プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hddwdhtknhmhmv
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
北国防委員会が声明、韓米演習に「核抑止力で対応」 / 2010年07月24日(土)
【ソウル24日聯合ニュスース】北朝鮮国防委員会が、韓米が25日から東海(日本名:日本海)で実施する合同軍事演習、来月実施する朝鮮半島有事を想定した指揮所演習「乙支フリーダム・ガーディアン」について、「われわれに対する軍事的圧殺を狙った露骨な挑発行為」だと非難し、「強力な核抑止力で堂々と相対する」と主張する報道官声明を発表した。
 朝鮮人民軍は韓米が意図的に情勢を戦争の境目に追い込もうとしていることに対応し、「必要な任意の時期に核抑止力に基づくわれわれ式の報復聖戦を開始することになる」と強調した。朝鮮中央通信が24日に報じた。
 声明は、米国が核や兵器で北朝鮮を攻撃したり侵攻しないと確約した6カ国協議共同声明の精神を全面的に覆し、直接的な軍事的挑発策動にしがみついている限り、それに対応し全面的報復措置をとることは、北朝鮮軍と人民の当然の選択だと主張した。
 また、韓米合同演習は「史上最大規模の核戦争演習騒動」だと指摘。米国が核を振りかざし韓国がそこに追従すればするほど、北朝鮮の核抑止力は自衛の軌道に沿い速度を上げていくとし、朝鮮半島の非核化はさらに遠ざかるだろうと警告した。
 さらに、こうした軍事的挑発は、韓国哨戒艦「天安」沈没事件の「北朝鮮関与説」を否定し、朝鮮半島の緊張を平和的に緩和させることを願う国際社会の要求と国連の意思に対する、露骨な挑戦以外の何ものでもないと強調した。北朝鮮軍と人民は、韓米が引き続き事件と北朝鮮を無理に連係させる以上、事件の真相を残らず明かすためのあらゆる措置を最後まで取ると主張した。
 一方、韓国軍当局はこの声明を受け、軍事境界線(MDL)をはじめとする主要戦略施設の監視を強化しているが、現時点で北朝鮮軍の特異動向はとらえられていないと明らかにした。東海・黄海の北朝鮮ミサイル部隊の動向も綿密に注視しているが、短距離ミサイル発射などの動きも確認されていないと伝えた。
japanese@yna.co.kr 7月24日10時51分配信 聯合ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100724-00000000-yonh-kr
 
   
Posted at 13:53/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!