抜群の履き心地を味わえるスニーカー

September 19 [Tue], 2017, 16:40
この度のクリスチャンルブタンのクリスチャンルブタン スニーカー コピーには、「ホールカット」という製法が採用されている。AR(拡張現実)技術により、アプリをダウンロードしたスマートフォンをスニーカーにかざすと、サカナクションの山口一郎氏によるARサウンドが聞こえてくるモデルと、スマートフォンでフラッシュ撮影をすると柄が見えてくる再帰性反射素材を用いたモデルが展開される。いずれも日常と非日常をコンセプトとする「アンリアレイジ」らしい二面性を備えたデザインだ。

足を覆う甲革に一枚革を用いる製法で、革を重ねて縫う切り替えがないため、軽くやわらかで足あたりがよく、抜群の履き心地を味わえるのが特長だ。しかし、一枚の大きなパーツを取るには広範囲にキズが少ない上質な革が不可欠で、立体的に成型するにも高い技術力が問われる。ホールカットシューズがhttp://www.001ban.net/brand-122.htmlの最高峰と称されるのは、そのためなのだ。またステッチがない分シルエットもうつくしく引き立つが、どうしてもデザインはミニマルにならざるを得なかった。

ウイークデイはジョンロブのドレスシューズをはき、週末やヴァケーションの際ははき心地もリラックスできるものを、というスーパーコピー 通販に応えるかたちで、このデザインはつくられている。だからこそ、カジュアルではありつつも、かれらが必要とするクラス感が備わっているのだ。