木幡だけどつゆり

June 10 [Fri], 2016, 17:30
世間では、介護士は白衣の天使と呼ばれている通り、一般的には良い印象を持たれていることが多いと言えます。


けれども、介護士がどのように働いているかを考慮してみると、収入はそこそこあるとはいっても、夜間勤務や、長時間残業で大変な思いをしながら働いている介護士というのも少なからず存在しているのです。肯定的側面を見るだけではなく、本質的に介護士の労働環境はどうなのか、しっかりと見極めることが重要でしょう。介護士として、毎日激務をこなしているうちに、数えきれないほど大変なこともあるでしょう。楽ができる病棟はどこだろう、と頭の中で検討していても、おかしなことではないでしょう。
全体的に見て、比較的忙しくない診療科としては、眼科、精神科、整形外科といったあたりといわれています。しかしながら、介護機関の種類や、症状がどれくらの患者さんを受け入れる介護施設なのかにより、ハードさの度合いは違ってくるはずです。



一般的に、看護部長の下について病棟を取りまとめる介護士長の仕事と言えば、看護部長をサポートしたり、介護士の指導教育といったもので、一般の会社組織においては課長職に近いものです。

課長職につく人物の収入が大企業と中小企業で変わることから分かるように、勤める介護施設の規模が、介護士の年収の差異に影響しています。


または、公立と民間、地域によっても差があって、ちなみに、最高額の年収と思われる公立介護施設に勤めるケースでは、大体750万円くらいになると推測できます。


一般的に、介護士の中には煙草を吸う人がそれほど多くないという印象を受けますよね。実際にはいかにもその通りで、喫煙率は平均より少ないようですね。



介護施設で病気の患者と接触のある職業ですから、煙草を吸って臭いが身体に残らないように自主的に禁煙している人が多い状況だと想像できますね。


介護士と言えば、大きなやり甲斐を感じながら働ける仕事の一つであるのは確かですが、良いことばかりでなく、難しい面もまたあるのです。
することは多く、責任は重く、職場にいる時間は長く感じる上に、交代制で不規則であり、何より介護現場という特殊な職場で、受けるストレスも相当のもので、そこでスタッフ同士の見解の違いなどから、ぎくしゃくするようなこともあるでしょう。
ハードさを充分納得しつつ、介護士のお仕事を志望する人が引きも切らないというのはやはり、そういった面をプラスマイナスゼロにしてもいいと思えるくらいにメリットも多いと考えられるのではないでしょうか。
転職の際には、ご存じのとおり、たとえ介護士であっても履歴書の持参が必要ですが、気を付けなければならないことがあります。その注意点とは、履歴書に書くことの中でも特に志望動機をいかに書くかです。雇用条件であったり、労働環境であったりが良かったのが志望のきっかけだとは言わずに、技術を磨くことが出来そうだからというような動機や、「それまで身に着けたことを生かして働けそうだから」といった理由のように、「この人はやる気があるんだな」と感じられるような内容がいいのではないでしょうか。正介護士は国家資格ですので、これを取得しようと思うと、専門学校や大学で看護を学び、しっかりと単位を取って卒業するのが必須になります。


看護課程を卒業すること自体が受験資格なので、避けようがありませんね。

とはいえ、看護の専門学校は人気があって倍率がかなり高いため、こうした専門学校に合格するための予備校に通って勉強する人もいます。
もう准看として働いている人が正看を目指す場合は、通信教育課程もありますから、働きながら勉強することが出来ます。国外で介護的な支援を求めている人々に、介護従事者として手助けしたいという考えを持った介護士の方が増えています。



実際に、日本の介護士は海外からの需要が高く、豊富な知識と笑顔で患者を支えることの出来る介護士が求められているのです。当然ですが、海外では医師、患者との意思伝達を十分に満たすためにも、英会話ができる事が絶対条件になるでしょう。

介護士として海外で働きたい場合、きちんと英語を学んでおくべきです。
介護施設での勤務というと、病棟勤務と外来勤務がありますが、子育て中なら外来勤務がおすすめです。日勤のみ、という大きな利点があるので、子供を預けて働きやすくなります。それに加えて外来勤務においては、土日や祝日がカレンダー通りに休みになります。夜勤もありません。



外来勤務が忙しくなるかどうかは、介護施設による部分もありますが、混みやすい小児科や、人気のある医師のいる診療科だと多くの患者が押し寄せるように待合室に集まり、てんてこ舞いになりますし、待ち時間の長さのあまり、クレームを入れる患者もいます。


求められるスキルもどんな介護施設か、診療科はどこかによって、変わってきます。「介護士」という書き方と、「看護士」という書き方があります。双方とも「かんごし」と読み、同じ読みです。この二つを漢字で書き表すと二通りで表すことができます。

以前は男性のことを表すのは看護士、女性を表すのは看護婦という風にはっきりと分けられていたのです。法律が変更された2001年を境に、男性を指す時も、また女性を指す時も使用可能な介護士という呼び方にひとくくりにされることになったのです。

介護のスペシャリストである介護士が必要な施設というのは、介護施設だけだと思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。グループホームと呼ばれる、介護施設の一形態においても特に介護士は重宝されているのです。



グループホームで生活しているのは、基本的に認知症の方ばかりなので、十分留意したうえで関わらなければなりません。

介護の分野に関心があるという介護士は、グループホームに就職するという選択肢も考えてみると良いでしょう。看護婦はハードな仕事と言われていますが、もはや介護士なしの介護施設などあり得ませんし、とても働きがいのある仕事であることは、間違いありません。入院患者のいる介護施設ではもちろん24時間稼働しますし、24時間切れ目なく介護士もいる必要があります。
そのため、どこの介護施設でも日勤、夜勤と交代で勤務することになっています。



こういった勤務形態ですから、多少強引にでも時間の調整をしなければ結果的に睡眠不足を招きますので、気を付けた方が良いでしょう。


多くの介護士は、病気を患っている患者やその家族と接する機会が多いため、不信感や不安を与えないために、髪形に配慮しなくてはなりません。自分が患者なら、どのような印象の介護士に信頼を置けるかを考えながら、清潔感を重視した髪形を選ぶことがポイントです。勤務先によって、比較的、自由なヘアスタイルが認められている場所もあることを忘れないでください。



食い逸れる心配の少ない人気職、介護士を目指すには、専門学校であれば3年、大学なら4年といったようにそれぞれ勉強して、受験するための資格を得て国家試験を受け、これに合格すると、晴れて介護士ということになるのです。

この国家試験については毎年、受験者の約90パーセントが合格していて、在学中きちんと勉学に勤しんでいた学生にとっては、それほどまでに難しい、というものでもないのです。



さて、介護士を養成するための機関といいますと看護専門学校や短大など、いくつかありますが、ここ最近は、より深く学べて、助産師や保健師の資格も取得可能な看護の4年制大学に進学する人が、多くなってきているようです。

そもそも介護士といえば専門職であり、活かせる技能は多岐に渡ります。そして、介護現場をはじめ、いろいろなところで常に必要とされています。
その為、再就職などもかなりスムーズにいくことが考えられますし、その際に気を付けてさえいれば、理想の条件に近い職場も、見つけられるのではないでしょうか。


幸い、ネット上を少し見てみると求人サイト、それも介護士専門のものが増えてきていますから、そういったところを利用して最適の仕事先を見つけてください。働く介護士の休日に関してですが、本人が働いている介護機関で異なっていますから、一概には言えません。
3交代勤務の場合、シフトのスケジュールに沿って勤務しますから、休日出勤や平日休みも普通です。むしろ、休日を好きに設定できるというメリットがあるので、そういう意味では働きやすいと言えますね。

慢性的な人手不足を訴える介護機関も少なくない程、介護士の需要は高いため、転職がとても容易です。

希望の転職先に履歴書を送って、書類選考をパスしたら、面接という流れになるのがふつうです。その場で、これまでの経歴や志望の理由について質疑応答を織り交ぜつつ、話すことになるでしょう。
しかし、能力的なこと以外に、面接官によって、あなたが同じ職場で働く仲間としてどうなのか、人間的な部分も注意深く観察されることになるはずです。

人間的な良さをアピールできると、とても有利でしょう。
卒業を控えているのに、介護士の就職先が見つからず、上手くいかない場合は、ご自身の年齢に原因があるのかもしれません。



求人において年齢についての制限を載せていない場合も、事情によっては介護施設側が独自に採用年齢を設定しているケースがあるのです。例えば、未経験で30代以上の方が初めて介護士として働くといった場合では相当な努力が必要になると思います。



一般的に、介護士は離職率が高いです。



そのため、やはり、転職率も高いことが挙げられます。



ですので、介護士だけを対象にした転職サイトなども多くあります。
介護士の求人に特化した転職サイトであれば、時間をかけずに希望通りの求人を探すことが出来るので、日々の業務に追われてゆっくりした時間が持てない現役の介護士にぜひ利用してもらいたいです。最近では、転職サイトをランク付けしたサイトも登場していますから、これらも併用して、より良い転職先を見付けましょう。大変な激務と世間一般に認識されている介護士というお仕事の、その中身を少し見てみます。

夜勤必須の病棟勤務、神経を使う重症患者さんもいて、この人たちはいつ何時、急変してもおかしくありませんので緊張感で大変です。

それから、術後でまだよく動けない患者さんの、身の回りの世話をするのもすべて介護士の仕事となっております。また、かなりひんぱんに緊急の手術予定が入ることもあり、夜間は夜勤業務の人ばかりで人手が少ないのにナースコールの数が多く、対応にかかりきりになってしまったり等、気の休まる時間はないくらい次々と仕事が飛び込んできたりもします。意外に思われるかもしれませんが、介護士には細かな階級が存在するのです。階級が高いものは、ほとんどの介護施設では総介護士長や看護部長と呼ばれている人たちです。



実際に階級を上げるためには、勤務年数を長くして、信頼を得られるように努めることが必要だと言えます。



階級が高くなるほどに収入も増えます。介護士として勤務していくうちにやはり辞職を考えることも少なからずあることと思います。
仕事自体で間違ってしまうことや患者さんとのコミュニケーションが上手くいかないこともあります。
しかしながら、喜ばしいこと、介護士の仕事をやり続けたいと感じることも多くあります。
先輩が激励してくれたり、温かな言葉をかけてくれたりと周囲の方々に支えられて働けているんだということを日々痛感しています。検査や治療に当たっては採血や注射がつきものですが、これは一般的に介護士が行います。

一般的に、注射が好きな人は少数派でしょうが、実際に打たれるとしたら痛みが少ないように注射してもらいたいですよね。


とは言うものの、介護士の技術によっては注射が得意な人と不得意な人がいますから、まだ慣れていない介護士に処置されて痛い思いをすることもよくあります。
こればかりは個人でどうにかできる事ではないので、諦めて気持ちを切り替えた方が良いでしょう。
転職を希望する介護士の、その理由を聞いてみるといろいろな答えが返ってきます。働く介護士が不足している介護施設などいくらでもあって、ですから、求人だってもちろん多いです。今いる職場において、そこでの給料が相場より遥かに安かったり、休日出勤や夜勤の割合が異常に多いと感じる等々、職場を変えたい、と思うようになった理由は様々であるようです。

今いる職場よりも良い環境と好待遇を期待して転職をしようとするなら、なるべくなら、給料の額だとか労働条件に加えて、どういった評判があるか、ということも知っておきたいですね。

社会に出たばかりの新卒介護士や、他の介護施設から転職してきた介護士の場合、残業したことによって支払われるべき給金が未払いになることがあります。残業をさせておきながらその分の賃金を出さないでいるということは、新人だということは何の言い訳にもならず労基法違反であり、犯罪です。

残業は賃金を支払う対象になる労働ですから、当然、働いた分のお金は、対価をもらう権利があります。
普通、介護士としてキャリアを積んでいくと昇進します。


階級として、婦長などは比較的想像がつきやすい役職ですよね。

でも、そのほかにもいくつかの役職が存在しています。いまは、学生やパートの介護士が増加しているため、国家試験をパスした正看ともなればそれだけで役職が上がっているといえるでしょう。


一般的に役職に就いた人は、給与の面でも優遇されるようになります。介護施設で介護士として働いていた知人は、病気のために退職したそうです。

ですが、身体の調子が治ったら、早速現場に戻って、昔と変わらず介護士として勤務しているのです。空白期間が出来ても、有利な資格があれば比較的簡単に職に復帰できるんですよね。普通はブランクがあると再就職が難しいので、有利な資格を取っておいた方が安心ですね。

実際の介護士資格取得の難易度はどれ程のものなのでしょう。

資格を取得するための介護士国家試験の合格率は、毎年90%前後ですから、決して低くありません。試験内容も、今までの授業でしっかりと勉強していればそれほど苦労なく合格できるものですから、全く取得が難関な資格という訳でもないようです。病気になって気落ちしていると不安を解消し支えてくれる介護士の存在は本当にありがたいものです。


でも、その労働は過酷なものであることが多いのです。
具体的には、たくさんの覚えなけばいけない事や確認作業を何度も繰り返さなくてはいけないため常に緊張を強いられる状態なのです。



そのため、うつ病を患う介護士も珍しくないのです。



性格的に、真面目で責任感が強いと言われる方やストレス発散が上手くないという方は、自分の心が疲れていないか気を付けるようにしましょう。なんといっても、介護士という職業は異業種に比べると高給です。

それが理由なのかはわかりませんが、洋服に気合いが入った人が少なくありません。しかし、時間的余裕の少ない職業でもあります。


勤務先によりますが、休みがとりにくい職場もあり、お金を使う時間がなく貯まるばかりというようなことがあるようです。



給料の面もそうですが、休日に関しても、ちょうどいいところを探すのが最適なのだろうと感じています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:晴
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/he05m50w3i9nto/index1_0.rdf