解読宝嘉丽時計ロスチャイルドとニュースの物語解読宝嘉丽時計ロスチャイルドとニュースの物語

October 15 [Wed], 2014, 15:14

ロスチャイルドとニュース西洋では、300年ほど前にすでに新聞が現れ、さらに進むしかない、人と人の間の直接会話を主なニュース伝播方式。このような面と向かって通常すべて雲は漂って、酒ガス入り埠頭の居酒屋などの場所に行ったので、英語で「報ブランドコピー財布道(Report)」という言葉の意味は波止場から(Port)が持って帰ってきた(情報)。数百年前、ヨーロッパ国沿海域内陸狭く、内陸部の出来事になりやすい広まったは、海外からのメッセージにセーラーニュースのレベルになる。かくして、波止場からニュースを持って帰ってきた人は「記者(飛び交い、時)」ともいう代理人。1815年6月、有名なワーテルローの戦いでヨーロッパ大陸のベルギー国内立ち回り、前後でも昼間の時間が、宝嘉丽イギリス人優勝したニュースは数日後でやっとイギリス本土経由。非常に頭を経営のユダヤ人ロスチャイルドは遅刻のニュースで条、一躍除王室以外のヨーロッパ富豪。彼のコツは今日から見ればさほど複雑でこのニュースを知った後、彼はすぐに派遣を事前にベルギー波止場の「記者」を至急にhttp://www.modern-bages.com/戻ってイギリスロンドン、お知らせ彼のエージェント買い込み相場は依然として低く状態のイギリス債券;そしてのロンドン恐l嘘の情緒に充満して、庶民の一般的な見方ナポレオンの勢いはないためイギリスきっと敗戦から、売りが優勢と債券。などの勝利の知らせを正式に伝わって来て、株式市場の高騰はロスチャイルドエルメス 財布 コピー自然から筆儲け。その後のロイターもまさにこの物語に確定した優先搞経済ニュースの構想。19世紀半ばから汽車の出現とニュースメディアの隆盛も密不司分の連絡。1825年9月、イギリス人スティーヴンソン運転をしているその列90トンの「旅」号列車「もす味、もす味」に行くマークが入って、世界は軌道交通の新時代を。しかし発展軌道の交通は巨額の資金が必要となり、発行債券が、イギリス民衆の情熱は高くなくて、彼らにしてみれば、当時は投資の道が多く、競馬、掘削運河、鉱山、甚だしきに至っては戦争に儲かると比べて鉄道は新しいものを除いて、馬車より走るのが速くて、他の優位を出ない。この肝心な時興ってやがてばかりの新聞業確かに中から嗅ぎ付けた商機。列車に等しいものがあって、あるのはソース速、見ないで一時間20キロメートルだけが、1日にはいくつかの便で、先に汽車で伝え、またニュースを新聞をお供えを印刷して出かける人で時間をつぶして、絶妙の相補。イギリス人生性愛しないと見知らぬ人に話しかけられて、外出先で一人で小説をささげ持って正式にはあまりなく、安くルイヴィトン 財布 コピーないもある程度の文化水準で、大量の情報が掲載された新聞は本当にぴったり。イギリス今流行の「ゴシップ新聞文化」以来あのときから次第に形成され、1枚の新聞を読むことも全体て三時間に至っては、内容、管それは真偽は下品で、その時はははと笑う。イギリス人を見ないで事をする時間に厳格な保守が、ゴシップニュースが飛び交うタブロイド紙は特に寛容
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/hdjkasdsfa/index1_0.rdf