久々に内容の濃い話ができた

January 29 [Sun], 2006, 0:34
昨日は横アリで全員集GO!を見てきました。
今回も去年よりパワーアップした素晴らしいステージセット、そして素晴らしいパフォーマンスで、とてもワクワクする楽しいコンサートだったと思います。
左サブステージに近い位置だったので、松浦さんやののが近くで見られたし…っていうか、結構みんな万遍なくきてくれたので、すごく良かったです。
ファミリー席の多さもすごかったし、かなり見やすかったと思います。
今日は一般発売で買ったスタンド席から楽しんできます。

>オフ会
去年も参加させてもらったのですが、公演後にこのブログでもリンクしているタンポポのたんぽぽのMAYさんのグループのオフ会に行ってきました。

矢口推しの彼とは、あの件以来会う機会がめっぽう減ったのですが、ハートプロジェクト。netの理解者でもあり、とても強力なパートナー。
普段から電話でFCにもたくさん意見を伝えている彼とは誰よりもいろいろなことが話せるし、悩み相談も受けてもらったり、本当にありがたい存在です。
普通はこういう裏方的な応援、つまりメンバーが直接見てもらえないようなことに労力を掛けることってできないと思うんですよね。
僕もそうですけど、自分の時間を割いて、表に見えない部分で協力を続けるのは生半可な気持ちでできることではありません。

例えば、ネットで見かけたFCに有益な情報などを不要な部分を除いてまとめて伝えたり、何かファンの間で大きな問題が発生したときにもサイトを見回って情報提供をしたり、この間のFC発送物の未着問題の件も本人には全然関係なくても、いろいろ調べてちゃんと伝えたそうです。
実際の彼のがんばりはこんなもんじゃないですけど、簡単に紹介できる程度で。

なんかべた褒めだな(笑)
でも、それだけの努力をしていることは明らかですからね。

2chだって、煽りを削ぎ落として重要な部分だけにすれば、FCにとってはありがたい資料になりますし、不満をネットに書くだけなのと、FCに伝えることは天と地の差があります。
何かが起きたとき、それはどうすれば良い結果に結びつけることができるのか、やり方次第でハローにとって力強い応援になるんですけど、普通に楽しんでいる分には、そこを理解するのはなかなか難しいのかもしれませんね。

MAYさん今年もよろしくお願いいたします。

感動のHPP最終公演 パシフィコ横浜の舞台裏

December 27 [Tue], 2005, 0:41
ちょっと時間が経ちましたが、これを載せるときがきました。

あなたは憶えているでしょうか、10月10日のことを、道重さんのあのメッセージを…



あなたのには大好きなメンバーの声が聞こえますか…



以上の画像は当日に捨てられていたうちの極々一部であることを付け加えておきます。

ハロプロパーティ〜最終公演

December 04 [Sun], 2005, 23:50
はぁ…楽しかった…すごく楽しかった。
今年最後のイベントとなったハロプロパーティ〜の最終公演、とても楽しく、そして温かく
、今年の締めのイベントにふさわしい素晴らしい公演でした。

今年一年、僕の軸はパーティ〜で、計19公演(姫路と三重含む)これほどまでに同じツアーを複数見たのは初めてでしたが、振り返ってみるといろいろな想い出があります。

会場でのアンケート

November 27 [Sun], 2005, 20:53
11月26日のハロプロパーティ〜酒田公演では、来場者にチラシと共にアンケート用紙が配られました。
配りながら「アンケートへのご協力をお願いします」と係員の方が声をかけていて、ちゃんと記入するための机や回収ボックスまで用意してあり、なかなか良かったです。



ただ一つ不明な点があって、どこ主催のアンケートなのかが書いてない。
まぁ内容からしてFCからお願いしているように見えるけどね。
あと、会場名などが書けるところをみると、他の地方公演でもやっている可能性はありますね。
他でもやってたところがあったら教えてくださいな。

想いが加護に届いたのかも

November 27 [Sun], 2005, 9:13
僕が勝手に思ってるだけなのかもしれないけど、最近あいぼんが遠い席で見ている人に良く声をかけるようになったように思う。
僕はこのことを物凄く評価するし、すごく褒めてあげたい。

もちろんパーティ〜のメンバー全員にその傾向が受け取れるんだけど、あいぼんはパーティ〜でいろいろあったので、ある意味注目して見ているので、最近何か意識が変わったような印象があります。

僕はFC先行が外れたらちゃんと一般販売で買うので、後ろの席で見ることは多いほうです。
後ろの方から見ていて以前から思っていたのですが、視線が前方に落ち気味のメンバーがいたり、最後の挨拶でも後ろの方で見ていると淋しい感じのすることが少なくありませんでした。

そういうことを実際に感じると、前に行きたいという欲求は誰でも起きるでしょうし、転売利用のきっかけにもなっているとずっと感じてました。
なっちや松浦さんは、視線を前に保つ姿勢があるので、そういう公演は比較的どの席でも偏りが少ない。
ヤフオクを使う人ほど解ると思うけど、そこら辺は相場に現れてるでしょ。
ちょっと言い方悪いけど、前方過多な公演ほど全体としてモラルが下がるっていうのは一理ある。

こんな中、10月中のパーティ〜であいぼんが立て続けに前方過多につながるようなことをMCで話したりして、正直がっかりしたんですよ。
事務所は転売を減らそうとしているのに、転売のことを本人が知ってか知らずか水を差すようなことを言っているわけだから、聞き流すことはできなかった。

こういうときはちゃんと意見を伝えることが大事なので、FCに以下のような内容を送りました。
「FCチケットよりも高い一般販売などのチケットで、後方や2階席などメンバーの表情も見えない場所から一生懸命応援してくれているファンをもっと大切にしてあげてほしい」
「前列のファンと楽しいやり取りができるのも、後方から応援してくれる心温かいファンがいるおかげだということを理解してほしい」と。

実際伝わっているのか、それはファンの踏み込める領域では無いので知る必要はありませんが、越谷、羽生、酒田、公演を重ねるごとに遠くのファンに語りかけるあいぼんの姿を多く見られるようになった気がします。
最後の挨拶で、最初に「後ろのみんな〜2階席のみんな〜」とあいぼんが声をかけているのは単なる偶然ではないと思う。

ハロプロパーティー酒田 すごく良かった

November 27 [Sun], 2005, 8:27
先ほど夜行バスで帰ってきました。
行きは羽田から庄内空港まで飛んだので、意外と行き帰りは楽でした。

会場に着いてみると親子連れが物凄く多い!
普通の地方と比較にならないくらい、本当に多いんですよ!
お母さんと見に来ているお子さんが多くて、男性と女性の比率が半々くらいの印象。
家族で来ている地元の方もたっくさんいて、それを見ているだけでもうれしくなった。

それでも、地方公演なので、空席はあるだろうと思っていたのですが、開演直前に場内を見てビックリ!!
な、なんと!!1階席はおろか、2階席の後方までお客さんが入ってる!!
もちろんポツポツ空席はありましたけど、9割以上席が埋まってました。

コンサートが始まって、2階席の人はファミリー席じゃないところもみんな座っての観戦。
1階の前から12列くらいがFCの割り当て、13列以降が一般発売だったみたい。
僕は昼10列、夜5列だったので、ちょくちょく後ろの様子を見ていたんですけど、この会場ってとても良く後ろの方まで見えるんですね。

メンバーも後ろの方に良く声をかけたり、手を振ったり、いろいろ気を遣ってあげていたのですが、地元の方も手を振ったり拍手したり、とても温かい応援をしてくれていて、メンバーもそういう空気を感じたらしく、MCでは「本当に今日はすごく温かさを感じました」ということを盛んに言ってました。

アンコールの最中に、地元の方の多くが一緒に手拍子をしてくれるなど、メンバーが後ろの方に手を振っているときに僕も後ろの方を見ていたのですが、見ただけでその温かさがわかりました。
山形という土地がいいのか解りませんが、関東の公演みたいに「我こそは」っていうギスギスした感じがないし、アットホームな雰囲気というか、会場の幸せな笑顔を見ているメンバーはさぞうれしかったと思います。

それに、初めてハロプロのコンサートに来た方も多かったと思いますが、地元の人だけで昼夜合わせて約2000人が来てくれたこと、楽しんでくれたことはメンバーも勇気付けられたことでしょう。

今日も原ノ町に行っているメンバーですが、これからも心温まるコンサートをいろいろな場所でいろいろな人と一緒に作っていけるといいですね。

がきさんの指先

November 22 [Tue], 2005, 1:18
20日の横須賀芸術劇場は、神奈川の公演ということでがきさんの地元コン一色。
実際がきさんの出身は横浜市なので、となりの市なんですけどね。

昼公演からがきさんコールがあったり、最近の流行らしいアンコール中にがきさん関連の物をモニターに映して盛り上げたりしてました。

神奈川つながりでいいのなら、僕にとっても地元込んだったんですけど…(笑)
いつか本当の地元、都筑公会堂でやってくれないかな?(絶対無いな)

そんな話は置いといて、タイトルにある「がきさんの指先」のことを話しましょう。
夜公演の最後、みんなメンバーが掃けたあと、がきさんが再びステージに走ってきました。
ここで短めではありましたが一言の挨拶がありました。

このとき、がきさんは右手で上のライトの光を遮断するように頭の上に上げていたのですが、その小さな手の指先がカタカタと震えていました。
地元コンだからいつもより緊張してるって途中のMCでも言ってたし、これだけステージをこなしてきたメンバーでも緊張しているんでしょうね。

153イベント目で初最前の感想…近すぎてびっくり!

November 19 [Sat], 2005, 19:19
最初に書いておきますが、やっぱりなかなか良い席が来ない方もたくさんおられますので、あまり良い席の話はしたくないという気持ちもあります。
しかし、ずっと真面目に自分のチケットでコツコツ応援してきて、長かったけどやっと夢にまで見た最高の席で見られたコンサート。
本当にうれしかったので、感想を書かせてください。

今日も会場責任者の方とお話していたので(自身の都合により意見交換に掲載する予定はありません)、開演ギリギリに席に着きました。
本当は長い時間席に着いていたかったのですが、仕方ないですね(笑)
公演が始まって、メンバーが歩いてきて、最初の色っぽいじれったいの始まった時点で異常な近さに戸惑う(笑)
あんな近くに亀ちゃんがいるよぉ…

2曲目、メンバーがステージの前に下りてくる!
あり得ない近さにただただ友達と一緒に驚く。
会場の造りが最前のスペースが少ないこともあるけど、予想以上に近くて、どこを見ていいのやら(笑)
手を伸ばしたら届いてしまいそうな近さで、握手会の自分の番のときにメンバーが目の前で踊っているような感じ。
でも、自分とステージの間に、ロープ係の係りの方、カメラマンが入ってますので、物凄く狭い。
直立もできるかできないかって感じでした。

メンバーには手を振ると、それなりに振り返してくれたり、歌っている最中に目が合ったり、率直にうれしいこともたくさんありましたが、ボードに夢中で目の前で手を振ってるのに隣ばかり見てるメンバーもいたり、いろいろ体験させてもらいました。

しかしその中で一人素晴らしいメンバーがいた。
それは道重で、公演後に友達も言ってたけどほとんど目線を真っ直ぐに保ったまま、視線を前に落とさない。
なっちが基本的に視線を落とさず、すごくプロとしてしっかりしているから、道重はなっちの姿勢をちゃんと見てたのかもね。
後ろのお客さんも喜ぶだろうし、物凄く高く評価できることだと思う。

美勇伝説U〜クレナイの季節〜

November 13 [Sun], 2005, 23:25
13日の昼公演見てきました。
Aの三百番台だったのに、家でいろいろやってたせいで会場時間をすぎてから到着(笑)
Bの100番くらいの人が入っているところで中に入れてもらう。

中に入ると、多分今回の美勇伝のライブが初めて?だと思うのですが「スタンディングライブのルールとマナー」という張り紙がありました。
毎回トラブルが多いハロプロのスタンディングライブをみんなで楽しく見てもらうために、スタッフの人が気を利かせてくれたんだと思います。
3,4,5,6,8,11あたりはちゃんと読んでおくべきかと思います。
あとは大体普段の注意事項と変わりません。




>ライブの感想
とにかく、美勇伝のパフォーマンスの凄さに驚きました!
ダンスも歌もすごく良かったし、照明もなかなかかっこよかったです!
スタンディングだったこともあって、ホールで言うところの15列以内にみんな入っているくらい近くて、掛け声にも一体感があったし、聴くところは聴いてたし、まだ2ツアー目なのにこんなにいいライブができるなんてすごいなぁ。

それに、昼公演だったのが良かったのかもしれないけど、見た感じファンの鑑賞マナーがとてもよかった。
前の方にいた友達が「最初から最後まで立ち位置が同じだった」と言うように、押し合ったりすることもなく、みんな自分の立ち位置で楽しんでいたので、安全ですごく楽しかった。
まさにスタンディングの会場を選ぶ理由の良い部分が出たってわけですね。

今日の公演を見て、いろいろなメンバーの公演を見る人間で良かったと思いましたよ(笑)
行かなかった人は是非DVDで確認してみてください。
美勇伝は春も評判良かったですけど、秋はもっと良かったです。
オマケにVTRコントが史上最強に面白い(笑)

個人的にですが、美勇伝は梨華ちゃんは人間としてすごくしっかりしていると思っているので、そういう部分がいい面として現れているように感じました。
ファンをコントロールしたりまとめるのもうまいし、ほとんど前方に視線を落とさないとか、しっかりしたプロとしての姿勢を僕は高く評価しています。
そういう部分は三好と岡田にも良いお手本だと思う。

ダブルユーファンの集い

November 12 [Sat], 2005, 0:45
先ほど最終の新幹線で横浜まで帰ってきました。
今回は無事にののと握手することができて、ほっとしたというか…ずっとに心につっかえていたものが取れたような。
ののと握手するとき何を言おうかと思っていたのですが、握手会が一人2秒程度で結構高速だったこともあって、短めに一言言うことにしました。
ステージに上がって、ののの前まで来て「これでハワイツアー完結です」って言ったら、ののは「あ〜ありがとうございます」と言ってくれた。
特に特別なこともなく、普通だったけど、すごくうれしかった。
手の感触は残ってない(笑)
僕は握手するときメンバーと心を通じ合わすことを大事にしているので、直後でも手の感覚を覚えていないことが多いんです。
まぁそれでも幸せなので全然満足です。

日付変わって今日の羽生も昼夜ともに結構いい席なので、これまた楽しみ。
ちょうど入場のとき、ののと目が合いそうな位置なんですよ!
わくわく!どきどき!

>今回のイベントについて思ったこと
2006年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:heartproject
読者になる
Yapme!一覧
読者になる