【 更新情報 】

データのバックアップ

HDDが故障するというのは、突然おこるものです。
そういうときの為にそなえて重要なデータはバックアップをとっておく必要があります。

バックアップを取るのには記憶装置が必要です。そこで、よく用いられる記憶装置について説明します。

最近のパソコンは、ほとんどDVD書き込みドライブを内蔵していますから、「CD-R/RW」、「DVD-R/RW」、「DVD-RAM」等の光学メディアにデータを保存できます。


外付けのHDDというのは、内蔵型のHDDと相対して呼ばれているものです。
通常、デスクトップでは3.5インチ、ノートでは2.5インチのHDDが内蔵されています。しかし映像データを使っている人にとっては容量が足りなくなるケースがあります。そういうときに便利なのが外付けのHDDです。

また、FDDというフロッピーディスクドライブは昔からある記憶装置ですが、容量が少ないため保存媒体には向かないと思います。

後はMOドライブというものもあります。FDDに比べて保存容量が大容量のためバックアップを取るのにはいいと思います。
容量は128MBから1GBを超えるものもあります。しかし、最近では光学メディアにおされて人気薄です。

近頃、値段が安くなり容量も大きな記憶媒体としてUSBフラッシュメモリが普及してきています。
36GBで1万円とHDDに比べると割高ですが、小型で持ち運びも簡単、USBコネクタに差して気軽に使えて便利です。

バックアップの重要性

HDD(ハードディスク)はパソコンのパーツの中でも壊れやすく、使っていると必ずと言っていいほど故障します。
故障すると最悪の場合、HDDの中にあるデータは失われてしまいます。

データを復旧させるにはデータ復旧ソフトで復旧する事が可能ですが、これはHDDが認識する事が前提ですので故障してHDDそのものが動作しないとツールを使うことが不可能となってしまいます。

HDDは消耗品であるという認識のもとに、常にバックアップを取っておく必要があります。

基本的に故障したハードディスクは修理できません。
パソコンを修理にだした場合はHDDを交換することになるのでデータは完全に失われてしまって、中に入っている大切な情報類は復旧できなくなってしまうのです。
特に写真などの画像は失ったら大損失以外の何者でもないと思います。

ハードディスクはいつ壊れるか分からないのでCD−RやDVD−Rなどの記録メディアにバックアップしておく事が大切です。

バックアップはついつい面倒なので怠りがちですが、書類などは再作成すれば元に戻るかもしれませんが、画像などの重要なものだとしたらお金をかけてでも復旧してもらわなくてはならなくなるかもしれませんので、バックアップがいかに大事な事かと言う事がお分かりいただけると思います。

故障したパーツ類は交換すれば新しくなりますが、失ったデータは交換しても元に戻りませんよ。

パソコンの電源切断

子供さんがいる家庭の場合、パソコンのコンセントを急に抜かれてしまうというケースがあるかと思います。
ノートブックならバッテリーを積んでいるので少しは大丈夫ですが、デスクトップ型ですと場合によってはそれ以降立ち上がらなくなる場合があります。

そうなった場合、ハードディスクが故障している場合が多いです。

ハードディスクが故障するときは突然です。
そういうときバックアップを取ってないと大変な思いをしますよね。

データを復旧させたくてもそれだけの知識を持ち合わせている方は多くはないです。
家電量販店に聞いてみてもハードディスクを交換するか、初期化するしかないのでデータは諦めてくださいと言われる筈です。

よく聞くのがデータを復旧してくれる業者さんがいるということですよね。しかし、いくらかかるか分からないので頼みにくいです。

そこで、自分で修復してみるという方法があります。
壊れたハードディスクを別のデスクトップパソコンに繋いで中に入っているデータをコピーしてくるという方法です。
ただ、全て復旧できるわけではないので100%大丈夫とは言い切れません。
それと、ノートパソコンのHDDは、デスクトップパソコンにはつながりませんので難しいです。

でも、それもどうやっていいのかパソコン初心者の方だったら分からないし、別のパソコンなんて持ってないですよね。
専門知識を持っている友人などいたら呼んで処理してもらうなど方法があるとは思うのですが、どうでしょうか?
それが無理なら、業者さんに頼む方法が一番確実だと思いますよ。

HDD故障時のQ&A(2)

HDDが、二つある状態で、一つをCドライブ、一つをDドライブとして使用しています。
DドライブはCドライブのバックアップをしてあります。
もしCドライブが故障した際、新しいHDDの方をCとして使用したいのですが、どういった手順で進めていけばいいのか分かりません。
どういった手順で進めていけばいいのか?また、データ圧縮されているのとされていないのでは手順が変わるのか?
という質問がありました。

こういう場合はどうしたらいいでしょうか?

解答ですが、DドライブにWindowsがインストールされていなければ、マスタードライブとして接続しCドライブに変更しても起動しません。
Windowsのファイルをバックアップしてあっても、ブートセクタが無いので起動出来ないのです。

将来的にCドライブにしたいと考えているのなら、最初からDドライブにもWindowsをインストールしておく必要があります。
そうでないなら、Dドライブはデータ保存用という位置付けになり、Dドライブへ固定されます。

Cドライブが故障したならば、新しいHDDをCドライブに取り付けてWindowsをインストールして、Dドライブのデータをコピーするようにします。

HDDの寿命

ウィルスの侵入以外でデータが消えてしまうことなんてあるのでしょうか?
例えばHDDが故障してしまったなど不安要素はあると思うのです。

ハードディスクはついつい大丈夫なんて思ってしまいがちですが、ハードディスクは消耗品扱いになります。
消耗品ですからいつかは必ず壊れる時がくるのです。
壊れたらもちろん中に入っているデータは消えてしまいます。

最近のパソコンは、ディスクの容量が増えてきているので、ついついいっぱい保存してしまいがちです。
バックアップはきちんとやっておかないと、いざというときに泣く事になりますよ。

ハードディスクの故障というのは簡単に起こす事が出来て、起動中のパソコンのハードディスクに振動を与えると故障しますし、起動中に電源をブチッと切ってみてください。
こんな簡単なことで簡単に故障してしまうのです。怖いですよね。

ハードディスクと言うのは、起動していない時はヘッドが退避エリアにありますので、故障することはあまりないのですが、動作中は振動によってすぐに故障してしまうのです。
また、PCの電源ケーブルが抜けただけでハードディスクが故障してしまった事もあります。

というように、案外簡単に故障しますのでバックアップは大事だと思います。

ハードディスクの一般的な寿命と言うのは「5年程、時間にして2万時間位」だと言われています。

HDDの分解

ハードディスクが故障した際で、ディスクの認識もせず他のパソコンにつなげてみても駄目な場合、最終手段としてハードディスクを分解してみようかと考える人が中にはいるかもしれません。

パソコンの電源を入れた際にディスクが空回りでも回っている音が全くしないという場合は、電気系統のトラブルと思われるので、同じハードディスクを買ってきて、それを分解し、制御基板だけを交換したら使えるようになる可能性はあります。

しかし、「ガコン、ガー」とかの異音がしている場合はディスク部分に傷がついてしまった可能性が大ですから分解しても無駄です。
基本的には、回転部分を開けてしまうと埃とかが入ってしまい性能が落ちるので止めたほうがよいです。

また、分解をするにはヘックスローブレンチという特殊なねじ回しが必要です。

重要なデータをどうしても復旧したいと考えるのならば、業者に頼んだ方が早いし確実かもしれません。

HDDの故障予測

パソコンを使っているとHDD(ハードディスク)から「カランカラン」という音が聞こえることがあります。ファイルの読み込みが1度では行えず何度も読み込みをしているようなら要注意で、このまま使用しているといつか故障する可能性が大きいです。

故障を危惧しながら使うのも嫌なので、「故障しているのか」を診断してくれるツールがあれば便利ですよね。スキャンディスクやレポートなどで状態が分かればいいのですが。

ディスクの管理やディスクスキャンなどは不良セクタなど検出、修理できるのでそれに該当するのかなと思うのですが、故障しているHDDでこれを実施すると更にディスクが傷つくなどもっと酷くなる可能性もあります。

Linuxでは診断用のコマンドがあります。下記のURLを参照してください。
・http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/521smartinfo.html

しかし、音が変だという時点で故障の可能性があるわけですから、早めにバックアップをとるなどの処置をとり、万一の場合に備えましょう。故障してからでは後の祭りです。

スキャンディスクで異常が認められた場合、その箇所は既にエラーなのでデータは壊れているはずです。修復はあてになりません。常日頃から、大事なデータはバックアップとるようにすべきです。

HDD故障のまえぶれ

HDD(ハードディスク)の故障は、多少の差こそあれかなりの人が経験しているのではないでしょうか。
HDDは突然に故障するものと思いがちですが、過去を振り返ってみるとなんらかの予兆があったように思います。

例を挙げると、急にHDDの起動が遅くなる。HDDにファイルなどのデータ書き込みの際、失敗する度合いが増えてきた、などです。
たいがいの場合、パソコンを再起動すると正常の状態に戻ることが多くあまり深く考えずに見過ごされてしまいすが、このときからHDDは徐々に壊れていったのかも知れませんね。

もし、パソコンのハードディスクの状態がいつもと違うなって思った時点で、データ復旧業者に見てもらうなり、自身でバックアップを取るなりしていればハードディスクが完全に壊れてデータ復旧困難な状態になることはなかったと思います。

HDDが破損すると思わぬ被害が待っています。
その中でも一番大きな被害は、今まで大切に蓄積してきたデータの消滅などです。家計簿やデジカメの画像、メールなどさまざまな情報があることでしょう。

ハードディスクが破損した場合でも、ソフトウェアなどは再インストールすれば復旧できるわけですから時間はかかりますが、大きな被害とは言えません。
しかし、データは二度と再構築できないものの方が多いですので致命的な損失と言う事になると言えます。

こうなる前に、少しでもいつもと違うと思ったらハードディスクの診断を業者に受けさせるなどして対応策を講じる事をおすすめします。

HDD故障時の処置

HDDが突然故障したら、気が動転してどうしてよいか分からなくなってしまいますよね。
そうなっても困らないように、事前に準備しておく必要があります。
パソコンに電源を入れても起動しない場合、どうして動かないのかという確認がまず必要だと思います。

単純に電源が抜けている可能性もあるし、ケーブルなどが緩んでいるケースもあります。
きちんとケーブル関係がパソコンに繋がっている事を確認しましょう。

HDDには、各々重要なファイルやデータが入っていると思います。
パソコンが壊れてもデータだけは何とか取り戻したいと思うのが人情です。このデータさえ無事であれば何とかなります。

別のパソコンを一台用意するだけでデータが復旧できます。
しかし、HDDが全然動かなくなった場合には、交換する方法しかないのでデータを取り出すことができませんん。

別のパソコンに繋いでデータを取り出す事が可能なケースは、パソコンの電源周りが故障して動かなくなってしまった場合、またファイルが破損してOSそのものが立ち上がらなくなった場合などです。

データを取り出したいHDDをUSB接続のHDDケースに収納すれば、パソコンの筺体を開けてケーブルを繋いでというような面倒な事をせずに、USBコネクターケーブルを繋ぐだけでデータの読み出しが可能になります。

ですから、HDDが故障したからと言って慌てる必要はありません。まずは落ち着いてできる限りの事をしてみましょう。

HDDデータ修復作業の依頼

HDDが故障したとき、どのような手順でデータ修復を行う必要があるのかという点をお話しします。
壊れたHDDを直接復旧処理してしまうのは、非常に危険度が高い事だと思います。
通常はHDDの中身を一旦別のシステムにバックアップしてから処理を行います。
これをしないと処理中に何か問題が起きた場合、オリジナルそのものを更に壊してしまい、生かせるデータをも失ってしまうことに繋がりかねません。

こういうことを、ちゃんとやってくれる信頼性のあるデータ復旧業者を選定しなくてはならないと思います。
業者選定のポイントとして以下の事項を挙げますので参考にしてみてください。

○HDDデータ修復作業は自社内で行うのか、それとも他社に委託して作業させるのか。

○HDDデータ修復に関する最新の技術を所持しているのかどうか
 データ修復する施設や設備はどのようになっているのか

 パソコンのパーツと言うのは常に進化しているものです。その変化に対応できる技術や設備があるのかどうかという判断材料にします。

○過去に行ってきたHDD修復作業における実績の確認
 そして年間何件ぐらいの作業を行っているのかということ

 同業者は、たくさんいますので、その中でもどういった実績を挙げているのかは選定するポイントになります。

○HDDデータ流出の危険性があるため、データの管理は厳重に行っているのか?
 納品後、業者に預けたデータは完全に消去してくれるのか?というデータの扱い。

 昨今は、個人情報漏洩などが問題視され、セキュリティー面はどうなっているのか重要なポイントです。

お金をかけてデータの復旧を依頼するのですから、信頼できる業者を選定する事が大切だと思います。