放置プレイ 

November 15 [Wed], 2006, 22:23
放置にもホドがありますね。

ありがちだけど、理由はmixiでございます。
あちらには、あれこれ日記を書いていたのでございます。
こちらにコピペしてたのですが、その作業もしんどくなり・・・

もしmixiやってて、ここをご覧になってる方がいたら(いないだろーなー)
私の苗字(ひらがな)+ハンドル「まりん」で検索していただければ。

やってない方でしたら、お誘いいたしますわ。

放置すぎるのもどうかと思ったので、理由だけ書いておきました!
もし、見に来てくれてた人がいたらごめんなさい。

怖い・・・かも 

September 16 [Sat], 2006, 0:19
今夜起こってる周囲のざわめきが何なのか、不安に思いつつお風呂から出たところで、窓の外から聞こえてきた声で真相がわかりました。

なんと、下の部屋に空き巣が入った模様でございます。
ウチは、下一軒上一軒の一戸建てを2軒で住んでいるような家。

私はずっと家にいました。
ガラス窓が三角に割られ、部屋が荒らされていたようです。
怖いです。すっっっっごく怖いです〜〜〜
すぐ下で犯罪が行われていたなんて・・・

今日は天気が良いから、すべての窓を開けていました。
秋冬ものの虫干しで、ワンピースなどをベランダにかけていました。

何にも気づかなかった・・・・
明日警察が来るんだろうな・・・・

気が重いし、怖いです・・・(オチ無し)




玉川上水で出会ったネコ

福岡旅行のご報告 

September 14 [Thu], 2006, 9:14
行ってまいりました、福岡。
去年の6月に去って以来、初めての福岡入りです。

今回は女友達の誕生日&妊娠祝いと、男友達のBar開店祝い。

とりあえず今日は開店した「Clib Jam」というお店からご紹介。



このお店は以前日記にも書いた、福岡のマブダチが始めたお店。どんなお店かわからずに行って見たら・・・・本気のお店でした。

カウンターだけで、友達が一人で「おお、来たと??」って博多弁で迎えてくれる、ゆる〜い感じかと思っていたら、プロのスタッフ2人と、店長のヒロが「いらっしゃいませ」と紳士的にお迎え・・・

かなーーーーり驚きました。店内もすごく広くて素敵だし、私が感動したのは、あまりに「プロ」のスタッフ。たまたま、バイトの入らない日だったらしいので、プロだけしかいなかったということかもしれないけど。



カクテル担当の人が、1時間ほど経ったとき、私をじっと見て
「どこかで・・お会いしませんでした?」と言いました。
その瞬間、私も「そういえば!」と記憶の糸をたどったら、何と10年前に一度だけ行ったお店の人だったのです。
お互い、それだけで覚えてるのってすごいと思うんだけど。

料理も、これまた博多の屋台で鍛えたプロが作ってくれるし、本当におすすめ!天神からも歩いて行けるので、行ってみてね〜



***Crib Jam***

福岡市中央区今泉1-2-30-2F
092-715-0703

鎌倉観光のつづき 

September 06 [Wed], 2006, 11:11
翌日は葉山で、夏の終わりの海を楽しんできました。



もちろん透明度は最悪でしたが、海については見境の無い私。
海に入れるというだけで幸せなのでございます。



・・・で、戻ってから仕事に追われ、今日はビッグサイトへ石の仕入れに行き、明後日から福岡へ旅行・・という多忙なこのごろ。

本当は日記書いてる場合じゃないのですが、福岡旅行で上書きされる前に、ということで。

ビッグサイトでイベントがあるたびに会う、ある石屋のにーちゃん。本当のおすすめ品を私の前に持ってきてくれるのでありがたい。

ラリマーとエレスチャル、ベリルを購入。明日は超特急でこれらを加工しますデス。

鎌倉観光 

September 06 [Wed], 2006, 9:08
先週末、鎌倉観光に行きました。
はるか昔、連れて行ってもらったことがあるはずなのですが、海しか記憶に無く・・・

友達夫婦と湘南新宿ライナーで向かい、そこからは現地の友達と合流。車で案内していただきました。

贅沢な、高台の海が見渡せるレストランでのランチに、大仏見学。大仏の中は暑かった。



写真には撮ってないけど、長谷寺の展示室の「観音三十三応現身」がすごくよかった。久しぶりに引き込まれる感覚。



夜は、男たちの手料理でイタリアン三昧(これがメインのイベント)
女子二人は、椅子に根っこを生やし全く動かず酒を飲み、ボサノバを聴きつつ、おしゃべりしているだけという贅沢さでございます。
料理が好きな男たちは本当に素敵だ。



つづく。

計算できず 

August 17 [Thu], 2006, 20:50
数学で、難なく90点以上を取っていたのは中学までの話。
高校に入ると、教科書さえ見るのもイヤになり・・・

イヤなことには見向きもしないのが私の良いところ(?)
好きなことにはとことん立ち向かうのですが。

そういうわけで、計算できません。

8ミリと10ミリの丸玉天然石を4個ずつ使って直線18センチで作ったブレスの内周とか。

1連で48個の天然石で、きれいなものとあまりキレイじゃないものが8対2で、それぞれ1個あたりの金額を7対3で割り当てたいとか。

あーーーもーーーわか、らん!!

コレは方程式でどうにかなるもんですかね?
数学の教師だった父親にちらっと聞いたところ、内周を計算するには、それぞれの接点が真ん中ではなく少し内側になっているのがヒントだと。

答えをくれ。


5時起き 

August 16 [Wed], 2006, 7:14
なんとなく続いてます、5時(台)起き。
あ、そうそう。ひとりサマータイムは1週間弱で挫折しました。時差ボケで・・・
でも、日の出日の入の早い東日本にまだ慣れません。友達も「慣れるのにすっごい時間がかかった」と言ってたなぁ。

ひとりサマータイムがだめなら、自分が合わせるしか無いでしょう・・・

で、5時〜6時の間起きを続けてますが、やっと1日が24時間と感じられるようになりました。

友達が泊まりに来たり、そのまま別の友達と合流して飲み会が始まったりと楽しく忙しいお盆休みです。

3枚目の写真、私の最寄駅「国立」の駅(正面側)です。
本当に古いなー。建て替えが決まってるらしいけど、それも寂しいような複雑な気持ちで撮りました。





2日連続でとろけるスイーツを食べた♪


変えてみたい・・・ 

August 11 [Fri], 2006, 22:14
友達から「腕時計ってあなたにとって何?」と聞かれました。

「腕時計は、しないなぁ〜」と私。
「どうして?」

「だって、つけてると重いしウザいし邪魔になるし。それにつけるのもはずすのも面倒くさい。昔つけてたときは、楽器を弾くときにはずして鍵盤の横に置いたまま忘れたりしてよく失くしたし、失くすくらいなら最初からつけない」

と。

まぁ、よくある話で、この言葉そのままが「ナニか」にあてはまるという心理ゲームでございました。

「ナニ」かは敢えて書かずにおきましょう・・・・

当たってますわね、ええ、当たってますとも!

幸せそうな主婦の方だと「一生モノ」とか「無いと不安」とか、そういう答えが返ってくるんだそうな。

「ただのアクセサリー♪」とか「安〜〜いの買って使い捨てにする」とか、怖い回答もあるそうですが。

そういうわけで、「もうめっちゃ着けるのが嬉しいの!」の腕時計を自作してみましたデス。(悪あがき)

エレスチャル・ハーキマーダイヤ・アクアマリン・インカローズ・ピンクトルマリン・ブルームーンストーン・スギライト・ラピスラズリ・・・を使った贅沢時計。

嬉しいなー。もう腕時計大好き!見てるだけで幸せになるの、なんて言ってやるわ。

ただ、この時計って元はあまり気に入らなかったのを、リフォームしちゃったんだけどね。
昔の彼が見違えて現れたらどうしよう。ははは・・・




散歩中にドングリが


復帰・・・の兆し 

August 09 [Wed], 2006, 21:28
先延ばしにしすぎて、すっかり遠ざかった日記再開です。
前回の日記、「祖父のお見舞い」に帰る日、飛行機に乗る前の羽田空港で、祖父が亡くなったことを知りました。
そういうわけで、お見舞いではなくお葬式での帰省となったのです。

祖父が亡くなった事に関しては悲しいことですが、通夜の日には、私たち兄弟がずっとそばにいて思い出話をしたりして、ゆっくりとおじいちゃんを送り出してあげられた気がしています。
だけど、そのほかのことで私は暗黒の世界に入っておりました。

「怒り」という感情は、私をひどく疲れさせます。
その感情を持続している、という現実もまた、二重に私を苦しめます。

気分を変えなきゃいけない、そのことの渦でぐるぐる回ってばかりじゃ、客観的な判断ができなくなると思っても、次から次へと出てくる心のおしゃべりを止めることはできませんでした。

だけど数日前ライブに行って音を楽しみ、その後海に連れて行ってもらい、あげく「毒だらけ」の私の話まで放出し・・・
心の「暗いおしゃべり」はぴったり止まりました!

葉山の海からは富士山が見え、シュノーケルでのぞいた海の中には、オレンジの魚の大群や黄色と黒のシマシマの魚や、フグまでいました。
魚とたわむれ、耳元で波の音を聞き、空と雲のコントラストを眺めていたら、私が中心に戻るというか、ブレてた自分にピントが合ってくるというか、そんな感じ。

海に私を連れて行ってくれたのは、前々日にライブでも私を楽しませてくれた人です。おんぶに抱っことはこのことですわ・・・

こんなとき、ためらいもせず手を差し伸べてくれる友達がいてくれる幸せ。
暗黒の中にいながらも、この気持ちを「正確に」理解してくれる友達が何人も浮かぶ心強さは、私を救ってくれました。

いつもながら、私は何一つ力になっていない気がするけど、力強く支えてくれる友達に、とにかく『感謝』なのです。



富士山がうっすら





ひとりサマータイム実施 

July 16 [Sun], 2006, 23:42
この部屋に引っ越してきてから、ずっと考えていたことを本日より実施いたしました。

それは「ひとりサマータイム」

昨夜など、午前2時くらいからDVDを観始めたおかげで、寝たのはすっかり明るくなった5時半でした。

ますます加速する夜型生活・・・
そのうち、一回転して早起き生活に戻るかもしれませんが、それまで待てません。

そして、1年前までは福岡で暮らしていた私には、東の日の出日の入りの早さに驚いたこともひとつの要因。
こんな生活では、太陽の光を感じる時間が少なすぎるのよ。

「そうだ・・・うちの時計を全部2時間進めちゃえば!」

ひとりサマータイムが可能なわけは・・・

1.一人暮らしで同居人がいない(ネコ一匹のみ)
2.外に働きに出ていない
3.テレビが無い

このどれかひとつでも欠けていたら、無理かもしれませんが、偶然にも全部の要素がそろっているので、本日すべての時計を2時間進めました!

人との約束のために、パソコンと携帯のみ本当の時間のままです。

さて、これで私も少しは早寝早起きになるかなー。
こうやって書いてる今は、部屋の時計では午前2時前です。

うまく行くでしょうか。ジッケンジッケン!




吉祥寺でのライブの直前、大きな虹が出迎えてくれました
P R
2006年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:heartbook
読者になる
Yapme!一覧
読者になる