パース(西オーストラリア)へ行ってきました 

2007年02月07日(水) 18時42分
パース6泊7日の旅。
最初の2日と最終日はパースの街・近郊をぶらぶら。
3日目〜は3泊4日のツアーに参加!
久しぶりのバッパー生活、ツアーでヘトヘトになってしもうた。
パースの街は小さくて、いちいちカフェやレストランを見つけるのも大変だったし、
バッパーは汚いし、日本人だらけ、ローカルは冷たいしで…
あまり好きにはなれなかった。

ツアーではパースから北へずっと行ったモンキーマイアまで。
砂漠、ビーチ、岩、大自然を満喫した。
あんなデッカイ自然を見てると自分の小ささが丸出しで
自分まだまだっす!と背筋がピンと伸びる思いでござんす。
モンキーマイアではイルカの餌付けを見学。ほんのちょっと先まで
イルカが来て大興奮!

そんなこんなで、西オーストラリア(パース)を満喫。
世界は大きい!!
 

なす田楽DE一家団らん 

2007年01月29日(月) 23時19分
今日の夜はJamieの家で両親と共にディナー。
前に行った日本食レストランで食べたなす田楽を
ママが気に入って、今回はママに教えながら作る事になった。
英語で料理の説明なんてした事ないし、かなり緊張したけど
ママはちっとも覚える気がなくて、「また茜に作ってもらうわ〜♪」
なんて言って軽く放置だったから、楽チンだった。
たまにキッチン用具やら何やら、わからない英語を教えてもらったりして、
仲良く料理ができてほっと一安心。
パパは今ホリデー中でいつになくハイテンションで絡んできて泣きそうになりつつ、
引きつった笑顔で対応。 Jamieの行動はパパにそっくりだなと、
遺伝子というか環境というか、親子のつながりに驚いた。

ディナーはなす田楽が前菜でママがメインディッシュを作ってくれた。
テーブルの上にフォークとナイフが2つずつ並んでいて、
箸社会で育った私はかなりてんぱり…外から使うんだよな…
オロオロとJamieを盗み見しつつのりきった。
フォークもナイフもうまく使えないし、箸くれーーーーーと
心で叫びつつ、ディナーを何とか乗り切った。ふー。

食後はデザート。ママも私もデザートを買ってきたのでてんこ盛り。
パパは大喜び。テンション高すぎ。
んで、フォークとスプーンが並べられたけど、アップルパイにシュークリームで
どうやってスプーン使うんだって、またもやてんぱる。スプーン…スプーン…スプーン…
彼は「気にせず手で食え!」って言うけど、両親の前で手なんて使えるかいな!!
今度はママを盗み見して乗り切った。
箸くれよ。
デザート中はパパが昔の写真を持ってきて、彼の小さい頃の写真を見たり、
なんかよくわからん世界の写真集をみたり、一家団らん。
みんな楽しそうに笑ってるけど…私ゃ一人で緊張だよ、コノヤロー!

その後、彼が仕事に戻ると言うので、一緒にOfficeに行き、彼の同僚に挨拶しつつ、
彼の引き出しから出てきたエロ本を読んで帰ってきました(笑)

疲れるね、他人の家族との一家団らんは!でも彼の大事な家族と仲良くするのは
私にとっても大事な事だから…
これからも頑張りますよ。トホホ。

Happy Birthday to my sweetie 

2007年01月23日(火) 16時40分
メルボルンに戻ってきて10日が過ぎ、チームBOXや昔の語学学校仲間に会って、
やっとこそさメルボルンに戻ってきたんだな〜と実感できるようになってきた。
ホームシックもおさまり、一人暮らしを満喫してる。

さて、今日はJamieの誕生日。私が日本に帰る前から、
日本にいる最中も誕生日アピールをしまくってた彼。そういう事って
自分でする事なのか… だいぶ謎だけど…。
そんでもって日曜日に自分から電話してきて、
「ねぇねぇ、ご飯食べに行こうよ、火曜日!」って彼は自分から言っちゃった!
思わず失笑しちゃったよ。トホホ。

去年のクリスマスイブにケンカが勃発。もぉーうんざり・最低・大嫌いって
今度こそ終わりだっって意気込んでたけど、友達に
「あんた、しょーもないうっとしい女だよ!」って逆に
Jamieの肩もたれちゃって反省。
いつもこうやって、ちょっと時間が経つと反省して、
彼から何事もなかったように連絡が来て、いつも通り。
こんなんでもう1年。ホントどーしようもないですな。

今日は誕生日のお祝いと二人が知り合って1年記念。
いつもは彼が全て決めるんだけど、今日は私が頑張ります!
サプライズ〜!

オーニッポン! 

2006年12月14日(木) 12時16分
さぁさぁ、先週の土曜日に降り立ちました。ニッポン!
寒いぞ、コノヤロ〜。

今回は1年3ヶ月ぶりの日本。久々の実家。いい。
ご飯、おいしい。いい。
風呂、気持ちいい。いい。
コタツ、身も心も温めてくれる。いい。
TV、おもしろすぎ。いい。
100均、無駄遣いしちゃう。でもいい。
言葉の壁、ナッスィング!

そして久々の友達との再会。
まだ何人かしか会ってないけど、もうすでに満足気味(笑)
たくさんの友達からメールや電話がきて、うれしかった。
人間関係は物理的な距離に左右される。
距離が離れると自然と心も離れてしまう事が多い。
だから帰る前は不安もあった。でもでもでもでもぉぉおおお
みんな温かく迎えてくれました。ほっと一安心。

1月11日まで、楽しむぞ〜

ALL DONE 

2006年11月21日(火) 12時15分
セミスターブレイクが終わった10月2日から…本当に辛かった。テスト・アサイメントテンコ盛り。
今年はファーストセミスターなのでサブジェクトも多くて6つ。
transport& documentation→テスト2つ
work place safety→プレゼン2つ、レポート、テスト
business report& presentation→プレゼン、レポート4つ
Marketing→テスト2つ、レポート4つ
trade laws& regulations→レポート2つ、プレゼン
management→テスト2つ、レポート2つ、プレゼン

この1ヶ月半、本当にきつかった。
オーストラリアの学校がこんなにきついとは…想像を絶するものでした。。。グループワークも多くて何度もメンバーを殺しそうになった。たった1ヶ月半なのに1年以上経った気がしてしまう。とりあえず今のところ落としたサブジェクトはなさそうで安心。

今日のプレゼンで全て終了!!なんてすがすがしい気持ちなんだろう。何度もくじけそうになって、何度も辞めたいと思って、何度も日本に帰ろうと思って、何度も泣きました。
もう私にはできる力がないと何度も思ったけれど、終わった!終わらせた。今回ばかりは自分で自分を誇ります!!

追伸;12月9日から1月11日まで一時帰国します〜

新しい学校 

2006年07月12日(水) 12時12分
まじで楽しいです。

今週から始まりました。まだオリエンテーションやイントロダクションばっかりで授業らしい事は何もしてないけど、とにかく楽しい。友達もたくさんできた。
クラスは留学生が半分、ローカルが半分で、割合も丁度いいし、貿易という科目ゆえか、ローカルはアジアン(留学生)に対しての差別的な目もない。むしろみんな興味があるらしくとてもフレンドリーだ。
それに前に一緒に住んでいたオージーのハウスメイトの友達と同じ学校で、彼とは元々仲良しなので色々と世話をやいてくれて、友達の輪も更に広がるしで大助かりだ。

ビビッていた英語力も問題ないかもしれない。先生の言った事もちゃんと分かるし、クラスメイトともコミィニケーションとれてるから。
クラスメイトの日本人(男)は「あいつら何言ってるかわからない。これからやっているけるか不安…」と初日から泣きそうだったけど…。確かにローカルとの会話は難しい。特に若い人が相手だと。でもそのへん私は元彼と彼の友達のおかげて、そのくらい年の男ならちゃんと理解できてる。初めて元彼が役に立った気がする…(笑)

授業のスタイルは日本と全く違っていてすごく新鮮。
先生が一方的に喋りまくる感じではないし、クラスの人数も少ないのでみんなで授業を作っている感じがとてもいい。
英語力が心配で、自分の道も決まらず、だらだらと語学を勉強してしまったけど、さっさとメインに来れば良かったと思った。こんなに楽しく充実すると思わなかった。
これなら頑張っていけそうだ。
クラスが待ち遠しくてしょうがない。

という事で幸先は上々♪

濃い週末 

2006年06月25日(日) 12時07分
久々に濃い週末でした。

金曜日の夜に、彼とオージー友達3人+その彼女1人とフィリップアイランドに行ってきました。
オージー友達の両親がビーチハウスを持っていたのでそこに1泊。日本だったら信じられないくらいの金持ちだよなーと思いつつ、素敵なビーチハウスを堪能。もちろんオーシャンビュー。2階はプレイルームになっていて、ビリヤードが!!
みんなで交代づつやりながら、飲んで騒いで、むちゃ楽しかったです。
実はオージー友達の1人がものすごくかっこいいんです。
もうスマイルむけられた日にゃ、鼻血が出ます。
朝、BBQスタンドでベーコンを焼いているイケメンに朝日が降り注ぎ、見とれていたら朝食を作っている彼にわき腹殴られました。そして「早くトースト焼け」と怒られました。
まじでちょっときれてました。怖い。顔がマジ。

朝は天気が良かったので庭でみんなで朝食。
コーヒーマシーンもちゃんとあったので、もぉ最高でした。
海を見ながらの朝食。最高デス☆

その後バイトだったので一足お先にメルボルンに帰ってきた。

バイトの後、友達バカップルとその友達と4人でパブで飲み、友達の家に移動してゲームをしてナウシカ観て就寝。

もちろん昨日も今日も二日酔い。
久々の英語漬け+飲みまくりで充実しました(笑)

ど緊張 

2006年03月22日(水) 12時01分
ありがちな展開だけど、引越し前にジェーミーとできちゃいました、私。
色々すったもんだがあったけれど、順調。

今日は彼と彼の両親にすし屋に連れて行ってもらった。このすし屋、メルボルンではけっこう有名みたいで、私のハウスメイトも以前に行った事があるらしい。なかなかのお値段…。
友達同士で行こうとは絶対に思えない店。

しかしこの食事会、どうにもこうにも私を緊張させた。
お母さんからお誘いメールが来てから、嫌だなと思っていた。昨日から極度に緊張し始め、今日の午後のクラスでは若干、いや、かなりおかしくなってた。
お母さんとは相変わらず仲良しだけど、ジェーミーとの事を考えると…。

もう寿司なんてどーでもいいと投げやりになりつつ彼の家に向かったが、15分遅刻して彼に激怒される。
オージータイムだからちょっとくらい遅れてもいいだろうと思っていたら、激怒。
わからない…彼の怒り沸点がわからない…。

すし屋では楽しくディナーと言いたい所だけどあまりの緊張に味も何もわからない。トイレには行きたくなるし、もぉ散々だった。

両親は私と彼の関係を知らないので、時々両親の私たちを見る目のチェックの鋭さにびびった。
食事の後、数日してタイミングをみてから両親に言おうと彼と話していたが、絶対気付いてる!もぅ気付かれてる!
気付くに決まってる。

なんかよくわかんないけどとにかく疲れた。
彼の両親とうまくやってる友達が仏に見えたのは言うまでもない。。。

引越し 

2006年02月26日(日) 11時53分
土曜日、土砂降りの中での引越し。
元ハウスメイトのマイケル・ジェーミーが引越しを手伝ってくれた。二人とも雨に濡れて、汗をかきながら手伝ってくれた。

金曜日、学校から家に帰ったらベッドに洗濯物がきれいにたたんであって、洗濯物の間にママからの手紙がはさんであった。
思わず涙があふれた。
家が変わっても同じメルボルンにいるわけだし、これからもママに会える。ジェーミーとはすでに仲良しなのできっとこれから毎週金曜日に彼といつものパブに飲みに行くと思う。

そして金曜日の夜は4時くらいからジェーミーと庭でビールを飲み、もう7時頃にはベロベロ。
日が落ちた後は二人で屋根に登ってCITYの夜景を見た。
家の周りをよく知らないだろうからと言って散歩にも行った。
改めてきれいな街だなと思った。

本当にあの家でいい時間を過ごした。
疲れた心が休まり、温まった。この出会いは一生だと思う。
こんな出会い、こんなステキな出会い。
大切にしようと思う。

そして25日(土曜日)新しい家に引越し!!
今度はCITYからトラムで10分、マンションの17階。
どぅだ!!どぅだ!!インド人いないぞ!!

部屋は今の家より小さく、もちろんクローゼットも小さいので
荷物があふれかえった。
ダンボールに囲まれ、なす術もなくただうろたえて、タバコを吸い続けた。そんな事をしても部屋は片付かないのはわかってる。しかしてんぱった、ぱにくった。泣いた。それが6時。

マイケルとジェーミーに「茜は最低だ!大ばか者だ!」と言われ続け、彼らが運んだダンボール(大)、しめて25個!

とにかく泣きながらも荷物を片付け、9時頃には終わった。
そして早速友達が遊びに来た。

今、またとても快適で、落ち着いた穏やかな時間を過ごしている。またいつもの日常。
でもこの当たり前の、ごく普通の日常が私にはスペシャルで幸せ。さぁ、頑張るぞ。明日も学校だーい!

Camberwellの我が家 

2006年02月23日(木) 11時50分
私のクラスは朝8時半から。

ばかじゃん。

朝は6時半に起きる。そして低血圧を押し殺し気合で起きる。
今の家は駅から遠いのでいつもママが車で駅まで送ってくれる。毎朝7:45出発。
朝、心がへしおれそうなのをぐっと抑えて起きる。
だってママが待ってるから…。私のタメだけに朝早く起きてくれてるのに私が寝坊したらママが早起きする意味がなくなってしまう。気合いだ。
おかげさまでいつも10分前には学校に着き、ゆっくり一服できてる。

この家に来て9日。すっかり慣れて毎日快適に過ごしている。
ママは掃除も洗濯もしてくれるので私は何もやる事がない。
ただ帰ってきて宿題して、シャワー浴びて、寝て。
はー快適。
夜は静かだし、家はキレイだし。パーフェクト。

そしてママはまるで、我が母・君子。
もー色々と心配でしょうがないらしい。それに世話好き。
ジェーミーはそんなママがうざいらしく
「もぉ、俺は24なんだぞーーーー」ってよく叫んでる。
うんうんうんうんうん、わかるよーわかるよー
私も日本にいる時そうだったから。

今、ママは私とジェーミーの心配と世話を焼いているので
ジェーミー100%でないゆえに、ジェーミーはちょっと嬉しいみたい。私がジェーミーのフォローもするし。
ママは「ジェーミー、あなたは私の気を茜にそらすために茜を家に呼んだのね」なんて昨日言ってた(笑)

今夜は私が二人に親子丼を作った。
ママもジェーミーも心配なのか何なのかキッチンをウロウロ。
大丈夫だって言ってるのに、ウロウロ(笑)

そしてママは甘いものが好きなのでフルーツタルトを買っていったら、ママはチョコレートケーキを買っておいてくれて、二人で笑った。両想いね、ウフフってな。
夜は甘いものと紅茶と一緒に二人で話す。
ママくらいのジェネレーションとは話す機会が少ないのでとても為になる。

私はママとジェーミーに本当に救われた。
オーストラリアで帰る家ができたような気がして嬉しい。

ママは「土曜日に茜と一緒に引越すからジェーミー、私の荷物をパッキングして、して、して」とダダをこねて、ジェーミーが白目になって首ふってた。

ここで過ごすのもあと2晩。明日の夜ママはパパ(裁判官で来週まで地方にいる)に会いに行ってしまうので、明日の朝が一応お別れという事になる。すぐ会える距離だけどやっぱり寂しいものだ。そして夜はジェーミーとディナーだ。

きっと涙でこの家をあとにすると思う。
悲し涙じゃないのは久しぶりだ。こんな温かな気持ちは久しぶりだ。ママ、ジェーミーありがとう!!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Akanee
読者になる
何だかんだ言いつつメルボルン生活3年目。
時が経つのは早いもんだ。んーまったくだ。
現在、International Businessを勉強中。
テストと課題に追われ毎日、毎晩、白目になりなつつ 奮闘中…。誰か助けて…。
常に日本に帰りたいと思いつつ、メルボルン生活を 満喫している。

I'm studying International
Business
at Swinburne in Mlbourne,
Australia.
I'm keen to go back
to Japan, but
I enjoy myself living here.

2007年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる