方のみに今回の件を伝えて飲み会を遠慮させてほしいとお願いした。
そして、今後、その保護者が同席する場に私を呼ばないで欲しい事もあわせてお願いしておいた。
その相談事もある程度の見通しもついていたし、私の出来る事はもうほとんどないと踏んでいたので、丁度良かった。
今回の顛末を旦那に話すと、呆れていた。
長女にも何かを話していた。
私の事は労ってはくれたが、今後は変な保護者と関わるなと注意された。
疲れたわぁ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hedgpssnu3
読者になる
2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hedgpssnu3/index1_0.rdf