公演情報&キャスト募集!

April 12 [Thu], 2012, 20:43
恋おち、2012年最初の作品です。
今回は東中野にあるRAFTという劇場さんの企画公演に参加します。
もともと自分の中で原発2部作として構想はあった作品の1つなのですが、RAFTさんの企画意図に惹かれてここでぶつける事に決めました。
コンセプチュアリーな作品ほどそれを受けて入れてくれる場所、意志ある場所で発表してこその小劇場界ではないかと思っています。
僕が気にいったRAFTさんによる前回RAFT辺境劇場Vol1コンセプト抜粋辺境という言葉から何を思い浮かべるでしょうか地図にも記されていない場所、それとも国境線辺境と対比される言葉に中央があります。
中央には、経済や人々が集まり、世界はその中央を中心として回っているかのように感じます。
しかし中央の渦中にいると、そこがどのような状態かを感じることは難しいでしょう。
この企画では、周辺だからこそみえるものを提示したいと考えています。
さらに辺境とは、境界地帯ということを意味します。
この社会には、さまざまな境界があります。
国、文化、言葉、宗教、思想、性。
表現によって、その境界を広げたり、浮き立たせることによって、いまこの世界が、どのような社会かを感じることができるのではないかと考えました。
今回このいかだ辺境劇場では5団体が作品を上演します。
辺境的視唐もc`た作品を、RAFTいかだという東京の隅の小さな空間から発信し、観客の方々といっしょに、世界を多面的に感じることができればと思っています。
ご来場心よりお待ちしております。
公演情報詳細は決まり次第、お知らせします劇団恋におちたシェイクスピア第11回公演RAFT辺境劇場VOL2参加作品犬、猫、畜生作演出長内那由多出演菅野洋輔、飯田慎治フローラステークス 2012、ツヒロ、長内那由多、他照明島田雄峰日時2012年7月20日金22日日全5ステージ予定所RAFT〒1640001東京都中野区中野1441FTELFAX0333650307チケット前売り¥2300、当日¥2500問合せ予約koiotiyahoocojpツイッターアカウントnayutagp01fb群盲は象に触れても、その正体を言い当てる事ができない。
人々は部屋の中に象がいても、それについて語ろうとはしない。
象の足と呼ばれる塊は致死量の放射線を放つと言う。
作品は日常生活における様々なインスピレーションの連なりで構成されている。
それを俯瞰した時、象の輪郭が見えてくると私は信じている。
福岡発東京行きの飛行機が日本近海で墜落する。
とある無人島に漂着したわずかな生存者たち。
救助隊は一向に現れない。
島のどこかからは誰もいないはずなのに49年前から救難信号が発信されていた。
日本のどこかであるはずなのに、どうして誰も助けに来ないのか無人島を舞台にしたサスペンス。
キャスト募集小さなスペースで濃度の高い会話劇をやります。
小さなスペースなので舞台袖は作りません。
出番のないキャラクターは舞台上で待機します。
といった具合にとことん付き合ってくれる人を募集します。
募集人員若干名年齢、性別問いません稽古期間6月上旬より週34日ペース、主に世田谷区、杉並区の公民館で19時22時の間で行います。
募集要項住所、氏名、年齢、プロフィール、全身像の写真を添付し、下記メールアドレスへ送って下さい。
折り返しオーディション会場、時間のご案内を送信します。
締切5月11日金2400オーディション開催日5月12日土13日日宛先koiotiyahoocojp※オーディション参加料は無料ですが、本公演への出演に際してはチケットルマが発生します枚数については応相談。
※オーディション内容リーディング脚本の読み合わせ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hdgrlvitbs
読者になる
2012年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hdgrlvitbs/index1_0.rdf