さらば、ネバーランド。

January 05 [Thu], 2012, 15:45
変わりつつ時の中で、僕だけが、ぽつんとある地点に立ち止まり、そこで時が止まっている感じがする。

10年経っても、20年経っても、僕はまだ10代のまま。

成長したいけど、出来ない子供のままなんだ。

ピーターパンたちがいるネバーランド。

そこは子供たちの世界。

永遠に子供のまま。

しかし、実は大人になりたいときでも、大人になれない悲しい子供たちの世界なんだ。

だから、僕はネバーランドにいる、もう一人の僕を救うために、ネバーランドに向かった。

そこは、子供たちが、ただその時が楽しければいいという世界だった。

責任感のなければ、守るものもない。

ただ、その場が楽しければいいという世界。

僕はもう一人の僕と出逢う。

ただの子供だ。

相手のことなんか考えていない。

ネバーランドという環境に甘えている。

ネバーランドから出ることができないんだ。

僕は考えた。

ネバーランドを壊してしまうか、

またはピーターパンを追放するか?

このネバーランドを統治しているピーターパンが

いなくなったら、このネバーランドは崩壊するだろう。

もうそろそろ、ここの子供たちも、大人にしてあげないとかわいそうだ。

正義の味方の振りをしているピーターパンは実は、ただの現実逃避のひねくれものだった。

僕はピーターパンと戦うことにした。

剣を持って。

確かにピーターパンは強い。

でも、ここの子供たちともう一人の僕を救うために戦った。

船の先端まで追い詰められた。

もう駄目だと思った瞬間、フック船長が、助けてくれた。

あの鋭い手で。

フック船長の立会のもと、ピーターパンを追放することに決めた。

追放先は、地球。

そして、普通の生活と仕事をこなし、家庭を持つことを条件とした。

ピーターパンがいなくなったネバーランドは、すぐに崩壊した。

そして、ここの子供たちも地球での普通の生活と仕事を斡旋してあげた。

地球に行ってからも、なかなか世の中の厳しさに耐えるのが難しかったが、

暫くして、恋をして結婚して、守るべき家庭を持ったとき、一人前の大人になることができた。

大切なものがなんなのか?

自分以外の人を守るということが分かったとき、初めて大人になることが出来るのだと思う。

ネバーランドはネバーできてはいけないと感じた。

人は、いずれ大人になるのが自然の摂理なんだ。

自分勝手にはいかない。

相手のために生きることの方が美しいから。

さて、もう一人の僕はどうしたのだろう。

確かに地球で生活している。

まだ家庭は持っていない。

でも、やっと大人になりたいと思っている。

守るべきものを守らないといけないと感じてきている。

あとは、時が経っていけば、いつか一人前の大人になることができるだろう。

その時が来るまで、少し見守っていよう。

それでは、また未来で逢おう。



クリント・イーストウッドの映画はサイコー!

June 03 [Thu], 2010, 21:51
数あるアメリカ映画で、クリント・イーストウッドの映画は、どれも良い。

ハリウッド映画のほどんどはストーリー先行で、人の心の動きなどを感じられない。ストーリーが面白ければいいという考え方。

でもクリント・イーストウッドの映画は違う。

その時々で、主人公がどのような気持ちでいるのか?
また相手の人の心のありさまなどを感じることができる。

クリント・イーストウッドは年をとればとるほど良い映画を作る。

最近の作品では「インビクタス/負けざる者たち」があるが最高だった。

これは絶対映画館で見てほしい。元気が湧いてくる。

「ミリオンダラー・ベイビー」や「グラン・トリノ」も良かった。

「マディソン郡の橋」や「硫黄島からの手紙」は有名。

彼のすごいところは撮影のときに余分なカットは撮らないということ。

頭の中でシーンが出来ているので、必要なカットが分かっているから

ただカットを撮るだけ。のりしおの部分のほどんど撮らない。

だから撮影がものすごく早いのだ。

それで、あのような感動作品を作れてしまうのだからすごい。

彼はもう80歳。そのおじいちゃんが、世の中に残したいメッセージなんだと思う。

是非、彼の映画を見てもらいたい。そして感じてもらいたい。

春の雨を使って?

February 26 [Fri], 2010, 22:53
春の雨。
まだ、さくらが咲く前の春の雨。

ちょっと肌寒く、ちょっと心が潤う雨。

窓に滴る雨を眺めていた。

街の灯りもキラキラ光る。

水溜まりに写った自動販売機でさえ、綺麗に見えた。

春の訪れ。

冬の名残がまだある春。
ほんの少しだけ、心のキャンバスに色をつけてみよう。

絵の具をこの雨で溶かして・・・。

椎茸栽培初挑戦

January 27 [Wed], 2010, 4:09
久し振りの書き込みです。
標高1000mの八ヶ岳はとっても寒いので冬眠していました。

ところで八ヶ岳に移り住んでから9年が経ちます。今までハーブや野菜は育ててみたので今回は椎茸栽培に挑戦!
まず椎茸の菌をホームセンターで買ってきて、木は森にあったナラの木を使いました。
電動ドリルで穴を開けていき、その後椎茸菌を打ち込む。
あとは土に触れると湿気を吸ってしまうから下に台をかませ、椎茸菌を打ち込んだ木を置く。
そして枯葉を被せ、最後にブルーシートを被せて置く。そのまま5月まで置いておく。
それ以降は時期ごとに処理がある。木の組み方を変えるとは場所の移動とかいろいろ。
そして椎茸が採れるまで2年かかるのだ。
普段食べている椎茸もこんなに歳月がかかり食卓に届くと思うと育てた人に頭が下がる。
日常の生活で気にしていないけど、食卓に上がってきたものには多くの方が関わり、多くの生命が身を捧げている。
だからこそ、有り難くいただかなければいけないと思った。

多分、そのような気持ちが継続できたら病気にもかからず食べ過ぎもなく健康でいられるのだと思う。
今回、椎茸さんから教えてもらったことでした。

短編小説「名もなき一枚の葉っぱ」

November 04 [Wed], 2009, 17:32
木の葉が落ちている。最後の一枚が枝から離れるころ、冬が訪れる。

僕は大きくもない小さくもない山もみじの葉っぱ。
もちろん名前なんてない。
だってただの一枚の葉っぱだから。

でもね、こうみえて一生懸命生きているんだ。
雨の日も強い日射しの時も台風の時も、枝から離れることもなく、一生懸命生きているんだ。

僕は山もみじだから、森の中にひっそりと生きている。
なかなか人が訪れなあから、綺麗とか言ってもらえない。

もしかしたら一生誰にも見られることなく散ってしまうかもしれない。

それでもいいんだ。
一生懸命、二酸化炭素を吸い込んで、酸素を吐き出す。
地球にとってはほんの小さな存在なのかもしれない。
もしかしたらたった一枚の葉っぱの僕なんていなくても何も変わらないのかもしれない。
酸素を吐き出す量なんて僕だけならたかが知れてる。

地球のためになんて塵一つもなっていないかもしれない。

だけど生きている。
秋になれば、僕も真っ赤に燃え上がり宙を舞う。

春から秋にかけて7ヵ月の一生だけど僕にとっては大切なものなんだ。

人間は僕のことなんてチッポケで気にも留めないだろう。

でも分かって欲しい。
僕も生きているんだ。何かの役に立ちたいと思い生きているんだ。
もう冬が来る。
僕の一生も終わりを告げる。
今真っ赤に燃え、最後の灯火に入った。
もう鳥さん達の楽しいお喋りや虫さん達の運動会も見ることは出来ないけど、楽しかった。
葉っぱに生まれて良かった。
この地球に生まれて良かった。

生きられて良かった・・・。

短編小説「満月に向かう流星」

November 04 [Wed], 2009, 14:27
僕は今でも覚えている。
満月のときに北の空に現れる大きい流星を。
前見たのは今から14年前。
流星というよりも、月に向かって飛んでゆく銀河鉄道のような感じだった。
ゆっくりゆっくり進んでゆく夜行列車のように。

僕にはおじいちゃんがいた。
僕はおじいちゃんが大好きでおじいちゃんこだった。

おじいちゃんはいろいろなことを教えてくれた。
天体のことや星座のこと。なぜ月はいくら一生懸命走ってもついて来るのか?
街灯や家の明かりは歩いてゆけば、どんどん遠ざかるのに、月はいつまでもついて来る。
おじいちゃんがいろいろなことを教えてくれたけど、半分は理解できなかった。

特に理解できなかったのが、人は死ぬと何処にゆくのか?

おばあちゃんが亡くなったとき、おじいちゃんが言っていた。

「おばあちゃんは月に帰ったんだよ。人は死んだら月に帰るんだ。」

全く分からなかった。
なぜ月に帰るのか?
どうやって空にある月に行くことが出来るのか?
飛行機に乗っていくのか?
全く分からなかった。
おじいちゃんに聞いてみると、満月の夜にバスが出るんだよ。
市役所の前にバス停があって、おばあちゃんはそれに乗って月に行ったんだよ。

今でも覚えている。
満月のときに北の空に現れる大きい流星を。
前見たのは今から14年前。
流星というよりも、月に向かって飛んでゆく銀河鉄道のような感じだった。
ゆっくりゆっくり進んでゆく夜行列車のように。

僕にはおじいちゃんがいた。
僕はおじいちゃんが大好きでおじいちゃんこだった。

おじいちゃんはいろいろなことを教えてくれた。
天体のことや星座のこと。なぜ月はいくら一生懸命走ってもついて来るのか?
街灯や家の明かりは歩いてゆけば、どんどん遠ざかるのに、月はいつまでもついて来る。
おじいちゃんがいろいろなことを教えてくれたけど、半分は理解できなかった。

特に理解できなかったのが、人は死ぬと何処にゆくのか?

おばあちゃんが亡くなったとき、おじいちゃんが言っていた。

「おばあちゃんは月に帰ったんだよ。人は死んだら月に帰るんだ。」

全く分からなかった。
なぜ月に帰るのか?
どうやって空にある月に行くことが出来るのか?
飛行機に乗っていくのか?
全く分からなかった。
おじいちゃんに聞いてみると、満月の夜にバスが出るんだよ。
市役所の前にバス停があって、おばあちゃんはそれに乗って月に行ったんだよ。

その後、僕は夢でおばあちゃんが市役所の前のバス停で月行きのバスを待っている内容のものをよくみた。

僕は「おばあちゃん行かないで!」って泣いて叫ぶのに、最後にはおばあちゃんはそのバスに乗って行ってしまう。
僕はよくその夢を見て泣いていた。

それを知ったおじいちゃんは僕をおじいちゃんの布団に呼んで、しばらくは一緒に寝てくれた。

今でもはっきり覚えている。

黄金に輝く綺麗な満月の日に生まれて初めて流星を見た。

その流星は月に向かっていた。

ゆっくりゆっくりと。
よーく目を凝らしてみると、その流星は光輝くバスのようだった。
とっても綺麗でなぜか切なかった。

そして次の朝、大好きな僕のおじいちゃんが亡くなっていた。

僕はまたおじいちゃんを止めることが出来なかったんだ。

市役所の前のバス停に行かさないですめば、おじいちゃんは死ぬことはなかったんだ。

僕は泣いて泣いて後悔した。

あれから14年。

今でも満月を見ると北の空を眺めてしまう。
あの流星がまた現れるのではないかって思ってしまう。

あの時おじいちゃんが教えてくれたことは、ほとんど分かるようになったけど、未だに分からないことがある。
それは、人は死ぬと何処に行くのか?
それと、死んだ人とはもう一生会うことが出来ないのか?

おじいちゃんに会いたい。

何故か満月の夜はおじいちゃんに会えるような気がしてしまう。

風に乗って月から舞い降りてくるように。

(短編小説)時の鐘が鳴っている

September 09 [Wed], 2009, 0:08
時の鐘が鳴っている。この鐘の音は、幾千もの世界に響き渡る。
そして僕の世界にも響き渡る。
時の鐘。
世の中の風が変わるときになる合図の鐘。
海が荒れだし、空には赤い月が昇る。

僕の世界には大きな壁がある。
それは、僕の世界を取り囲む要塞の壁のよう。
ドーム状に覆われているから、外敵から身を守ることが出来るのだ。
僕の世界の中心には大きな水晶のような「ココロ」というものがある。
時の鐘が鳴っている。この鐘の音は、幾千もの世界に響き渡る。
そして僕の世界にも響き渡る。
時の鐘。
世の中の風が変わるときになる合図の鐘。
海が荒れだし、空には赤い月が昇る。

僕の世界には大きな壁がある。
それは、僕の世界を取り囲む要塞の壁のよう。
ドーム状に覆われているから、外敵から身を守ることが出来るのだ。
僕の世界の中心には大きな水晶のような「ココロ」というものがある。
ここの住人はそのココロを守るために生きている。
まるでサムライのごとく男らしい人ばかりだ。

その水晶には傷がある。
住人は、その傷のことをちゃんと覚えている。日にちも内容も。
まるで天災があったときのように語ってくれる。

でも僕は知っている。その水晶のようなココロは、この壁を壊し、住人を眠らせ、空に輝く星を見たいと思っている。
また、真っ青な空に爽やかな風感じ、胸いっぱい美味しい空気を吸い込みたいと思っている。
だから、僕はその想いを叶えてあげたいと思った。
それは、非常識なことだとはよく分かっている。
どの世界も要塞のような壁に包まれている。その要塞からココロを出したら、それは死を意味する。
しかし、僕はその想いや夢を叶えてあげたいんだ。

僕は計画を立てた。

時の鐘が鳴り始めて3日間は住人たちは祭りに入る。
それは、次の世が良い世になるように、天の神にお願いするお祭りだ。
酒を交わし神輿を担ぎ、休みなく花火が鳴り響く。

この時を狙うのだ。

住人たちは、浴びるほど酒を飲み、夜にはぐっすりだ。
そこで花火が上がっているときに、その音にぴったり合わせて、
星の欠片で作った爆薬で裏口の壁を壊していく。
花火の音とずれると気づかれてしまうから、テンポを合わせ爆破する。

ちょうど水晶が通れるくらいの穴が空いたところで、脱出劇の始まりだ。
住人は酒の飲み過ぎでぐっすり寝ていた。

僕は、水晶のある塔に入った。

それは塔というよりヨーロッパの教会のようであった。
中に入り、まるで教会の通路のようなところを歩いていくと、ちょうど祭壇のある辺りに1人の少年が立っていた。
僕は見つかったらまずいと思って身を屈めたが遅かった。
その少年はこちらに来るように目で命じた。

少年は口を開いた。
「あなたのことは知ってますよ。
あなたが、私の夢を叶えてくれることを。
ずっとあなたを待ってました。
わたしがココロです。水晶は私の仮の姿。

それでは、行きましょう。」

僕たちは住人たちにバレないように、静かに、そして小走りで裏口に向かった。

少年は出口が近づくとだんだん不安そうになってきた。
無理もない。
いつも守っていてくれた住人がこれからは居ないし、外敵から守る壁もない。

しかし、壁があるから空も見えなく、太陽の光も見えない。
黄金に輝く夕日も見えない。

僕は間違ったことはしていない。
外の世界は傷つくことはあると思う。
でも本当の世界を感じ、見ることができる。
僕は少年の手を握り、そして外の世界に旅だった。

僕と少年は満天の星に飛び立ち、天の川を下った。
しばらくすると、真っ青な広い海に出た。

そして、水平線から黄金に輝く朝日が顔をだしはじめた。

ブルーの景色がピンクに変わり、そしてオレンジの景色に変わった。
ちょっとひんやりした風が吹いてきた。

風は僕たちにウエルカムと言って微笑んだ。
僕たちは真っ白な砂浜に座り、寝転び、そして眠った。

鐘が鳴っていた。
時の鐘が鳴り始めて3日がたった。

最後の鐘だった。

世の中が変わる。

そして僕たちも変わった。

僕の心の中に少年のココロが入り、同化した。
僕は、新しい僕になった。

朝日の美しさにココロが震え、涙が流れてきた。

こんなにも素晴らしい世界に生きていたのだと知った。

ココロが裸になったような感じだった。



朝日がココロに染み渡るように美しかった。
僕は、この世界に生きていることに感謝した。

ワンパクが一番

July 28 [Tue], 2009, 17:12
だいぶ仔犬のスバルも大きくなってきました。
よく寝てよく食べて、はしゃぎまわっています。
森の中だから放し飼い。
今はいつも僕に着いてきて足元にまとわりついている状態。
それが、とっても可愛いのだけど。

あと1ヶ月ぐらいで大きくなってしまうと思うとこの時期にいっぱい写真を撮っておこうと思う親バカでした。



山百合の咲くころ

July 25 [Sat], 2009, 19:39
今八ヶ岳は百合の香りに包まれている。
とうもろこし畑を通り抜けるそよ風や夕方、鈴虫の鳴き声と共にやってくる涼しい風も百合の香りに包まれている。
こんな時を過ごせるのが幸せなんだと思う。夏の光は強く景色の色合いを高め、鮮やかな景色へと変える。
そういった夏の景色を見るとドキドキする。なぜか胸が苦しくなる。
多分それは一瞬のはかない期間だからだと思う。
ひと夏の夢。
大切にしたい。













七夕しました。

July 09 [Thu], 2009, 21:33
たまには願い事をするのっていいですね。

書いてみると、なかなか書けないものです。具体的でないとか。

今年の七夕は新しいワンちゃんも一緒にやりました。
まだ産まれて1ヶ月です。
めちゃくちゃ可愛い。まるで動くぬいぐるみ。
産まれてから半年経ったサントが面倒を見てくれてます。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ほっと一息カフェ
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:10月28日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:山梨県
  • アイコン画像 職業:専門職
  • アイコン画像 趣味:
    ・アート-ブルーの画家 新月紫紺大の世界が好き
    ・音楽-壮大な音楽を奏でるGODAIが大好き
    ・映画-週に二度は見ます。サスペンス、ホラー以外は好き
読者になる
標高1000mの八ヶ岳の森からお届けするほっと一息な情報。
さまざまなカテゴリーから貴女の興味がある内容をチョイスして下さい。
疲れたとき、気分転換したいとき、ほっと一息カフェにお立ち寄り下さい。~
http://yaplog.jp/healing-menu/index1_0.rdf