血圧降下に有効な食事療法
2016.07.29 [Fri] 21:11

食塩の制限
 高血圧対策といえば塩分をひかえるのはコレ常識。一日の摂取量は、6〜8g以下に抑えたいものです。
 料理の味付けをする際には、食塩以外の調味料・香辛料・香味野菜・果実酢などを取り入れるように心がけましょう。
 また、旬や出盛りの食品ならば、薄味でも充分においしく食べることができます。
 しょう油の使い過ぎにも注意。だし汁で割った「割りしょう油」を用いるとよいでしょう。

エネルギーの制限
 肥満度と平行して高血圧の頻度が高くなる傾向が認められます。
「少し肥りすぎかな?」
 と意識したら、低干不ルギー食にきりかえて、体重の減量を心がけてくださ
い。

たんぱく質の補給と脂肪・糖質の制限
 動物性脂肪の摂取を控え、良質のたんぱく質を多くとるようにしましよう。
 たとえば、肉類。
 脂身をさけて赤身のものを食べるようにしてください。また、魚介類、鶏肉、鶏卵、大豆や豆腐などは、良質のたんぱく質として好ましい食品です。
 とくにサバやさんまはオススメ。
 油については、多価不飽和脂肪酸の比率を考慮して、植物油を選ぶようにしましょう。
 糖質の摂り過ぎも禁物。
 体内で消費できない分が、脂肪に変化して細胞内に蓄えられ、肥満の原因になります。
 菓子類や嗜好飲料、果物などは、量を考えて摂取しましょう。

栄養バランスのとれた食生活を
 栄養バランスのとれた食生活をおくることは、健康維持の基本。
 ビタミンやミネラル、繊維質の食品を多くとるように心がけましょう。
 たとえば、新鮮な野菜類。また、きのこ類、海草。糖質の少ない果実は、各種ビタミンや無機質の供給に適しているとともに、食物繊維の摂取にも有効です。
 とはいえ、何事も腹八分目。多食はいけません。
 朝・昼・夜と時間を決めて規則正しく食事をとり、ゆっくり噛んで食べるようにしたいものです。
 昼食も外食を控え、栄養バランスを考えた弁当にするのがよいでしょう。





高血圧によく効くギャバロン茶
高血圧によく効くギャバロン茶