ここに書くのも二年ぶりか。 

November 09 [Mon], 2015, 12:55
結婚半年。

のろける場所がないのでここでのろけることにする。

相変わらず、あの人が大好きです。
今日は文化祭の振り替え休日。
あの人は仕事に出ていってしまいました。
寂しい。

あの人は仕事もすごく頑張るし、
私がダメ嫁でもいつも暖かく見守ってくれる。
料理も、少しずつだけど上手くなってきた。
でも、あの人の工夫料理にはまだまだなかなか敵いません。

私が勉強できないでダラダラしてても、そろそろ勉強はいいの?って聞いてくれるし、
プラン立てるのが下手でも、提出期日を確認するのが下手でも、いつも一緒に調べてくれます。
勉強と家事を両立できない私のために、いつも家事をやってくれます。

こんなに素敵な人は、生まれてから25歳になった今までも一度も会ったことがないし、多分この先も無いでしょう。

いつもしてもらってばかりで、頭が上がりません。

いつも私だけを見てくれて、
なおかつ周りのことにも気を配れる。

私の友達とも積極的に付き合ってくれて、
友達との集まりにも私を呼んでくれる。

いってきますとただいまのときはいつもキスをしてくれる。
作った料理はいつも誉めてくれる。

ただいまぁって、みーみーした声がすると、玄関でキスをして中に入って、一緒に夕飯の支度をする。
ご飯が食卓に並んだら、テレビでアニメをかけて乾杯。
アニメを二本ほど見るとご飯が食べ終わって、そのあとはひたすらあーでもないこーでもないと感想を言い合う。

四六時中べったり甘えてもちっとも嫌そうじゃないところも好き。

土日は二人とも退屈屋だから、どこかに出掛ける。
友達を誘ったり、二人でデートしたり。
サイクリングもたまにする。

前と違って毎日夜には会えるというのに、仕事をしていても遊んでいても、いつもあの人のことを考えてしまう。
帰りが待ち遠しくて仕方ない。

いつか子どもが産まれても、あの人なら大丈夫って思えます。
例えその子がADHDでも、アスペでも。

こんな生活が、一生続きますように。

もう… 

September 06 [Thu], 2012, 14:21
もう、今の私じゃ役不足なのかな……。

いろんなところで、彼が私のことを子供だなあって思いながらいらついてるのを、最近感じる。

彼にとっては、私なんかよりずっと精神的に大人の女性の方がいいんじゃないかって、最近思う。

私、成長してないし。
でも、どうしたら私の人間性が良くなるのか、わからない。
私自身がダメすぎて、なんかもう……。

泣きたいよ。
死にたいよ。

彼が居なくなったら死んじゃうって思ってた。
でも、彼が私の前からいなくなるのを見るのは、死ぬより辛い。

そんなんなら、私が先に死ぬ。

嫌い 

August 14 [Tue], 2012, 0:30
嫌い嫌い嫌い大嫌い

パパもママもお盆もイベントもなにもかもみーんな全部嫌い嫌い大嫌い嫌い大嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い大嫌い嫌い大嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い大嫌い

好き好き好き好き好き好き好き好き 

July 16 [Mon], 2012, 12:34
好きすぎてやばい

大好き

好き好き好き

あーもう好き

ごめんなさい 

June 10 [Sun], 2012, 10:40
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい

自由じゃない 

February 14 [Tue], 2012, 22:55
毎日自分勝手なことばっかりしてるのに、
私は全然自由じゃない。

家の中で一番勝手気ままに動いてるのに、
いつも自分自身の鎖に縛られている。

私は頑張ってない。
でも、頑張ろうとするとどうしてもそこに大きな壁がたちはだかる。
なぜか現実逃避からいつも逃げられない。

みんな誰も私のことは分かってくれない。
というよりも、こんないくじがない人は、他にいない。
だから、私の気持ちをわかろうったって、無理。
これは、私一人で頑張っていかなきゃいけない。

ママだって毎日体力仕事ですっごい辛いの分かってる。
それを癒してあげるのが娘の役目だということも。

でも、なぜか頼まれるとすごくストレスになる。
いやいやしかできない自分もいや。
やっつけ仕事でやることは失礼だということもわかってる。

私は冷たい人間だ。

頑張れば解放されることも知ってる。
でも、なぜか頑張れない。

寂しい。

誰も、頑張れない私そのものを受け止めてくれる人はいない。
いなくて当たり前だ。
だってそれはいけないことだから。
普通の人は、そうはならない。
昔そうだった人はたまにいる。
けど、やっぱり這い上がったコツを聞くと、「○○の「頑張れ」っていう声が力をくれたから」って口をそろえる。
私のエンジンは、その「頑張れ」って言葉に、あんまり含まれていない燃料を使っているらしい。
受け止めなければいけないエネルギーを、私はなぜか受け止めることができない。
結果、「あんなに応援したのに」って、みんな離れていく。

「頑張れ」って言葉って、私にはすごく重たく感じる。

みんなは辛いのに頑張ってる。私はそれをしてないだけなんだから。
私だけずるしてるんだ。 周りからは冷たい視線が集中して当然だ。

本当に誰もいないの?
私のように頑張りたいのに頑張りが出ない人。
でも、誰もそれを「出ない」とは表現しない。
それは「出ないんじゃなくて、出さないんだろ」ってことだから。
そう、頑張りは出るものじゃなくて、普通は出すもの。
自分から出すもの。

優しい人はいる。
一生懸命、私をそこから救いあげてくれようとする人は。
「頑張れ、頑張れ」って言ってくれる。

でも、誰も私の今いるどん底まで落ちてみた人は、やっぱりいない。
誰にも私の気持ちは分からない。
上から手を引いてくれようとする人はいても、下から押し上げてくれる人は、やっぱりいない。
いるわけがない。私は落ちるところまで落ちている、最低の人間なのだから。

どうしてなのか分からない。
「頑張れ」って言葉はすごく暖かいのに、それについていけない自分がいる。
「頑張れ」って言葉を聞いた瞬間に、「ああ、やっぱりこの人も私よりずっと頑張れる人なんだ」って思ってしまう。

でも、そんなこと言ってると、言われた相手は「私だって頑張れない中でも頑張ってやってるんだよ、バカにすんな」って言う。

私がいけないの?
頑張らない私がいけないの?
冷たい私がいけないの?

誰とも関わりたくない。
本当はもう一人きりで生きていたい。
誰かに叱られたり、励まされることにも疲れてしまった。
誰かがくれる折角の好意を踏みにじる行為も、もうこれ以上したくない。

誰とも話したくない。

でも、結局まだすがれる人間にすがってみてしまう。
同じ答えが返ってくることもわかっているのに。
また「頑張れ」って言ってもらって、その瞬間は暖かくて、また明日には出来るって思う。

でも、その「明日」が「今日」になってしまった瞬間に、それはもうすべて私の中でなかったことになってしまう。
意志が弱いから? みんなはもっと頑張るからなの?
頑張るってなあに? どこまで頑張ると頑張ったことになるの?

ママに聞いたら、「自分で頑張ったと思えるときだ」って言ってくれたけど、
それじゃあ私は今までの人生で一度も頑張ったことがないことになっちゃうの?

自分のこと認められない。

私は自分で「頑張った」と思えたことがない。

何かを成し遂げた、完成させたことがないわけじゃない。
でも、それを自分でほめるということがよくわからない。
ママやパパだって、ほめてくれたことがないわけじゃない。
でも、なぜかいくら人に褒めてもらっても、いつもそれは私の中で空虚だった。
だって、頑張るってどこからどこまでなのか分からないから。

何かを一生懸命やって、結果はいいにしろ悪いにしろ、
果たしてそれを頑張ったといえる程度のものなのかどうかを、
人に判断をゆだねないと分からない。
そして、人にゆだねて答えをもらっても、結局それって自分自身の中身の問題だから、
出された答えに対して「ほんとかよ」っていう気持ちがどこかに出来てしまう。
結果、何をやってももやもやする。

小さなことでいいっていう言葉もお約束だけど、
本当に小さなことでいいの?
それで誰かは認めてくれるの?

こんなこと言ってると、
「やってみもしないのに頑張ったかどうかなんてわかるわけないじゃん」って言われるよね。
それって、私は今まで一度も頑張ってないって言ってるんだよね。

「頑張る」なんて言葉大嫌い。
そんな定義がつけられないもの、安易に表現してほしくない。

どこかのHPが言うように、仮に「頑張ったかどうか」が「結果が出たかどうか」なのだとしたら、
私は無能だから結果なんか出せない。

それって、私は世の中に必要ないってことだよね?

どうして私は生まれてきたの?

大好き。 

April 05 [Tue], 2011, 13:59
この人が私の彼氏で本当によかった。

距離が遠いから押し掛けこそ出来ないけれど、
私が熱出したって言ったら、大丈夫?メールや風邪の対処メールとか、マメに沢山メールをくれる。

心から心配してくれてる気持ちが嫌でも伝わってくる。

具合悪いけどすごく幸せ。

彼のためにも早く元気な顔見せてあげないとね。

もうやだ… 

September 02 [Thu], 2010, 17:41
胸が苦しい。

彼のメールを読み返すたびに涙が出てくる。

変だよね。
こんなことで馬鹿みたいに悩んだりして…。
今の私はそんなに暇なのかな。
そうなんだろうな…。

もっと私も振り向いてもらう努力しよう。
お化粧したり、香水付けたり、おしゃれにしたり、清潔観念に気を配ったり、何より痩せたり。

なんかもう吐きそう。

やだなあ。悩むとすぐ体に出るタイプだよね私。。。

ペアのストラップの宝石が一個一個はずれていく様子は、まるであの人の気持ちが冷めていくカウントダウンみたい。
3つあった宝石はもうすっかり取れて、全部無くなっちゃったw

どうしよう?
私、彼が居なくなったら…死んじゃうよ?

生きていく意味なんてないもの。

嘘。
私が居なくなったら、ママを支えてあげて、ママの味方になってあげられる人は一人も居なくなってしまうから。
私は死なない。

彼のいない毎日かあ。
寝るとき、どうやって寝ればいいんだろう…?

考えたくもない。

私は彼をもう一度振り向かせる。

そのためには、もう少し気持ちに余裕を持って振る舞えるようにならなくちゃ…。

我が儘なの? 

September 02 [Thu], 2010, 8:40
通話してる時くらい構って欲しいと思ってしまう私は、やっぱり我が儘なんだと思う。

確かに、私が彼とスカイプして過ごす時間は寝る前の1、2時間と朝起きてから彼が仕事行くまでの間だし、長いのかもしれない。

でも…それを日記を書くことやコメントの返信に1時間以上も通話だけつないだまま「話しかけないで」っていう雰囲気を醸し出しながら使うことに、私は「寂しい」とか、「もっと話してよ」とか、そんな我が儘、やっぱり言えない…

彼にだって、時間に限りがある。
仕事だって忙しいんだろうし、少ない自由時間を全部が全部私と過ごしてたら、きっとなんにも出来ない。

それを無視して「構って」なんて、やっぱり言えない。

でも……
寂しいよ……

どうしたらいいの…?
寂しい………


今日もこのまま行っちゃうの?
ただ、「行ってきます」の一言だけを残して、行ってしまうの?


やだよ……

本当は凄く寂しい……

でも、私が今ここに書いているのはきっと、究極の我が儘だから…。

今日も笑顔で見送らなきゃ。
私は彼が一生懸命仕事に頑張れるように見守ってあげなきゃ。

私がただのストレスの元になる人物になってしまったら、それは……

もう… 

May 19 [Wed], 2010, 19:46
あいたいよー…

早くあいたいよー…
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:れもん
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 趣味:
    ・マンガ
    ・ゲーム
読者になる
ここの日記は本当にブルーになったときしか書かないので、大変ブルーな日記です。
ほぼ自分専用みたいな感じになってます。
間違ってここへ来られた方は本当に忘れてください;;
2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる