すっかりサボって、忘れてた日記ほど悲惨なモノは無い!! 

2007年01月14日(日) 2時27分
もう駄目っ、もう笑えない!何がって?私の日記よ。折角闘京に来て新しい高校に入って、いざ心機一転!日記でも書くかー…って意気込んでたんだけどー…すっかり三日坊主になっちゃったわ。日記帳も机の上で埃被って、気付けば他の本や何やらに埋もれて…。すっかり記憶から抹消されていたしね。
…んで、思い出しちゃったーというか、発掘しちゃった日記を見た日には…もう駄目ね、本当。私自身、もうどーしょーもないって言うか。
…うん、でも、こうやって見つけちゃったものは仕方ないし、これは再び続けろっていう神様の啓示かしら?…信じてないけどさ。

ええーと…そうそう、昨日は久々に夜の学校に出向いたのよね。此処最近は勉強とかが忙しくてさ。ん、別に赤点常習犯じゃないわよ?バカレンジャーなんて知らないんだから。ただ、前居た高校よりも、こっちの方が進んでるから、その差を埋めるのが大変なだけよ。
…話がズレたわね。昨夜、教室行ったんだけどー…誰も居なかった。皆勉強で忙しいのかしらね?一応ほら、学生だし。それに、生徒会で抗争も勃発してるって話じゃない。私は興味ないから、どうなってるかまでは知らないんだけどさー。暫く待って誰も来なかったら帰ろうかな?って考えたんだけど、意外と早く人に逢えたんだよね。
なんか熱い男だったよ。腕や足に、なんか鎧?っぽいのを仕込んでるみたいでさ、如何にも熱血馬鹿ーって感じでさ。抗争があるから人減って、殴る相手が少なくなったって文句言ってんの。どうなんだろうね?私には良くわかんないけどさ。
まー、その後は戦う事になったんだけどね。「俺が勝っても権限はいらない、とにかく戦いたいんだ…!」みたいなノリで。軽々しく戦うのは正直好きじゃないけど、私も久しぶりだったしさ、それに、権限を考えなくて良いのは嬉しかったかな。
…だってさー、やっぱ不安じゃん?負けたらーって考えながら戦うのってさ。そりゃー負けるつもりで戦いはしないけど、不安なものは不安なんだよ。
ただ熱く戦いたいって気持ちは、まぁまぁ理解出来るかな?私向きの考えじゃないけどさ。

…んで、どうなったかって?
もち、勝利!!
いやー久々に実戦で銃使ったから、危なかったけどね?なんとか勝てたよ。
流石に相手も相手だね。馬鹿正直なのは性格だけじゃない。クラウチングスタートだっけ?駆け出す姿勢を最初から見せるんだもん。何するのか丸判りだけど…判ってるから対処出来るって問題じゃないんだよね。
私が狙ったのは相手の膝だけど、当らなかった。掠っただけで、当然、相手は止まっちゃくれない。しかも、相手の蹴りにはなんか嫌な感じがした。きっと、眼には見えない不思議なパワーがこもってたんだろうね。実際に、そうだったし。
私は傍にある机を蹴り飛ばして盾にしたんだよ。その盾が粉々に砕ける相手に横に転がって…二丁拳銃一斉射撃!…で、THE END。

いやー久々の勝利の味は良いけど、難なのは…なんかライバル?認定されちゃったって事。次会っても戦いそうな予感なんだけどー…んー…なるようにしかならないかな?
まー、今度も勝つけどね。覚悟しときなよ、永倉ぁっ♪

気付いたら目がチカチカで髪の毛爆発ぅ〜!? 

2006年12月08日(金) 0時37分
 闘京も寒くなってきたけど、私の故郷(根室)の寒さには及ばないかな。…なーんて言うと大顰蹙買いそうだね、うん。そんな感じで今日も寒かったけど、何か教室行ったらさ、斎賀と田尾が居て外見てるの。そしたら、雪降ってんだって。この時期に闘京で雪降るなんて聴いてないよー!状態だったんだけど、なんとか直ぐに止んでくれたみたい。私嫌だったのよ、根室から闘京に引っ越して早々に闘京でも雪掻きやんのさ。

 教室では田尾にJJSとかいう団体が主催しているイベントの話聞いたり、斎賀が電話で呼び出されていなくなって、その後直ぐにやけにくr(自主規制)そうな先輩がやって来たんだよね。名前何て言ったっけ?ひ…ひ…ひこ?じゃないよね。嗚呼、そうそう、桧山だ。桧山先輩。刀みたいなの持ってたけど、古風って言うのかやっぱりn(又自主規制)そうな人だったなー。
 そんなかんなで桧山って先輩が立ち去るのと同時に斎賀が戻ってきたんだよね。それも全身にバチバチ放電しちゃって、何かあったみたいでちょっと恐かったよ、あれは。だって少しでも触ったらそれこそ感電しちゃうしね?…って結局は感電したんだけどさ。
 私は実は一度斎賀と試合したんだよね。でも、何か斎賀のトラウマ?に触れちゃったのか途中で中断、それ以後お流れになってたんだけどー…漸く、再戦の運びとなったんだよ。いざ決着を付けん〜って感じで。

 ……んで、どうなったかって?

完 敗 し ま し た 。

 ほんと、全然手も足も出なかったよ。この前は私から行ったからかな?巧く機先を制する事は出来たんだけどー…今回は全然っ駄目だった。最初に飛んで来た電撃の矢を、そこら辺にあった椅子を蹴り飛ばして防ぐので精一杯。普通の弓矢だったらさ、私の拳銃で撃ち落す事は出来るんだろうけど…電気相手に全然無理。そのまま接近を許せばもう一方的。電撃纏った薙刀で右肘斬られて痺れて、更に今度は電撃の剣?なのかな。右肩ばっさり斬られてTHE END。本物の薙刀や剣じゃないから斬られても血は出ないけど、その代わりに全身がビリビリビリ〜〜って痺れてもう大変っ!目の前は真っ白になるし、身体はビクビク震えて言う事聞かないしさー。

 倒れた私を斎賀は抱きとめてくれたみたいだけど…斎賀、あれわざと?まだ電撃纏っててまたしてもビリビリ…。何か言っていた気はするんだけど、御免、全然っ聞こえなかった。だって耳の奥でザワザワ雑音が酷いんだもん、聞こえるわけないよ。
 結局そのまま気を失ったらしく、気付いた時には保健室のベッドの上で。私の拳銃も、荷物も全部傍に置いてあった。誰が運んでくれたんだろう?やっぱり斎賀かな?それとも通りかかった誰か?

 試合だから仕方なし、負けたんだから尚更だけど…酷い目にあったってのが正直な感想かな?でもまー勝ったのが私だったら、斎賀に銃弾ぶっ放してだろうし、そういう意味じゃお相子に近いのかな?でもでも、暫く電気恐怖症になりそうだよ…。

 最後に…目を覚ました後、鏡見たら…髪の毛が少し焦げて立ってました。…短くて良かったと言うべきなのかな?これ………

内臓ブチ撒けて死んだ方がマシ!!! 

2006年12月07日(木) 2時17分
背中に背中に背中に…。
制服をクリーニングに出して、お風呂入ってしっかり身体洗って…嗚呼、もう最悪ー!!!!!

人身事故と銃刀法違反、ついでに殺人未遂!? 

2006年12月06日(水) 4時36分
 夜の学校に出向いたんだけど誰も居ないんだね?この学校で今まで夜中でも人が居たからそれが当然と思っていたんだけどさ、よくよく考えればこれが普通だよね?
 うーん、やっぱしこの学校は普通じゃないと判っていても、それでも何処かは普通なんだなーと気付いた一夜でした。
めでたしめでたし……

とは行かないんだよね?これがさ…

 学校からバイクで帰る途中に海岸通るんだよ。でもってさ、なんか砂浜に下りる途中にある石段に人影(以下O氏)発見ー!そんな感じでライトと視線を向けたんだけどさ、そしたら!もう一人、ライトが照らす道路に人(以下Y氏)が居たの!歩道歩けってんだよー…なんて文句なんて言う暇もなくて、慌ててブレーキかけてハンドル切ったんだけどー…
 あっちゃー!見事にタイヤがスリップ、もう一大事!下手すれば道路に居た人をドッカーン!て轢いちゃうし、そうでなくてもガードレールに激突じゃん?私の大事なバイク台無しーっていうか、人轢いたらそれこそ犯罪!事件だよ、事件。私容疑者になっちゃうー!?

 実際には人を轢く事もなく、ガードレールに激突する事もなく、私を乗せたバイクは石段から砂浜へ向けて勢い良くダイブッ!跳んだぁっ、私は鳥に…なれるわけないよね?見事にバイクは砂浜に前輪から突っ込んで、私はその拍子に前へ吹き飛んで砂浜へドッスン!そしてゴロゴロゴロ…。結構痛かったんだよ?鍛えるって言っても、女の子だしー…。なんか、説得力ないよね。ゴメン。

 兎に角兎に角、怪我らしい怪我は無かったんだけど…その先がもー訳判らないし、私も頭ゴッチャゴッチャー!行き成り背後からY氏にパンツ見えてるとか言われてさ、思いっきり動転しちゃって…あろう事か拳銃抜いちゃったんだよねー。そんで背後に居るY氏に銃口突きつけちゃったし…。よくよく考えれば、私スカートの下にスパッツ穿いてるから、パンツ見えるわけないっちゅーの!
 結局私の勘違い?だったみたいで凄く恥ずかしかったしー、もう笑うしかないって感じ。笑って済まされるのかはー…うー…駄目だったかも。でもでも、なんかO氏に笑われるし、もっと良く判らなくなって…またまたやっちゃいました。
 二丁拳銃、O氏の足下目掛けぶっ放しちゃいました。Y氏に突きつけるだけでも一大事だってのに、更にO氏に発砲。こりゃ大変だぁぁ…。
 それでどうなったかって?なんと、O氏は綺麗に避けて、おまけに私の喉元に黒い刀を突きつけちゃったのよ。もう緊張しまくり。先に拳銃ぶっ放した私の台詞じゃないけど、こりゃ死ぬなー…って本気で思いかけ瞬間。せめて道連れにーなんて考えもあったけど無理そうでさ。本当に最期かなー…ってそれこそ諦めかけてたんだけどー…見逃してくれました。
 正確に言えば私が拳銃を下ろせば、O氏も刀を下ろしてくれただけなんだけど。でもビックリー。最初O氏、黒い刀なんか持ってなかった。何か不思議なパワーで刀を出したみたいだけど、刀使いじゃー…ないみたい。最初にもし持ってるって判ってたら、刀目掛け撃ってたか…懐に飛び込んで殴りかかってたね。でもどのみち、結果は変わらない気がしたけどー…。

 まー…今夜その、私の未熟さをありありと思い知らされた一日でした。もっと慎重に、冷静にって心掛けてるんだけどさー…心掛けてるだけじゃ駄目なんだね?しかもかなり暴走キャラになってるし、もう疲れたから早く寝ようかな。それが良いよね。そして心機一転、起きたらまた元気に頑張るんだ。まる。

ビックリ暁天ぶったまげちゃった。 

2006年12月05日(火) 18時35分
 闘京の戦国学園に転校して数日。田舎に居た時からさ、色んな話は聞いてたよ?そりゃ。ナイフや刀は当たり前、銃や重火器だってOKだって話じゃないの。おまけに電撃だとか不思議なパワーとかさ、そんな情報は当然入手して居たさ。
だから転校したってのもあるんだけどさー…さー(エコー)

で・も・さ!

 いくらクリスマスだからって、校内でサンタの格好した同級生を見るなんてビックリだよ。私一瞬、自分が何処に居るのか判んなくなっちゃったよ、まったく。
 あれは私がまだ小学生の時かな?クリスマス会みたいなのがクラスであって、皆でサンタの赤い帽子をかぶった憶えはあるんだよね。
でもやっぱし、今はちょっとねー。そりゃまー仲の良い友達同士でワイワイやる分には少し位かぶって愉しむのも悪くないと思うよ?ノリだって大切だし、やっぱ雰囲気も大事だと思うからさ。

 あーえっと、なんだっけ?お茶の名前だと思ったんだけど、その会長さんで、イベントがあるからその宣伝活動だってね。会長自らキャンペンガールってのも大変そうな話しだけど、そこまでするかなー?ってのが私の正直な感想かな。
 本人が楽しんでるなら、それはそれで私がとやかく言う事じゃ無いんだろうけどさ。でもさーあれが変なんだよね?まさか、此処って普通に学校内でコスプレとかしてないよね?少しだけ不安に感じちゃったよ。やっぱあれ?闘京だから秋○原とかの影響?ちょっと私は勘弁だなー…