24時間内にも非常事態解除 比大統領がテレビ演説 

2006年03月01日(水) 14時50分
【マニラ1日共同】フィリピンのアロヨ大統領は1日、テレビで演説し、2月24日に発令した非常事態宣言を24時間から72時間以内にも解除する考えを示した。  大統領は「法務省、国防省、国家警察が私に、状況を完全に掌握していると保証したら非常事態を解除する」と述べ、72時間以内に提出される予定の情勢評価を見極めて決断するとの姿勢を示した。厳戒態勢と緊張が続いていた情勢が収束に向かう可能性も出てきた。  軍の准将や大佐によるクーデター計画発覚を受けた非常事態宣言の発令後、治安当局は軍の将校や野党政治家を拘束、政府批判派の新聞社を捜索した。  しかし海兵隊で起きた不穏な動きが26日に収拾されて以降は情勢は安定。非常事態継続は「反政府派の抑圧が狙い」という批判が高まっていたほか、経済閣僚らから早期の宣言解除を求める声が強まっていた。 続きを読む
プレミアム
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:heavearms
読者になる
Yapme!一覧
読者になる