梅村だけどソリハシシギ

February 14 [Sun], 2016, 11:47
家族のお祝いや年末年始、ちょっとしたパーティーなど通信販売でのかに購入には色々なきっかけがあると思います。他の海産物なら、自分の目で見て買った方がいいと思いますが、かにだけはお取り寄せすることに決めています。その理由は、かにって大きいものは何キロにもなりますよね。家族の人数分だと何十キロまでいくかわかりません。メリットの1番目はたくさん買えることです。何人分でも大丈夫です。何キロでも好きなだけ買うことができますし、配送の担当者が日本全国津々浦々、自宅の入り口まで指定日、時間に正確に届けてくれます。食べたい日が決まったら指定できるのはうれしいですね。重いものを自分で運ばなくていいので助かります。鮮度と最高の味わい、直送されることでいつでも手軽に手に入れることができるようになったかにを自室でくつろぎながら最高の状態で頂くという究極の贅沢が通販ならではのメリットでしょう。かには美味しいけれどそう頻繁に食べられるものじゃありませんよね。ましてお手ごろ価格だったらもっと言うことないと思いませんか。かにが思う存分食べたい。そんな人にはかにを通信販売で買うのがいいと聞いたことがあり、試してみました。かにを産地直送でお取り寄せできる通販は、何故こんなにおススメ度が高いかというと、店頭に並ぶ時点で鮮度が落ちているスーパーのかにと違い、通販の新鮮で安心な高品質のかにが即日発送で送られ、直接買いに行くより便利なのです。加えてスーパーよりもお得な産地価格で、良心的価格実現が多いと言うのですからますますびっくりですね。かに専門店ならではの変り種のかにを安く出してくれることもあり、お得意様になってもいいかもしれません。紅ズワイガニは、安いが味は今ひとつ、と、かにに詳しい方が言うのですがそうは思いません。今まで紅ズワイガニを食べた記憶をたどっておいしいと思ったことがないなら紅ズワイガニの本当のおいしさを知らないだけでしょう。紅ズワイガニは鮮度が命で、新鮮ならみんながおいしさを認めます。新鮮な紅ズワイガニは手に入りにくいのでおいしくないと思われているのかもしれません。蟹通販では実に様々な種類の蟹を買うことができます。中でも私が自信を持って皆様にオススメする種類は、冷凍の蟹、それも獲れたばかりの蟹をすぐに茹でて冷凍したものです。「えっ、活きた蟹のほうが新鮮で美味しいんじゃないの?」と思う方は多いでしょうが、活蟹はいかに新鮮とはいえ、素人が簡単に捌けないという難点があります。また、慣れていない人が蟹を茹でるのは初めての方は失敗しやすいので、あらかじめ茹でた状態で冷凍した蟹を購入するのが賢明だということになります。自分の周りでも、かに通販でかにを買って良かったということが続いています。少し前には考えられなかったことですが、宅配便で冷蔵でも冷凍でも全国に届けられるようになり、自分が選んだ産地から、好きな種類のかにを宅配便で手に入れられるようになったためです。通販で冷凍のかに、は昔の話です。最近は生のかにもおいしく買えるようになったので生でも冷凍でも、かにを食べたいときには少々時間はかかりますが、店舗に行くよりもまずはかに通販、が当たり前になっています。松葉ガニのメスの呼び名がセコガニです。どちらかといえば、松葉ガニより小ぶりなかにですが、この時期にしかない卵がぎっしり入っていて全体に濃厚な味なので、松葉ガニよりも、通好みでファンが根強くいます。市場に出回るのは、ごく短い期間です。わずかに11月から1月の間と漁の期間は決まっているのでめったに食べられないのです。家での食事にかにが出てくるだけでなんだか華やぐという経験は誰でも味わったことでしょう。まるまる一匹のかににお目にかかったなら、みんなが笑顔になったはずです。近所のスーパーでかにを買おうとしても、一匹丸ごとのかにはそうそう売っていません。その問題を解決できるのは通販で、市場で買うのと同じくらい新鮮で、それより安いことが多く、お財布にもやさしいでしょう。せっかくの蟹を美味しく味わおうと思えば、調理の部分で手を抜くわけにはいきません。ご家庭で蟹を食べる場合、調理法は茹で蟹が基本でしょう。そこで、蟹をうまく茹でるための方法を押さえておくので全てが決まると言ってもよいでしょう。多くの方が気になるそのコツというのは、小さい鍋ではダメで、出来る限り大きめの鍋を用いることです。脚の端や胴体がお湯から出ないように気を付けましょう。そうしたら、蟹を茹でるのが初めてでも上手くいくでしょう。これからの時期が最も美味しい蟹。旬の蟹を最も楽しめる食べ方は、たっぷりのお湯で茹でる茹で蟹、そして蟹鍋を推させてもらいます。他の調理法も捨てがたいですが、やはりこの二つが群を抜いています。中には、蟹しゃぶや蟹刺しを推す人もいるかもしれませんが、漁獲地のお店で出される場合など、きわめて新鮮でないと美味しくありません。蟹の食べ方として塩茹でや鍋が良いと言われる理由がそれです。それなら多少鮮度が落ちたくらいでは味は悪くなりません。風味に繊細さが感じられなかったり、なんとなく物足りないときは、土佐酢などのタレを少し工夫するだけで、ご自宅でも蟹専門のお店のような味わいが堪能できます。人気の蟹通販といってもどんな商品を買えばいいのでしょうか。一番のオススメは、殻が向いてあって食べやすく、量も多いポーションタイプの商品です。活蟹には活蟹にしかない美味しさがありますが、身をさばいたり、殻を剥いたりしなければならず、手軽さはありません。どうすれば蟹を手軽に味わえるのかは永遠のテーマでしたが、その点では活蟹よりもあえてポーションの蟹を選び、蟹鍋をするのが私のイチオシです!一方、蟹ミソや甲羅酒の魅力も捨てがたいという方は、蟹通販ならキズモノなどの訳ありで安くなっている蟹が買えるので、リーズナブルに蟹を堪能することができます。今後はこれで決まりですね!蟹を食べるのにお得ないい方法は、日帰りで、蟹の食べ放題が堪能できるツアーというものがあり、こちらのご利用をお勧めします。何故か?それは、実際にこの方法で蟹を食べたとします。すると、普段通り蟹を買い、そして自宅で食べる、というような方法をとった時よりも蟹を食べるのに確実にお得な方法だからです。それに加えて、蟹が美味しく食べられるところで行われることが多いツアーであるので価格または量といった点だけでなく、質がいいことも感じられると思います。蟹通販というものをご存じでしょうか? 実際に利用したことがある人も、ひょっとしたらいるかもしれません。しかしながら、通販で売っている蟹のグレードは大丈夫なのかなんだか半信半疑な人もいるかもしれません。少しばかり昔なら、通販の蟹は質が悪いものと相場が決まっており、良い蟹が買えた話はそう簡単には信じられませんでした。ところが、ここ最近では店でも売っていないような、美味しく新鮮な産地直送の蟹をネット通販で取り寄せることが簡単にできるのです。テレビの通販チャンネルで蟹通販の宣伝を見かけ、巧みな宣伝につられ、蟹通販の利用を検討した人もいるかと思います。ですが、今は通販のメインもネットにシフトしている時代。まずはネットでテレビ通販よりも安価で新鮮な蟹を売っていないかどうか、調べてからでも遅くはないですよね。その理由は、テレビ番組を通じて買うよりも、ネットで注文した方が安い値段で買える、または同じ値段ならより良い蟹を買えるからです。ただ、ネット独特の詐欺や商品トラブルなどを避けたい方は、信頼と実績のあるテレビの通販番組を通じて購入する方がより安心して蟹を味わうことができるでしょうね。蟹をさばくのは難しいものです。活蟹のさばき方を簡単にご説明します。最初はお腹が上になるように蟹をまな板の上に置き、蟹のふんどしを外します。これは蟹のお腹にある三角形の部分で、指で押すと柔らかいのがわかります。次いで、包丁の手元の部分を使い、お腹の真ん中に切れ込みを入れます。腹の切れ目を支点に、手で折り曲げるように足を胴体から外します。この手順のとき、胴についたひだ状のエラや薄膜を指で外しておくといいでしょう。蟹みそがこぼれやすいので、あらかじめかき出して甲羅を入れ物にしておきましょう。ここまできたら、あとは脚の関節を包丁またはハサミで切り離して、その表面にやはり包丁や調理バサミで切り込みを入れるのが上手な調理の仕方です。蟹のシーズンは冬というイメージがありますが、蟹って特定の時期にしか獲れないことになっています。解禁日というものが地域ごとや種類ごとに決まっています。無秩序な乱獲を防ぐためにも、越前ガニは毎年11月6日、紅ズワイガニは毎年9月1日など、解禁日が定められ、その期間以外は漁をしてはならないというルールが厳格に定められています。毎年の蟹シーズンに一番乗りするためには、解禁日がいつ頃になるのか、ちゃんと調べておくことをオススメいたします。蟹の美味しい季節になりました。脚の身が絶品という方も多いですが、蟹ミソこそが蟹の醍醐味という人も多いでしょう。美味しい蟹ミソを味わえる蟹に関して一家言申し上げるなら、蟹の中でも毛ガニが一番のオススメです。新鮮な毛ガニのみそは、とろけるような美味しさで有名で、あらゆる蟹の中でも絶品と言われる味を楽しめます。私のオススメの食べ方は、脚肉をほぐしてミソとあえるというもの。ついつい普段よりもお酒が進みますね。かに通販だと、新鮮なものが届くかどうか気になりますよね。その心配はもっともで、一昔前まで通販のかにはどうも鮮度が、といわれるばかりでした。今どき、そんなことをいう人はほとんどいません。産地で加工した品をそのまま宅配できるようになって、市場で購入して、運んできた品と通販の品が全く同レベルでおいしい新鮮なかにを味わえるようになりました。とはいえ、どの通販も全て鮮度や味に問題がないとは言いがたいので、購入先は信頼の置けるところにしてください。美味しいカニを食べるには、店頭あるいは通販で入手する方法のほか、温泉地へ出向くという方法があります。中には蟹で有名な温泉地もあるからです。近辺に蟹の産地がある温泉地の場合、いいシーズンであれば、蟹も美味しく食べられて、温泉も楽しめる、そんな体験ができるでしょう。そうは言っても、どんな時期に行っても温泉は堪能できるのですが、蟹は必ずしもいつでも食べられるとは限らないので、行く時期を選んでください。どんな食品でもそうですが、おいしいかにを見極めたいなら、ブランドがにの中から探してみるなど検討してください。ブランドがにの目印として、産地や名称のタグがついているでしょう。その名は、特定地域で獲れたかにであることの保証だと考えてください。当然ながら、それは味の証明にもなっているので、他のかにとは違うことを示すためにブランド名に仕立てたのです。お買い得品の代名詞となることの多い「訳あり品」は、賢い主婦に大人気のものが数多くネットなどで出品されています。中でもかに通販の訳あり品とは、価格を大幅に下げなければ売れないほどの、どんな瑕疵つまり傷があるのか、気にしなければいいというわけでもないですね。判断はお店次第ですから、必ずしも同じ様なものにはなりませんが、ほとんどは大きさが揃わず、極端に大きいものや、反対に小さすぎたりというもので、サイズなんてグラムで売れば関係ないんじゃないかとも思うのですが、そうとばかりも言えないようで。天然物なのだから大きさが揃わないのは当然なのに、バランスが取れないという理由ではじかれることもあったりします。気がつかないような甲羅や爪の傷も容赦ありません。聞いているだけで申し訳ないような気分になってきました。余程のセレブでない限り気にして食べないなんて、大損です。実家や兄弟にも送ってあげようと思います。残念ながらご進物にはなりませんが。モクズガニはズガニという名前でも呼ばれます。モクズガニという名前の方が聞いたことがある人は少なくないでしょう。この蟹は河川で水揚げされ、鋏の毛が特色として挙げられます。また、甲羅が手のひらより一回りほど小ぶりではありますが、それを鑑みると、脚が長いことが特徴です。専らお味噌汁や炊き込みご飯として、たくさんの人に愛されています。日頃から親しんでいるものの中にも、詐欺の芽が隠れていることがあるようで、ここのところ増えているというのが、なかなか食べる機会のないかにを食べたい気持ちを煽り、通販を騙ってお金を出させる詐欺です。まずはかに通販会社と称するところから電話がかかり、何周年キャンペーンでただ同然のかにを買えるなどと興味を引き、電話でのやりとりの欠点として証拠が残せないものの、断ったつもりで安心していると数日が経った頃、断ったはずのかにと思われる大きな宅配便の箱が届き、中に入っている請求書にあ然とします。返品しようにもクーリングオフの対象外と断られ、泣く泣くお金を払うことになってしまいます。その他にも、経済的に余裕のある人を対象に、高価格、高品質のかにを装って、その実、平気で何ランクも下の品物を送ってきて知らん顔をしていたりします。これも立派な詐欺です。美味しいかにを食べるつもりだった期待を裏切られ余分なお金まで取られるなんて、ひどい話です。こうなったら、あらゆることに注意をし、知らない人の誘いに乗らない、アンケートには絶対に答えないなど、不用意な接触を断つことがいいのかもしれません。どんな毛蟹を選んだらよいか、いくつか挙げてみましょう。まず、獲れた時期です。大きく成長し、身が詰まっているのは冬で活がにならベストのシーズンです。加えて、外せないのは新鮮そうな色、大きさ、そして手にして重みがあるかです。見た目にも新鮮そうで、持ったときに重みを感じられるものを選ぶとよいです。身が詰まっているかには、やはり手応えが違います。購入する前に販売店の評価を調べ、高い評価のお店へ行けばはずれは少ないと考えられます。通販でズワイガニを買ったことはありますか?カタログやサイトをよく見て、訳あり商品をチェックしてください。ほとんどの通販では、訳ありの理由を示していますが、市場に出すものより大きいか小さいか、中身に害のない傷がある品ばかりですから、風味に問題があるわけではありません。それなのに、値段はものすごく安いのです。いつも出回っているわけではないようですが、見つけられれば訳あり商品を候補にしていくのが通販の王道だというべきでしょう。通販のかには、安ければいいというわけではありません。実際に見て選ぶのとは違い、見本の通りの、身がぎっしり詰まった鮮度のよいものばかりとは言い切れません。そんな中で、まずは信頼できる業者から買うことが安くおいしいかにを購入するために必要です。かに通販に初挑戦という方は、良心的なお店を見つけるのも一苦労ですが、ネットの比較サイトを上手く活用して決めるまでに十分時間と手間をかけてください。皆さん、食用かにの種類をいくつ挙げられますか。みんなに知られているのはタラバガニかと思います。次に、毛蟹もよく見かけるかにで、その名の通り、全身が硬い毛で覆われています。身にしても、味噌にしても独特の香ばしさで、熱心なファンが数多くいます。味ならズワイガニが一番、といわれるくらい固定ファンがいます。どのかにも、独自の味わいがあり、自分の好きなかにを持つ方も多いのです。蟹の品種も様々ですが、通好みの蟹の一つとして数えられるのが、北海道の名産、花咲蟹です。花咲蟹はコンブガニとも呼ばれており、分布が狭く、北海道の東部でしか水揚げできないのですが、そのコクのある味わいは上品で食通好みです。花咲蟹の肉は太いですが、やわらかさも兼ね備えていて、身入りが多いことでも知られる、わりと大きな蟹です。夏に入る7月頃から、秋に入る9月頃までが旬であると評判です。限られた時期にしか手に入らないので、頑張って購入してみましょう。最近のブームである蟹通販。これを利用すればお店に行かなくても、全国各地で水揚げされた新鮮な蟹を自宅にお取り寄せできます。勿論、注意すべき点もあります。蟹通販の業者は数が多く、詐欺まがいの業者や、他と比べて高すぎるところもあるので、業者選びを間違えると、損してしまうこともあります。多くの通販サイトを眺めていくと、格安に蟹を取り寄せることができる業者もあるでしょう。しかし、お得すぎるのも禁物です。あまりに安価な場合、品質やトラブルのリスクなど、どこかに落とし穴がないか、十分確かめてから利用しましょう。蟹の調理の仕方においては、蟹が今、どういった状態であるかにより注意点が異なってきます。いくつかあるポイントの中でとりわけ注意すべきことは、冷凍蟹を解凍するときどうやるかということです。多数の人々が解凍を早めたいと、蟹を水に浸して溶かそうとします。そうした場合、蟹の良さである旨味が消えてしまうため多少時間はかかりますが、ゆっくり冷蔵庫の中で解凍しましょう。時々聞く失敗談ですが、通販でかにを買って、自宅で保管できない量を買ってしまうということです。通販がなかった時代のように、実際の店舗でしか買えなければいざお金を払うときに、自分がどれだけ大量に買おうとしているかわかり、自宅で保管できない量を買うことはまずないでしょう。一方、通販では、店舗より安い値段で大きなかにが買えるので、とても食べきれない量を注文し、全部食べきるまで大変だったという話を通販の中でも、かにではありがちです。せっかくのおいしいかにです。おいしく食べきれるよう考えましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:七海
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hbntatonmoteow/index1_0.rdf