そんな私が 

2006年01月20日(金) 13時30分

大嫌いだ。

皆の前では
強がって
けなして
もう全然好きじゃありません?
って虚勢を張って。

本当は、まだ好き。
馬鹿馬鹿。
早く忘れてしまえ。

せっかく止めたのに
いつも
いつも
頭に浮かぶのは彼のことばかり。

もう話す勇気は無くて。
メッセを稼動できなくて。
あれも本当はコンクールのためじゃなくて
もう彼を忘れたくて
少し止めようって思ったから。

狂おしいほどにこの胸は悲鳴をあげて泣いているけど
言葉にすればその関係は消えてしまう。
言ってしまったら彼はいなくなってしまう。
言ってはいけない、禁断の言葉なのだ。
言えば楽になるけど、ずっとしまっておかなければいけない。
「好き」って凄く重い言葉なんだなぁ。

今思うと親切だったなぁって。
ファイルを送るためだけに早く帰ってきてくれたりとか。
「○○のために用意しておくわ〜」とか言ってくれたり。
少なくとも、嫌いだったらそんなこと言ってくれないよね、とか。
まだ期待してる。馬鹿だな私。

彼は
誰にでも優しくて
誰にでも甘い言葉を言うんだ。
誰にでも…言うんだ。

彼の本気がわからない。
あの言葉は本気なの?
信じていいの?
でも決定的なこと、言った。
否定することを言った。
やっぱり、ワカラナイ

もう疲れた。
でも貴方に会いたい。
忘れたいのに貴方に会いたい。
苦しい。

来年の冬、全てが決まる。

こんにちは、ヤプログ☆ 

2006年01月18日(水) 16時26分
あっちにいるのはとっても辛いのでこっちに逃げてきました。
皆の前では平気を装ってるけど、やっぱり辛い。
今まで、どれだけ犠牲にしてきただろうか。

皆と同じように平凡でありたかった。

バイトとコンパに明け暮れる日々。
いつだって友人に会える環境。

自分で選んだ道だっていうのは痛いほど分かってる。
私がしたいことなんだって。私の追いかけてる夢なんだって。

今度は自分の思いを犠牲にする。自分の中では運命の人。
諦めるのはとても、とても苦しい。
大嫌いになりたいのになれない自分が憎い。
自信をくれた彼。自分を信じる、ということをくれた彼。
おかげで私は少しだけ、強くなれた。自分を好きになれた。
でも、きっと彼は私を愛してくれない。
友達でいいじゃない、って何度も自分に言い聞かせた。
凄く気が合うから絶対にいい友達になれるじゃないって何度も思い込ませた。
でもまだ駄目だ。まだ彼が好きだ。

ピアノをしているときだけ、やっと忘れられる。
ピアノをやっていてよかった。
ピアノをやっているから、ココにいるのだけれど。
でも、ピアノがなかったら今の私もないのだから。
彼にも出会えてなかった。
偶然は必然。
出会うことは運命だったけど、叶わない夢でした。

いつか
いつか
貴方に出会って
本当にココロの底から笑って
イイお友達になれる日がきますように。
 
P R
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:heart_trans
読者になる
Yapme!一覧
読者になる