小松とビーシュリンプ

July 10 [Sun], 2016, 12:30
髪の毛を育てる効果がノコギリヤシにあるのはなぜかというと、5αリダクターゼという脱毛原因物質が作用しないようにすることにより抜け毛が起きるのをストップできるからなのです。5αリダクターゼはジヒドロテストステロンという名前の物質と組み合わされると、皮脂を大量に発生させます。出すぎた皮脂が毛穴に詰まり込んでしまうと抜け毛が発生したり、髪の毛が生育しづらくなったりしてしまいます。付け加えておきますが、ノコギリヤシはそのまま食べるわけでなくて、エキスが使用されます。今では簡単に海外のものも手に入る時代ですので、インターネット通販などで、海外ならではの強力な育毛剤やAGA治療薬も簡単に、安く買えてしまいます。しかし、安易に考えてはいけないのは、海外通販には保証が何もないということです。偽物が混じっていたり、質の悪いものが出回っていることも多々あります。中には、それを使うことによって、健康被害がある可能性も拭えません。また、海外と日本では生活スタイルも異なるため、体格や体質にも差があり、海外で一般的に使われている商品だとしても大丈夫、という訳ではないのです。育毛に効果のあるものは身の回りにたくさんありますが、その一つが、ミツバチのつくる、蜂蜜です。ハチミツは、葉酸、ビタミンB1、B2といったビタミン類を栄養成分として含み、さらに、ミネラル、つまり、鉄・カルシウムなどの含有量も多いのです。蜂蜜と胡麻を一緒に摂取すれば、お互いが働く上でいい影響を与えますから、トーストに塗るバターを、蜂蜜胡麻ペーストに置き換えるなどして、毎日の食事で、ゴマ+はちみつを意識して取り入れるようにしてください。ハチミツはさらに、それをシャンプー・リンスに混ぜることによって、マイルドに頭髪をケアするといった使い方もあります。血小板は、血液の凝固に関わる血液成分です。この血小板に働きかけ、血流を良い状態にし、毛細血管内も順調に流れるようにし、それに加えて、毛細血管そのものを拡張させたりする物質がグルコサミンです。自然界においては、カニやエビなど甲殻類の殻に、大量に含まれています。血液の流れを良くしたり、毛細血管を拡張したりする働きは、育毛にとても役立ちます。グルコサミンのこういった働きによって、毛の成長に不可欠な栄養が、血液によって円滑に運ばれ、頭皮の毛細血管にまでしっかりと行き届き、育毛に重要な毛乳頭という部分に栄養を与えることができるため、このようにして、育毛が捗るようになります。このことがよく周知されて、近頃の育毛剤には他の成分と共にグルコサミンが入っているものが増えてきているようです。テレビの影響なのか、育毛とは頭皮に刺激を与えることだとして、「ブラシで頭トントン」を連想する人が少なくないです。肩コリのときに叩いて血行を良くするイメージと重なって覚えやすいのでしょうか。でも、自己流でブラシでトントンしてしまうことを考えるとちょっと怖くなります。市販のブラシは力を逃がすことに配慮していません。そんなもので叩けば頭皮にものすごい負担をかけてしまうので、絶対に行わないでください。腕や足を爪で掻いてもダメージはありませんが、頭皮の角質は簡単にとれます。それくらい繊細で柔らかい場所を叩けば頭皮を傷つけ、角質層が厚くなってフケが増えたり健康な髪が生えなくなったりします。血行促進には頭皮マッサージが良いのですが、気持ち良いからといって爪をたてないようにしてください。爪をたてることでとれるフケや汚れだと思う白いものは、刺激によって剥がれた本来ならまだ肌に残っているべき角質です。指先だけを使って余分な負担をかけないようにしましょう。心配な人は、専用の頭皮ストレッチャーを使うと力の加減が出来て良いかもしれません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:拓実
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hbo7hvratiomt5/index1_0.rdf