後藤康二で城野

April 08 [Fri], 2016, 16:06
アルバイトをしたことがあるというのは、就職活動においてかなり有利になるでしょう。


私自身が人事部に在籍していた頃、面接で思ったことは、働いたことがある人の方がしっかり受け答えしており、好印象ということです。


社会経験を積んでいるか否かはこんな時にも出るのではなかろうかと感じました。


私の知り合いの看護師が退職するか続けようかで迷っているとたずねてきました。


最近、結婚したのですが変則勤務で土日休みの夫と休日が合わないので、顔を合わせる機会が少ない生活が続いてるみたいです。


子供も作りたいし、しかし、仕事を辞めたくないしと答えを出せないでいました。


産業看護師は働く人の健康のために保健の指導やうつ病を防止するための精神的なケアも行います。


産業看護師の募集は、一般公開されていないので、ハローワーク等で見つけるのは難しいでしょう。


興味がある人は看護師転職サイトを活用してください。


看護士転職サイトには、産業看護師の求人なども掲載されることが多いです。


産業看護師とは一般企業で働く看護師をいいます。


看護師といえば病院とかクリニックを思い浮かべるでしょうが、医務室などを設置している企業もあって、そこで仕事をしている人もいます。


仕事の中身、役割といったことは勤務先ごとに違いますが、従業員の健康を守って、管理していくのは基本的な仕事と考えてください。


転職活動の際は、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の資格を持っていれば合否の決定に役立ってくれることもあるかもしれません。


MOSは、マイクロソフト社が公認している一定レベル以上のPCスキルがあることを証明してくれるとても有益な資格です。


このMOSという資格を持つことにより、使われていない企業はないといえるほどのマイクロソフト社のワードやエクセルといったソフトに関する知識やスキルが一定レベル以上にあると認められるわけです。


看護師に対する求人は多くありますが、希望とする条件に見合う求人が必ずあるとは限りません。


看護師資格を所持している方で就職ができさえすれば良いと思っている方は少ないでしょう。


できる限り高収入で職場環境も良く夜勤のないところで勤務がしたいと考えている方が多いものです。


志望通りのところに転職するには、情報収集こそが重要になってきます。


全国の病院等の現場では、長きに渡りずっと看護師不足の状態が継続中です。


そのため、就職と転職に際して人材として重要な看護師は、明確な売り手市場であるといえます。


看護師資格を保有していれば、自分の希望条件や適正に合った職場を比較的たやすく選択することができます。


看護師には、男であってもなれるかを確かめてみました。


もちろん、女性の看護師が大半であるものの、男性の看護師さんも活躍しているようです。


男の患者の場合、お世話を女性の看護師にしてもらうのが恥ずかしいこともあります。


そういった時、看護師の中に男性がいると大変喜ばれます。


看護師の国家試験は、1年に1度行われます。


看護師の人数の不足が問題視されている日本のためには良いことに、直近数年において看護師資格の合格率は約90%と非常に高い水準を示し続けています。


看護師の資格のための国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験とは異なり、一定の水準以上であれば合格可能な国家試験です。


看護師が引っ越しで転職するような時は、土地カンのないところでの転職先探しが大変苦労します。


職場環境、現地での評判などを己の力で、全部調べるのは困難でしょう。


近隣の市町村で探す場合でも、希望条件に適う転職先を探すと、予想外に求人の情報の少なさに驚くかもしれません。


転職エージェントというのは、転職を援助してくれる企業です。


だったら、転職エージェントというものは本当に使えるのでしょうか?率直に述べると、それは使用方法によるでしょう。


頼りすぎてしまっては転職が叶わない可能性がありますが、上手に活用できればとても役立ちます。


実際、看護のお仕事は、就職情報に書いてある休暇、福利厚生、年齢、ブランクなどの様々な条件がすごく見やすくなっていると言われているのではないでしょうか。


つまり、自身の条件内容に合致している転職先を、早く見つけられるということになります。


修学旅行やツアーなどに連れ添って、怪我や病気の応急処置、何かあったときの病院の手配をする看護師もいます。


結婚していて、子供のいる人は土日が休みになっていたり、夜勤がないという職場を希望しています。


病院以外の場所で働くのであれば、そこで求められる専門の知識を備えている認定看護師や専門看護師の資格を取得していると、雇用への道が近づきます。


会社にとって有望な人材だと認められれば、35歳を超えていても転職することは可能だと考えてください。


確かに、年齢が高くなると採用されにくいですが、即戦力の人材を求めているような会社では、経験や知識がある30代の労働力を迎え入れる環境が整ってます。


ですので、35歳を過ぎているからといって、再就職を諦める必要はないのです。


ひと口に公務員とはいっても、どういった場で働きたいかによって給料は変わってきます。


職業次第で給料はかなり変わってくるので、収入をアップさせるために転職するのならば、どのような職に就けばいいのか、慎重に考えなければなりません。


それから、公務員といえば暇なイメージやラクをしているイメージが強いかもしれませんが、実際に働くと、そんなに甘いものではありません。


看護師というのは今でも人手不足となっているのです。


人手の不足をどうにかするには、看護師の資格がありながら看護の仕事をしていない方に、看護師として仕事をしてもらうことが良いと思われます。


そのためには、柔軟な働き方が出来るように、医療機関が良くしていくことが重要です。


看護師の国家試験にパスするよりも、看護学校を無事に卒業することの方が難しいと感じる人も多いのです。


看護学校は大変厳しく、レポートの提出が遅れてしまったり、テストに落ちてしまうなど、ちょっとしたことで留年させられるそうです。


そういう厳格な学校を卒業して、国家試験も合格できた人には、ぜひとも看護師の仕事についてほしいものですね。


看護師の仕事を退職したいと考えている人は、かなりの数になるでしょう。


その一番の理由としては、きつい仕事で体の調子が悪くなってしまったり、給与のことで不満に感じていたり、仕事場のややこしい人間関係で精神的に行き詰ってしまったりという事が多数です。


看護師は寝返りが困難な患者の体の向き、位置を変えることや、食事を一人でできない患者の介助、排泄の介助等の体力がいる仕事も多々あります。


しかも、その間であってもナースコールが鳴れば、なるべく素早い対応をしなければいけません。


それだけでなく、入院中の患者がちょっとでも楽しい入院生活が送れるように考えてあげることもまた看護師の仕事です。


高齢化社会が進み、福祉施設でも看護師の必要性は増加傾向にあるのです。


さらに、大きな会社になると医務室等にも看護師がいて、健康診断や相談、ストレス等のメンタルケアを手がけています。


このような時は、社員としてその会社や企業に入社することもありえるでしょう。


ここ最近は人手が足りない上に高齢化で来院者増加の影響で、昔と比較して、看護師1人当たりの負担が重くなっています。


忙しいのをなくすために、労働者が足りない病院に余裕がある別の病院の看護師を派遣し、多忙の負荷を軽くして、患者への対処が遅れないように心掛けています。


看護師として働いている男の給料はどのくらいかご存じですか。


給与だけをみれば女性の看護師と同じくらいです。


そのため、男性看護師と女性看護師で大幅な違いが出てしまうということはないのです。


賃金の具体的な額については勤める病院などによっても同じではありませんが、給与は他の職業より高いといえます。


看護師が仕事情報誌で選ぶメリットは、手軽に手に入り、多くの求人情報の比較がしやすいことです。


近所の販売店などで購入して、一人でのんびりと転職先を探すことができます。


だすが、正社員を雇用する求人もありますが、非正規社員などの雇用形態での求人が多数です。


そして、雇用条件の詳細などがわかりづらいかもしれません。


国の看護師資格試験は、年毎に一度あります。


看護師の数が不足している現状にとっての明るい兆しとして、今のところ看護師試験受験者の合格率は、9割ほどで非常に高いレベルを、キープしています。


看護師資格の試験は、一定人数のみを合格させる試験ではなく、決まった点数を取れば資格を取得できる試験です。


自分が望む細かな条件まできめ細かに整理して、そして、転職のサイトを選んでみてください。


そうすると、自分が求めるような転職先が紹介してもらえたのかどうか、判断できるようになるのです。


転職エージェントは、転職を望む人に対し、希望する条件に沿う求人情報を知らせてくれます。


保有している求人情報が他と比べて多いので、自分が望む仕事に就職しやすいです。


ハローワークや求人雑誌などでは見られないような非公開求人情報もあるため、より望み通りの仕事に就職できるかもしれません。


日本での看護師の年収は平均して437万円くらいです。


ですが、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員勤務であるので、年収は平均すると、593万円くらいになります。


公務員看護師は給料UP率も民間の病院より高く、福利厚生の面でも充実しているのです。


準看護師の場合であると、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。


看護師として働いている人は、数万人存在しますが、それに反して、看護の、資格を保有していながらも、職に就いていない人が50万人以上存在すると認識されています。


全国で四万人の看護師が不足していると考えられているので、その50万人の中のほんのわずかな人でも就職できるようになれば、この問題は、多少なりとも解決できると思います。


会社を辞めてから、マイペースに生きているだけだったり、失業保険を受けとるだけで、別段、就職活動らしいことをしていなかったりすると、職に就いていなかった月日が長ければ長いほど、転職に支障をきたすかもしれません。


できることなら、面接官が納得できるような理由を言えるようにしておきましょう。


転職をする時、どういうことを心に留めたら前職より多く給料をもらえるのでしょうか。


今までの仕事内容や得意とすること、今後のスキルアップについての展望などを詳しく転職先の企業に相手を惹きつけるようにすることです。


相手側を説得できるだけの自己アピールができたなら、給料アップも容易でしょう。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:桜子
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/he1teacrheitvd/index1_0.rdf