2012北海道初日は芦別岳

July 07 [Sat], 2012, 19:11
帰宅してからデジカメ画像追加して編集するけどとりあえず、メモとして四時半に小樽着、今回はバイクは30台くらいで少ないけど自衛隊車両がいたりハヤテのごとく エロして、フェリーは満車バイクは最後なので小樽上陸は五時半くらい。
すぐ高速に乗り滝川まで、ここから38号線をナイショの速度で飛ばし、小樽から登山口まで185Kmだった。
芦別岳は標高1700mくらいの山だけど、登山口の標高は400mくらい。
時間的に新道をピストンするしかないけど、それほど楽な山ではない。
まあ、装備が軽い分、楽は楽だけど。
7時50分登山口出発、普通に心拍数120くらいであるく。
それでも富良野の気温はけっこう高いので汗をかく、コンビニで水を2リットル買って正解だった登りはじめてすぐに、二ヶ所でヒグマの新しいフンを見つけ、おー北海道の山だなと妙に感心したりして平日なので登山口の車は78台と少ない3年前に単独で北海道の山を登りはじめたが、最初から辛子スプレーと鈴と笛の三塔Zットを持参している。
単独の時はバイクなのでフェリーではガスボンベを携行できることもメリット。
1時間に標高差450mのペースで順調に登り、11時20分ひょっこりと山頂に飛び出した。
3時間30分かかった。
生憎、薄曇りで視界が悪いので、しばらくガスが晴れるのを待つことにする。
この間、電話がつながるので十勝岳山麓の白銀荘に十勝岳の様子を聞いたら、火山性ガスのため登山口は閉鎖だけどキャンプ場は平常通り営業中とのこと本来の計画はこの日に白銀荘キャンプ場から十勝岳に登り、下山してからのんびりする予定だった。
芦別岳の登山口にもキャンプ場はあるけど、標高が低くて暑そうだし、温泉もない。
時間も早いので、下山後に白銀荘まで移動することにした。
30分くらい景色を眺めて山頂にいて、時々ガスの切れ間からの景色を写真に撮ってから下山開始。
山頂からの左の谷は残雪が多くアルペン的な急峻な地形、尖った岩場も冬期は登攀対象として面白そうだ。
八ヶ岳西壁みたい。
そう言えば、登る途中でヘリが旋回していたけど、捜索なのかな。
14時20分登山口戻り、下山は2時間30分だった。
今回の北海道ツーリングから携帯ナビを使い始めたので目的地をセットすれば楽々だ、元々自転車用なんだけどナビの案内音声も大きくてヘルメット被ってて乗車中も聞こえる。
ナビを白銀荘にセットして3時前に今夜のキャンプ地に出発した。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hcgzkotrhb
読者になる
2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hcgzkotrhb/index1_0.rdf