環境において一時的に形成

June 30 [Mon], 2014, 0:46
人間の場合はそれぞれを「男性」「女性」あるいは「おとこ」「おんな」などと呼ぶ。
人間の場合は、生物としての性別を前提としながら、加えて精神的・文化的に、また社会的な立場としても異なった存在として成長する。
基本的には異性愛である者が異性を得られない環境下(戦場や刑務所、同性のみの学生寮など)で同性を恋愛とセックスの対象に選択する場合は機会的同性愛と言う、この場合除隊、釈放、卒業などにより、異性を得られる環境が回復すれば、直ちにこの同性愛傾向は消滅する。
つまり、機会的同性愛は根源的な性的指向自体によるものではなく、環境において一時的に形成される性的嗜好と見なす事が出来る。
そもそも性別が曖昧な人を好きになる場合(手術前のニューハーフが好きという男性など)もあるが、これは「性指向」としての同性愛とは微妙に異なるかも知れない。
このほか、男性および女性のどちらも恒常的に恋愛や性欲の対象としない、つまり性指向を持たないという場合は無性愛(asexuality)と呼ばれ、これを性指向の中に分類することもできる。
この意味での性の区別を生物学的なそれとは区別してジェンダーと呼ぶこともある。
なお生物的な性と性自認が著しくずれたり反転しているケースが性別不快症候群や性同一性障害、生物学的な性の形成そのものが定型的でないケースが性分化疾患である。
世の中には男性でも女性でも好きになる人も多く両性愛(bisexual)と呼ばれている。
政治において正義とは適切な均衡が存在する状態を言う。この基本的な正義の概念を理解する上で古代ギリシアの哲学者プラトンの議論が参考になる。プラトンは『国家』において正義は個人においては理性、意志、情欲の三つが精神的に調和している状態であり、国家においては政治家の知恵と軍人の勇気、そして庶民の節制の精神が調和している状態を指すものと論じた。
しかし均衡をどのように実現するかについてより具体的に考えるならば、分配の問題に取り組む必要がある。
アリストテレスは『ニコマコス倫理学』で正義を道徳的に正当な利害の配分と捉え、もしこの配分が正当な均衡を失えば、それは不正な状態であるために是正しなければならないと論じた。
両性愛の人の中にも男女等しく愛するタイプもあれば、どちらかというと異性愛だが、同性でも魅力的な人がいれば好きになるというタイプもあり、その程度は様々である。
また、自分では異性愛と思っている人も実際に機会が無かっただけで、両性愛の素質がある場合も多いのではないか、という説もある。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:suiminyakun
読者になる
2014年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hdfkkz/index1_0.rdf