現金化フリークレジット

July 14 [Sun], 2013, 4:27


非常に微妙な話となるのですが、現実的にはクレジットカードの現金化を執り行う、換金業者が指定する商品を購入した場合でも、実はクレジットカード会社は、その購入代金の一定の手数料を得ています。
したがって現実的には、利益者がトラブルに見舞われない限り、その行為を黙認しているというのが実際のところとなっています。


過払い金返還請求については、最近ニュースでもたまに流れることがありますので、聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。
貸金業者に対し、払いすぎているお金の返還を請求する手続きです。


たとえば、「浪費やギャンブルが原因で、大きな借金をしたこと」は、破産法で、免責不許可事由とされています。


※東京地裁では、個人の破産の場合であっても、事実上、本人申し立てによる自己破産は困難(司法書士による書類作成も同様)で、弁護士申し立てを強制するような運用がされているようです。
これは全国で東京地裁だけの問題であり、他の裁判所では弁護士代理を強制されるようなことはありません。


クレジットカード現金化業者の中には、そもそもはじめから『詐欺目的』で作られたサイトやお店もあるようで、こういったところにひっかかってしまうと、手数料が10%とか40%とかそういった問題ですらなく、1円すら回収できない…なんて可能性も。
つまり100%、相手にお金を持ち逃げされてしまい、自分には支払いだけ残る…という最悪の構図になってしまう。


ちなみに現金化が違法ならパチンコの三店方式も違法であるという意見もありますが、バックがパチンコ店と癒着している公共の秩序を守るべき大きな組織なので、見逃されています。


カード現金化の数は一時期より増加傾向は収まり、数は安定している傾向にあります。
バランス的には違法を行っているような悪徳系企業は年々減少しています。
理由は新規顧客が獲得できない事とやはり警察庁や消費者庁の警告により警戒が強まっている事の影響があります。
だからといって全てが壊滅状態とは言い切れず、闇金上がりの会社が手口を変えて存在しています。
騙し方は様々ですが還元、キャッシュバック率が表示と大幅に異なるパターン(平均的に80%が現時点での相場です)が多いようです。
悪質な場合は全く入金されないという罪になる手口がありますが、カード現金化が年々減少している傾向にあります。
またお客様の個人情報だけ収集している会社もあります。
申し込みフォームからお金に困っている方の電話番号やメールアドレスを闇金などに販売している業者です。
引っ掛からないようにするためにはやはり最初にカード現金化の公式ホームページのクオリティを見ましょう。
ほとんどの違法な業者はいつでも撤退できるように簡易的な作りになっています。
他には会社概要や住所などを確認する事や、電話応対や細かく質問をしてみる事などがあります。


カード現金化の他に借りる術がないという意見も

どんな些細なことでも説明責任があると自負しておりますので、カードでお金をご希望のお客様の要望がある限り確実に納得をして頂ける明朗な金額説明を志しております。


クレカ堂のよいところは、迅速かつ丁寧な対応です。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:るみちん
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hbpodbnj/index1_0.rdf