全部、全部抱きしめる 

May 02 [Tue], 2006, 20:04
月夜が私の不安を照らす

ここは、


「終わりへの道」なの?

「始まりへの道」なの?


そんな不安が抱えきれないくらい、溢れてる



君との、始まりを

一人思い出しながら進む

どの道を進めば、そこへ行けるのかな

どの道も絶望への道に見えるよ




上手くなんていえないよ

笑ってもいえないさ

蓋を出来ない、この不安とともに

あふれ出す「スキ」を

君はどうするのかな



全部、全部抱きしめて欲しい

わがままな、僕の想いを

君が抱きしめてくれたなら

不安だって、消えてくれるかな

キセキ 

May 01 [Mon], 2006, 19:38
「キセキ」なんて信じてないよ


瞳に映らないその、言葉に


意味なんて無いと、笑ってた


信じることは、もう出来なくて


疑うことばっかり、してた


ズキズキ、音を立てて壊れてく胸



「キセキ」なんて信じてないのに、


涙が出るほど、「キセキ」が欲しいよ


誰が、起こしてくれるの


君しかいないね



君が起こした「キセキ」


今、初めて信じたよ

光−ヒカル− 

April 28 [Fri], 2006, 20:48
黒い夜の海は

君の瞳に映すと、輝きを増すよ

きらきら、と気まぐれに光る

瞳の奥には、Only You

あの人、しか映らない事を

僕は、もう知ってる



流した涙でさえ

果てしなく美しい程に光る君を

愛おしく、感じる

手に入らないと、わかった

だからその光をずっと浴びたい

君のように、儚く光るモノを

僕は知らない

マーメイド 

April 24 [Mon], 2006, 21:01
ただひたすら呼吸だけを繰り返す

同じ「それ」をひたすら繰り返す私は

何を忘れてしまったのだろうか



やがて呼吸さえも、苦しくて

「その」感覚さえも忘れてく

瞳を閉じて、君を描く、その感情だけは

まだ忘れない



少しだけ、薄れる体の感覚

もっと強く甦る、君だけが

私が忘れたものを君が持ってる



私が欲しい、それを

次に瞳を開けた時に

手に入れられてるかな―




それを持って君に逢いにいくよ

The goddess who met in a dream 

April 23 [Sun], 2006, 19:30
夢で逢った君の顔が

記憶の隅に、残る

思い出すと、高まる体温

一人でに、体が君を求める



夢で君と向き合った

呼吸するのも、ためらわせる程のその瞬間

儚くて、愛おしい、その瞬間を

もう一度感じたい

喉が詰まる程、苦しいのに

何故、こんなにも感じたいんだろう



少しだけ、君に触れた時

君は壊れてしまった

笑いながら、壊れた君の

最期の、あの顔だけは忘れない




今も君の夢を見る

出てくるのは最期の、あの顔だけ

それでも、僕は幸せを感じる

涙が溢れる程の、幸せが

初恋 

April 22 [Sat], 2006, 22:11
気づいたら、そう、だった

逢う度、また少しずつ気づく

ドキドキと、音を立てる胸が

教えてくれる



紅い頬も、潤んでく瞳も、早くなる鼓動も

膨らんでく、胸も・・・

全部全部、君のせいだと、君は気づいてるの?



指先と、指先を合わせた時

優しく、笑った君の顔に

気づかされた



どうしてかしら?

君の隣で、歩く私の姿を思い浮かべると

夜も眠れない私に

「おやすみ」と、一言云って欲しい



「アイシテル」なんて、云えない

不安だらけな、この想いを

君が気づいてくれるまで

少しだけ、待っていたい



朝日 

April 22 [Sat], 2006, 21:48
朝の日が昇る

隣を見つめると、君の匂いが少しだけ

僕の、前を通り過ぎる


僕の隣に君がいる?

そんな錯覚を覚えるような

怪しげなこの匂い

感じると、欲しくなる


だけど、欲しくなる、けど

届かない、から―

また、朝日が昇るまで

瞳を閉じて、君の夢をミル


もう一度、瞳を開けた時に

朝日に照らされた君を描く

It's Bond 

April 20 [Thu], 2006, 19:47
何となく、そこに在る

何となく、繋がってる

I don't know

その、意味を

それでも少しだけ信じてる



カタチなんてそこには無い

信じることがBond

たとえば、ともにlaugh

たとえば、ともにcry

たとえば、ともにfeel

それでJOYを感じられるのなら

それだけで僕らのBondは、在ると、想える



手を握ると、空っぽ

手を伸ばすと、少しだけ感じる君の温度

I belive you forever

and bond with you

PRIDE 

April 20 [Thu], 2006, 19:22
あの日見たあの夢、今も忘れてない?

あの日誓った夢、まだこの胸にある


何度も何度も立ち止まった

迷いもした、でも

立ち止まったら負けじゃない!

後ずさりしたら、そこで負けだ

立ち止まってもいい

少しずつでいいから、前へ進む



くだらないPRIDE それでもいまさら捨てられない

ならばせめて、このPRIDE崩さないように

たった一つの”WIN”目指すだけ



めまいがするほどの”LOSE”はもうたくさん!

僕らのPRIDEは涙の塊だ



負けたって、辛くたって、悔しくたって

僕らはもう、戻れない



NEVER LOOK YESTERDAY

ALWAYS LOOK TOMORROW

AND...GET GLORY!



こんなのただのPRIDE それでも絶対捨てられない

せれならせめて、このPRIDE誇れるように

たった一つの”WIN”掴むだけ



でも、きっと一人じゃないだろ?

With you together

forget YOU not 

April 19 [Wed], 2006, 21:41
目の前が真っ暗


視界がぼやけて何も見えない


君が私の前から消えたあの日から


全てが真っ暗なの




光も音も何も無い


私の世界


”I cannot see the front”


そう、叫ぶけど


そうだった


ここは、光も音も無い真っ暗な世界




どうすれば、抜けられるの


雨でもいいから光を見せて


悲鳴でもいいから、音を聞かせて




君を忘れる?


そしたら前も見えるかな


”Forgive me who demand light than you”

”Forgive me who demand a sound than you”


ねえ、今度見える光が星になった君だと


今度聴く音が君の声だと


そう、信じていたいから
最新コメント
アイコン画像仁菜
» PRIDE (2006年04月22日)
アイコン画像
» レモン (2006年04月19日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:heart-of-shine
読者になる
Yapme!一覧
読者になる