アスベストの健康被害【肺がん・胸膜プラーク】

August 12 [Mon], 2013, 15:56
【肺がん】
アスベストの健康被害の一つとして「肺がん」が挙げられます。吸い込んでから潜伏期間が大体15?40年程有ると言われています。肺の細胞に吸い込んだアスベストが刺さった場合、その刺激で肺がんが引き起こされると言われています。その為にアスベストの吸い込み量が多ければ多いほど、刺激が加われば加わる程危険性は高まってくると言われていて、アスベスト肺になってしまった人は特に肺がんになる確率が高まるとも言われています。また、アスベストを取り扱っていて、プラスして喫煙をしている場合は更に肺がんになる危険性が高まるみたいです。同じ喫煙者の肺がんでもアスベストを吸入した人は死亡率も50倍になると言われています。出来れば初期段階での治療が出来れば良いですので健康診断は定期的に行っていただければと思います。

【胸膜プラーク】
お見合い アスベストの健康被害の一つとして「胸膜プラーク」が挙げられます。胸膜が部分的に厚くなってしまった状態の事を指しています。この病気は少量のアスベストでも発病しやすくなっています。アスベストを吸ったからと言って直ぐに呼吸機能が低下してしまう訳ではないのですが、徐々に病状が進行していきますので注意が必要です。健康診断を受けた状態で、胸膜プラークが有ると指摘された場合、合併症としてアスベスト肺や肺がん、中皮腫を引き起こしてしまう可能性が有りますので、定期的に健康診断を受けて早めの発見をする事が大切となります。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:のどかia4p
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hcdqg75z/index1_0.rdf