看護師のトラブルはこれで安心!

February 22 [Sat], 2014, 15:25
ですが看護師が疲弊するほどの労働環境は、事故を誘発する危険性を秘めていることとなります。
言い争いになって、後から大きな問題になる前に対処法を考えておくことが必要です。
そもそも「ワーク・ライフ・バランス」とは「仕事と生活の調和」という意味であり、ここでの生活の定義は、「プライベートな生活」を指しています。
数年前に、20代の看護師の過労死が労災認定され、それによる日本看護協会の調査では、過労死レベルの看護職が全国に2万人も存在しています。
また患者がベッドのどちら側から降りるかを確認し、降りやすいようにベッド柵の位置を設定するほか、ベッドの高さを患者に合わせて調整する必要もあります。
これから新卒であらたな思いを持って看護師として働こうとしている人にも、敬意を表したいところです。
これは、こういった装飾品が看護の邪魔になることを防ぐという意味があります。
新しい薬の調合や点滴薬の変更がうまくいかずに起きた問題であり、しばらくは要注意ということで夜間の見回りも強化されました。
栄養源や水分量が適切な量でない場合には、大量な水分が下痢、少ないのであれば脱水状態や栄養失調を引き起こしかねないのです。
ただしクレームも過剰になると犯罪ですし、病院としてはスタッフや他の患者の安全を守ることが大前提です。
看護師は日々トラブルに巻き込まれやすいです。
主任看護師をしている友達も、後輩看護師と患者さんのトラブルの責任を問われて大変だったことがあります。
しかしながら残念ながら、「クレーマー」と呼ばれる患者が増えてきたことも、悲しい事実です。
看護師のためのトラブルと法的知識を探求するブログ
看護師のためのトラブルと法的知識なぜなに
看護師のためのトラブルと法的知識あるある?
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hccyhxec
読者になる
2014年02月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hccyhxec/index1_0.rdf