大手製薬会社の高血圧の薬

March 13 [Thu], 2014, 19:05
大手製薬会社のノバルティスファーマが販売する高血圧の薬について、厚生労働省は、皮膚が腫れるなどの副作用を起こすおそれがあるとして、製薬会社に対し添付文書に記載するよう指示しました。対象となったのは、東京・港区の大手製薬会社、ノバルティスファーマが販売し、国内で推計400万人が服用しているとされる高血圧の治療薬、ディオバンです。医薬品などの副作用を審査する医薬品医療機器総合機構によりますと、ディオバンは平成12年に販売が始まりましたが、それ以降、服用した患者のうち合わせて41人が、皮膚が腫れたり、爛れたりする症状を訴えたということです。Meizitang.機構が専門家に依頼して調査した結果、このうち18人は薬の副作用の可能性が否定できなかったということで、薬の添付文書を改めるべきだとする報告書を厚生労働省に提出しました。これを受けて厚生労働省は昨日、製薬会社に対し、添付文書に皮膚が腫れるおそれなどがあることを記載するよう指示しました。この薬をめぐっては、製薬会社の元社員が臨床研究に関与してデータを操作した疑いが出ていて、元社員が臨床研究に関わった複数の大学の調査委員会や厚生労働省などが調査を進めています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Sofialulululu
読者になる
2014年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/healthwellness/index1_0.rdf