朋ちゃんがのんちゃん

March 03 [Thu], 2016, 14:47
看護師の場合、勤務の形態が他の職業に比べて特殊である上に職場によっても変わります。仕事場においては一般的に、2交代、または、3交代制のシフトが組まれているというケースが多いでしょう。2交代制ですと約3割ですが、3交代制ですと約7割となっていて、かなり3交代制の病院が多いですね。ですが、2交代制の方が休みが取れるため、2交代制を望む看護師も多いです。
看護師の当直というのは、16時間にもおよぶ長時間の勤務となっているので、勤務中でも仮眠をとることが可能です。国の指針により月に8回までと定められていますが、その範囲に収めることが困難な場合が増えています。病院における看護師の勤務形態によっては、とても不規則な生活を送るようになったり、過労になる人が多いのも、離職する看護師が多い理由のひとつだと思われます。
看護師の国家試験に受かることよりも、看護学校の卒業の方が困難という人も多いです。看護学校は大変厳しく、レポートの提出が遅れたり、試験に落ちるなどのちょっとしたことで留年させられるそうです。厳しい学校を卒業して、看護師国家試験にも合格した人は、ぜひ看護師の職に就いてほしいですね。
看護師の資格を取るには、何通りかの方法があるのです。看護師免許を得るためには、国家試験を受験することが必要ですが、いきなりは受験できません。受験資格を手にするために看護専門学校(3年間)や看護系の短大(3年間)や看護系の大学のどれかで、看護に関して学ぶ必要があるのです。
高校に入った時点で衛生看護科に進むと、他のやり方と比べて早く国家試験の受験資格を得られるため、最も早く看護師として、働けるようになるでしょう。しかし、途中で違う進路を考えだしても変更するのは大変です。さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが、期間が短いので勉強したり、実習をこなす量が少なくて合格が困難という側面もあります。
看護職の人がジョブチェンジを検討するときにはネットの求人サービスを利用するのが便利です。看護職員の方向けの転職情報は、職業紹介所や就職情報誌には記載されていないケースも珍しくありません。しかし、看護スタッフ専門のオンライン人材紹介サービスであれば、登録者のみ閲覧できる求人オファーがある上、仕事場のカラーといったこともチェックできます。躊躇しがちな給与や労働時間、保険、休暇等のかけひきを間に入って話してくれる場合もあります。
看護スタッフが別な職場を探すときのポイントは、勤労条件についての要望を始めに明らかにしておきましょう。泊まりでの勤務は荷が重い、休暇はしっかりとりたい、敬遠したい仕事、たとえばお亡くなりになるときなど、要求にも個性があって当然です。看護スタッフの離職率の高さから補充したいところはいくらでもありますから、ストレスのたまる勤務場所で忍耐し続けることは無為に時間を費やすことになりかねません。
よくきく話として、看護スタッフが違う仕事場を求める訳としては、キャリア開発としておくのが賢明です。過去の仕事場の人とうまくいかなかったからとか、賃金や労働時間などが実際の仕事に見合わなかったとかの、不満を転職理由にしてしまったら、不本意な評価をされかねません。要因として現にあったとしてもわざわざ報告するにはおよびませんから、未来志向であることを印象付ける志望理由を言えるように準備しておきましょう。
看護スタッフが別な勤務先にエントリーするにあたって、苦慮するのが申込理由です。どうしてこの仕事場がよいのかを肯定的な雰囲気で表明するのはたやすくはありません。高給料であるとか、休みがちゃんと取れるというのは実際には判断要素になりますが採用条件で選んだと見られるよりは、看護スタッフとしてもっと専門性を磨きたい等々、転職の理由に発展的な要素をもたせたものが通過しやすいようです。
一般的な場合と同様に、看護スタッフが別な勤務先にエントリーしたときも、採用・不採用の鍵を握るのが就職面接です。面接担当官に悪印象だと、ナースは人手不足といえど選ばれない可能性があることを忘れてはいけません。雇用の条件に恵まれているところは志望する人もそれだけ集まりやすいということですので、緊張感を失わず不足なく対策をたてて面接官の前に立ちましょう。TPOに配慮した品のある服を選んで、本番では明るくはっきり話すことが肝心です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ai
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hdit5techidxel/index1_0.rdf