そして我慢調整司に者の賃金水準を専門研究

May 28 [Mon], 2012, 11:22
広西あかつき通報市街区域の部分タクシー運事件だろう深センから2010初めからバス体制の改革を行うアラド戦記 rmt 。多くの路線の司につながると改革者賃金不透明で収入が減り、近日中に止まって、行動をだろうからrmt 。バス路線のだろうから多くの市民に深圳に影響が出。この担当者は、深セン市交通委員会及び三家フランチャイズ経営企業に対して一部路線バスだろうからしっかり応急メカニズムを起動維問題などから、他の線路支援、保障市民交通スムーズ。関係部門による「司に者の訴えは、起動賃金レベル調整の特別研究の仕事。」新華ネットの深セン3月26ニュース(記者黄浩苑)の深セン市最近多発バス路線だろう運事件の一部に移動、市民への影響。深セン市交通委員会26日新華社記者とのインタビューを受け、起動していな応急メカニズムを維し、我慢調整司に者の賃金水準を専門研究。関係を読む:記者の取材によると、最近の深セン多い路線司を乗って者だろうから、駆け寄っバスターミナル、市政府のオフィス区て抗議行動を高めるなど、待遇表現の訴え。深セン東部公共交通株式会社乗務員秦红珍は記者に教えて、「私の2月2日春節殘業が、二月の給料をもらっ1800多元が、1月に正常に出勤はもらっ2000多元、賃金は非常に正常ではない。今多くの乗務員と運転手と低賃金、不合理、出勤したくない。」深セン市交通委員会の関係者はこれに応じたと、元の請負経営モードでは、一般的に仕事270−280司者毎月時間が、統合改革後、司に者月勤務時間約30%低下、労働強度の低下、給料もそれなりに下がった10%−30%平均。牡丹江タクシー運騒ぎ:政府だろう経営権政策割導火線江蘇塩城800タクシーだろう運政府に求めK车(写真)に打撃を与える
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/hdaseq/index1_0.rdf