出逢い 

August 01 [Mon], 2005, 22:02
出逢いは偶然、2年前たまたま見にいったLIVEに彼は姿を現した。
その時は特別な感情をもった訳でもなく、ただ同い年をいうことを聞いて驚いたくらい。
(友達が言うには、もうその時既に気になっていたはず、らしい。)
その数ヵ月後、見に行ったLIVEを最前列で見ていた私の前には彼の姿。
名前を呼んでちょっとリアクションしてもらったり、ピックを拾ったり、手を叩いてもらったり。
「ファン」と「ミュージシャン」として、その時間を楽しんだ。

それからは機会もなく、ステージ上で彼を見ることも無く・・・
自身の生活スタイルが新しくなり、それに慣れるために必死で、彼の存在は正直頭になかったかも。
学校と、好きなLIVEに行く毎日を過ごして、年末。東京に見に行ったLIVEで久々に彼を見た。
彼は下手に立ち、私は上手にいたのでちょっと遠くからその姿を見たけれど。
素直に「カッコイイな」って思った。
LIVE後、たまたま彼が近くにいたので思い切って声をかけてみた。
ドキドキだった。彼は快く握手に応えてくれ、同い年という事を伝えると途端に笑顔が濃くなる。
その笑顔と手の大きさが印象的だった。

この日はとにかくそれだけで頭がいっぱいだった、同じ「好き」でもファンとしての「好き」だと思ってた。
それが、ファンとしてではなく、一人の男性として見ている事に気付くまで時間はかからなかった。
恋人になりたいとか、そうゆう感情ではないけれど・・・
仲良くなりたいとは思った。
たまたまバレンタインの数日前にLIVEが決定した時、絶対に何かを渡そう!と決めて。
初めて、「本命」にプレゼントを用意することにした。

HEAVEN 

July 31 [Sun], 2005, 21:43
こんなことブログで書くことじゃないのかもしれないけれど、十代を終える寸前、物凄い出逢いがあって。
恋なんて絶対しないと思っていたのに、出逢いというものは突然やってくる。
しかも、前から知っていたのに、いつの間にか好きになってた。
その相手は、近いようで遠い。
同い年なのに、生きる世界は違っていて。
ミュージシャンだから。
でも今、その彼とは友達のように話が出来ている。それは私の努力のせいなのか、それとも運命なのか、それは分からないけれど。もちろん最初話しかけたのは私だけれど。
次に会った時、ちゃんと覚えててくれたんだ、話した時・場所・内容。
嬉しかった、記憶の中に私が少しだけでもいたことが。
そんな「恋」、実は初めてなんじゃないかと思う。
今までは本当に自分の好きなものにしか感心がなくて、彼氏がいた事もあったけれど、結局すぐに別れてしまった。自分の好きなものを否定されると、自分も否定されているような気がして。
今好きな彼は、共通点が沢山ある。
好きなものも共通している。

そんな恋を、ちょっとずつココに書いていこうかなと思う☆
P R
2005年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
http://yaplog.jp/heaven-ai/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:heaven-ai
読者になる
Yapme!一覧
読者になる