にほんとかげ☆えんむすび

July 16 [Thu], 2009, 18:09
にほんとかげ☆えんむすび

ニホンカナヘビと同様、日本で最も普通に見られるトカゲである。ニホンカナヘビよりずっと尾が短く、鱗がなめらかで、体色に光沢があるため区別できる。成体と幼体でかなり体色が異なって、幼体は全体的に黒く、頭部から尾の付け根にかけて数本の金色っぽい線があり、尾は金属光沢のある美しい青である。成体は全体的に薄い茶褐色で、横腹にやや濃い茶褐色の帯がある。山地から平地の草地・石垣などに棲み、人家付近にも多い。危険な目に遭うと尾を自切し、切れた尾は再生する。昆虫やミミズを食べる。産卵期は五月から六月で、一度に5個から16個の卵を産み、雌は卵が孵化するまで保護する。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hdkddisk
読者になる
2009年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hdkddisk/index1_0.rdf