Perezだけど矢沢

September 19 [Tue], 2017, 15:39
食事をするときは…。,

演奏会の開催場所や踊るためのクラブ等に設けられたとても大きなスピーカーの隣で、ものすごい音量で聞き続けたせいで耳が聞こえづらくなってしまうことを「急性音響性障害」と言われます。
チアミンの欠乏によって起こる脚気の症状は、殆どが手や足がしびれて感覚を失ったり、脚の浮腫や動悸などが目立ち、そのままにしておくと、怖いことにうっ血による心不全などを引き起こす危険性もあるようです。
耳鼻咽喉科の領域の花粉症とは、杉や檜、松等の大量に飛散する花粉がアレルゲンとなり、クシャミ・皮膚の痒み・鼻づまり・鼻みず等の多様なアレルギー反応を引き起こす疾患だということができます。
一般的には不足しにくいといわれるビタミンB6は、アミノ酸をTCAサイクルというエネルギー源の利用に肝心な回路へ取り入れるために、より分解させるのをサポートする役割もあると言われています。
BMI(体重指数)を求める計算式はどこの国も同じですが、BMI値の評価基準は国によってそれぞれ異なり、日本肥満学会(JASSO)においてはBMI値22を理想体重(標準体重)、25以上の場合は肥満、BMI18.5未満を低体重と位置付けています。

脳内の5-HT神経は、自律神経やホルモンのバランスを調整したり痛みのブロック、覚醒レベル調整等をコントロールしていて、大うつ病(単極性気分障害)に悩んでいる人は、この働きが低下していることが明らかになっています。
耳鼻科で診てもらえる花粉症とは、森林のスギやヒノキ、マツ、ヨモギ等の木や草の花粉が引き金となって、クシャミ・頭重感・微熱・鼻づまり・鼻みず等の不快でゆううつなアレルギー反応を招く疾患として日本人に定着しています。
いま話題になっているポリフェノールの作用は、他の栄養素のビタミンEやビタミンC等とは少々異なっており、細胞間の脂溶性部分、水溶性の部分、更には細胞膜についても酸化を遅れさせるチカラがあるそうです。
ハーバード・メディカルスクールの報告によれば、毎日2カップ以上デカフェコーヒーを飲用することで、驚くことに直腸がんの発生率を半分以上抑制することが出来たとのことです。
一見すると「ストレス」というのは、「発散するもの」「取り去らなければいけない」と敬遠しがちですが、明言しますが私たち人間は多種多様なストレスを感知するからこそ、生き長らえることが可能だと言えます。

ポリフェノールに代表されるフィトケミカルの仲間であるスルフォラファン(sulforaphane)という化学物質が、肝臓の解毒酵素の機能的な産出活動をサポートする働きがあるかもしれないということが見えてきたのです。
陰金田虫というのは、医学上は股部白癬と言い、カビの仲間である白癬菌が股間や陰嚢(いんのう)、尻などの性器周辺に感染し、棲みついてしまう感染症のことで、実は水虫と正体はまったく同じものです。
食事をするときは、食べようと思った物をぽーんと口へ入れて、何度か咀嚼して後は嚥下するだけだが、人体は、このあと実に健気に機能し、栄養素を人体に取り入れるように奮闘しているのだ。
「肝機能の悪化」については、血液検査のGOTやGPT、それにγ-GTP(ガンマGTP)等数種類の数値で判定することができますが、近頃肝臓の機能が低下している日本人の数がじわじわ増えつつあると報じられています。
紫外線を浴びると生成されるビタミンDは、小腸や腎臓でCaが吸収されるのを助長することがよく知られていて、血液中のカルシウム濃度を操作して、筋肉の働きを助けたり、骨を生成したりしてくれます

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リン
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる