【インド株】4/1午前、続伸:アジア主要国市場と同一歩調 / 2010年04月06日(火)
 ボンベイ証券取引所(BSE)のSENSEX指数は1日13時29分現在、3月31日の終値比101.78ポイント高の17,629.55ポイント。率にして0.58%の反発となっている。

 この日の日経平均が約154円反発し、約1年半ぶりの高値に達した上、上海総合指数も2カ月ぶりの高値を記録しており、アジア主要国の株式市場における強い動きを好感して、当地も堅調な動きとなっている。ただ、3連休を控えた利益確定や持ち高軽減の動きも活発化している。

 31日の同指数終値は30日の終値比62.40ポイント安の17,527.77ポイント。率にして0.35%の続落。指数構成30銘柄のうち、値上がりが13銘柄、値下がりが17銘柄だった。

 個別銘柄では、住宅開発金融会社(HDFC)の2.85%上昇、リライアンス・コミュニケーションズの2.62%上昇、国家火力発電公社(NTPC)の1.97%上昇、サン・ファーマシューティカルの1.77%上昇、HDFC銀行の1.37%上昇などが目立った。一方、下落銘柄で目立ったものは、タタ・コンサルタンシー・サービシズの2.49%下落、ITCの2.14%下落、ヒーロー・ホンダの1.23%下落、リライアンス・インダストリーズの1.21%下落、ヒンダルコの1.12%下落など。

 投資主体別に見ると、外国機関投資家(FII)が43億3,520万ルピーの買い越しを継続した一方、国内機関投資家(DII)は35億6,580万ルピーの売り越しに転じた。(ボンベイ証券取引所=BSEの取引記録などから)

04/01/2010 4月2日8時0分配信 インド新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000002-indonews-int
 
   
Posted at 08:43/ この記事のURL
グーグル、債券トレーダーを募集 潤沢な資金を投資運用へ、将来的に金融業へ進出も / 2010年04月06日(火)
 インターネット検索大手の米グーグルが、新しく外国債券トレーダー職を募集していることが先月明らかになった。同社サイトで告知されており、米紙ニューヨーク・タイムズなどが報道するなど同社の動向に注目が集まっている。

 グーグルは創業してから今年で12年と企業としてはまもないが、時価総額はトヨタを上回る規模にまで急成長を遂げ、世界的にも大企業の仲間入りを果たしている。しかも無借金経営で営業利益率は35%以上と、財務的にも超が付くほどの優良会社だ。

 これまでグーグルは投資家から集めた資金や、事業で得た売上は研究開発などに投入してきた。しかしそれでも使い切れず、現金に換金可能な資産は、1兆3000億円にまで膨れ上がっている。今回の募集は、社内に眠っている潤沢な資産を効率的に運用していくためのものと見られている。

 募集要項によれば、外国債、米国債や住宅ローン債券などを組み合わせて運用できるトレーダーを求めており、「5年以上の実務経験」や「企業投資と会計に精通していること」、さらには「ユーモアのセンスがあること」が応募資格となっている。

 米メディアによると、グーグルは、かつて創業者のセルゲイ・ブリン氏がヘッジファンド設立も考えたこともあったが、法的に困難が生じることからエリック・シュミットCEOが止めた過去があったようだ。しかし「金融」と「情報」はもともと関連性が高く、同社には世界中の金融データ、マーケット情報など運用に必要な情報を収集できる能力と施設が揃っているだけに、今後金融・投資サービスに本格的に進出してくる可能性も考えられる。

【4月4日14時40分配信 MONEYzine
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000001-sh_mon-bus_all
 
   
Posted at 08:05/ この記事のURL
役所広司「ビールの注ぎ方がうるさくなりそう」 / 2010年04月06日(火)
ヱビスビール新CM発表会が4月5日、ヱビスビール記念館(東京)で行われ、新キャラクターの役所広司が登場した。

役所広司の「三度注ぎ」の写真

「映画でも仕事をしたことがある馴染みのスタッフで楽しく過せた」と撮影を振り返った役所。京都で行われた撮影は雪が降ったそうで、「冬バージョンを撮ったほうが良いんじゃないかって言うくらい雪が降りましてね。でもその後、絵コンテどおりに晴れたのでラッキーでした」とコメント。撮影での印象的なエピソードを聞かれると、「舞妓さんが待てど暮らせど現場に現れなくて…。踊りの稽古でお師匠さんからなかなかOKが出なかったようで、厳しい世界だと思いましたね」と感心した様子で振り返った。

また、ビールをおいしく飲むためのコツとして役所に「三度注ぎ」が伝授された。普段は「飲んでるうちに(コップへの注ぎ)が雑になる」という役所も、一手間加えると「うまい。これからちょっとビールの注ぎ方にうるさくなりそう」と絶賛した。

新CMでは、京都・祇園の風情あふれる街並みを舞台にちょっと贅沢なビール(ヱビスビール)を表現する。テーマソング『第三の男』をサザンオールスターズの原由子が歌う。CMは4月10日(土)より放映開始。

【4月5日19時12分配信 @ぴあ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000001-pia-ent
 
   
Posted at 07:26/ この記事のURL
4時間以上に渡ってランティスの魅力がぎっしり! ランティス祭り後夜祭 / 2010年04月06日(火)
 昨年9月26日〜27日にかけて開催されたランティス祭りの後夜祭が12月19日、Shibuya O-EASTで開催された。当日は影山ヒロノブさん、遠藤正明さん、きただにひろしさん、緒方恵美さん、速水奨さん、栗林みな実さん、橋本みゆきさん、美郷あきさん、CooRieのrinoさん、飛蘭さん、mikltubといった、ランティスの精鋭アーティストが集結した。

【表:当日のセットリスト】 【拡大画像や各アーティストの画像】

 開演時間になるとアコギを構えた影山さんと遠藤さんがステージ中央に登場し、「ランティス祭り」(影山さん)、「後夜祭」(遠藤さん)、「はーじまるよー!」(二人で)と声高らかに叫び、熱い夜が開幕!

●第1部は各アーティストの代表曲ラッシュ

 第1部は各アーティストがMCでランティス祭りの思い出を振り返りつつ、ランティス祭りでは歌われることのなかった楽曲を中心に披露していった。milktubはアニメ「バカとテストと召喚獣」のEDテーマ「バカ・ゴーホーム」を歌い、きただにさんは久しぶりにソロで登場して会場を沸かせた。

 清廉な白いジャケットを着て登場した飛蘭さんと、色鮮やかな紬で登場した美郷あきさんはバラードで観客を魅了し、その後はrinoさんと栗林みな実さんが代表曲「君が望む永遠」を歌いあげる。2人の出会いは五反田ゆうぽーとで開催された「君が望む永遠」のイベントがきっかけだそうで、そこから長文メールのやり取りを繰り返し、9時間に渡って一緒に食事をするほど親交を深めたそうだ。

 橋本さんと緒方さんが歌い終えた後は速水奨さんがステージへ。速水さんはダンサー2人を従えての「monsoon」で一部歌詞を飛ばしてしまうが、「ちょっと長い間奏として自然だったよね」と、さすがの貫録で会場全体を頷かせてしまう。速水さんの歌声については、続いて登場した遠藤さんも「舞台袖で聴いてたんですけど、男も惚れますね!」とコメント。JAM Projectの若頭も、あっさり陥落してしまったようだ。

 第1部ラストは影山さんが「Young & Innocent」できっちり締めて、スローな曲を中心に、随所に笑いを織り込みながら進んだ第1部は終了した。

●ランティス10年の歴史を振り返った第2部

 第2部では後夜祭の出演者全員と、さらに、ランティスから代表取締役社長の井上俊次さん、取締役の松村起代子さん、執行役員の斎藤滋さんが登壇。会場のモニターを使って各アーティストのデビュー当時の様子などを、斎藤さんの司会進行で振り返る。

 速水さんや緒方さんといったベテラン勢がランティスとCD制作に取り組むようになった経緯や、栗林さんや美郷さんがデビュー前にしていたアルバイトの話題など、普段はうかがい知ることのできない話題ばかりで、濃い時間が流れた。

 10年を振り返る中で、節目節目の代表曲を井上さんのピアノに合わせてステージ上のアーティストが歌うコラボ(橋本さんが「サクラサクミライコイユメ」、milktubのbambooさんが「ハレ晴レユカイ」など)や、当日は会場に駆けつけることのできなかったyozuca*さんからのボイスメッセージなども披露され、設立から10年という歴史の重みと、培ってきた魅力が十分伝わったところで第3部へ。

●第3部からはランティスの名曲でラストスパート

 第3部はこれまでのまったりした空気とは正反対に、ノンストップのメドレーで突き進む。緒方さんは「恋のミクル伝説」を“みくる調”の歌い方で歌いきり、遠藤さんの「環境超人エコガインダー」は観客も一緒になって熱唱する。どのアーティストも、普段はまじめな表情で歌う楽曲も笑顔で歌っていたのは、やはりランティスで音楽をやっていける喜びが溢れ出ていたからなのだろう。わずか30分ほどで14曲の楽曲を披露し、ライブはフィナーレへ。

 アンコールでは当日出演した全アーティストで、「ランティス組曲」と「HERO」を大合唱! 所々で男性・女性それぞれが分かれてサポートに入ったりして、演出も凝っていた。全員で歌う「SKILL」や「もってけ! セーラーふく」は圧巻のひと言。普通のレコード会社では、所属アーティストが一堂に介して一緒に歌うことなんてあまり無いこともあって、ランティス・アーティストたちの、仲間としての絆の強さが感じられた。

 最後は、長老こと影山さんからご挨拶。「ランティスはきっと2010年からも、みんなに楽しんでもらえるような楽曲を作るという理想を貫いてくれると思います。俺たちも前に進んで、もっといいパフォーマンスができるように頑張ります。2010年からも俺たちを応援してください。来年必ずまた会おうぜ!」

【4月5日18時22分配信 ITmedia Gamez
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000052-zdn_g-game
 
   
Posted at 06:48/ この記事のURL
高瀬大樹が9年ぶりにパンクラス出場 / 2010年04月06日(火)
 総合格闘技パンクラス「PANCRASE 2010 PASSION TOUR」(4月29日、東京・ディファ有明)の追加対戦カードが発表され、「PRIDE」などで活躍した高瀬大樹の出場が決定した。

 高瀬のパンクラス参戦は実に9年ぶり。最後の出場は2001年3月までさかのぼる。現UFC世界ミドル級の絶対王者アンデウソン・シウバに土をつけたこともある寝技の達人は、その間キックボクシングやプロレスまで幅広く経験しており、満を持してパンクラス復帰を果たす。

 なお、この大会ではミドル級のタイトルマッチも行われ、第8代王者・金井一朗と暫定王者・近藤有己の一戦がすでに決定している。

■「PANCRASE 2010 PASSION TOUR」
4月29日(木・祝)東京・ディファ有明 開場15:00 開始17:00

【追加対戦カード】

<ミドル級戦/5分2R>
高瀬大樹(アイアムアイ/2勝3敗1分)
キム・フン(パンクラスコリア/Team Tackle/1勝1敗)

<ウェルター級戦/5分2R>
渡辺大介(パンクラスism/16勝25敗4分)
圭太郎(圭太郎道場/初参戦)

<ウェルター級戦/5分2R>
窪田幸生(坂口道場一族/21勝20敗8分)
北田有(和術慧舟會富山支部 S.P.O/1勝)

<ライト級戦/5分2R>
岩見谷智義(高田道場/4勝6敗1分)
岡澤弘太(ノヴァ・ウニオン・ジャパン/初参戦)

<ライト級戦/5分2R>
伊藤崇文(パンクラスism/’95NBT優勝/37勝30敗10分)
徳留一樹(パラエストラ八王子/初参戦)

<フェザー級戦/5分2R>
内山重行(GRABAKAジム/’09NBT同級優勝/3勝1敗)
高橋渉(Laughter7/1勝1敗2分)

【既報対戦カード】

<ミドル級 キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ/5分3R>
[王者]金井一朗(パンクラスism/8勝6敗1分)
[暫定王者]近藤有己(パンクラスism/’96NBT優勝/48勝10敗8分)

【4月5日23時32分配信 スポーツナビ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000024-spnavi-fight
 
   
Posted at 06:10/ この記事のURL
プリンスアイスワールド追加公演決定。ゲストに浅田真央が出演! / 2010年04月06日(火)
5月1日(土)から3日(月・祝)に新横浜スケートセンターで開催されるアイスショー『プリンスアイスワールド2010 横浜公演』の追加公演が決定した。追加公演は4日(火・祝)と5日(水・祝)。ゲストに先日の世界フィギュアで2年ぶりに優勝した浅田真央の出演が決定した。浅田のほかにも荒川静香や本田武史、八木沼純子らが出演する。チケットは4月4日(日)より一般発売開始。

浅田真央以外の出演者の写真

また、1日から3日に開催される本公演には、高橋大輔に加え鈴木明子の出演も新たに決定した。本公演のチケットは現在発売中。

出演者は以下のとおり

<5月1日〜3日>
八木沼純子withプリンスアイスワールドチーム、荒川静香、本田武史、太田由希奈、フィオナ・ザルドゥア&ドミトリー・スハノフ、高橋大輔、鈴木明子
<5月4日・5日>
八木沼純子withプリンスアイスワールドチーム、荒川静香、本田武史、太田由希奈、フィオナ・ザルドゥア&ドミトリー・スハノフ、浅田真央


【4月1日15時16分配信 @ぴあ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100401-00000001-pia-spo
 
   
Posted at 05:33/ この記事のURL
山崎宇宙飛行士、宇宙へ!JAXAライブ中継スタート!! / 2010年04月06日(火)
 JAXA(宇宙航空研究開発機構)は、山崎宇宙飛行士が搭乗するスペースシャトル「ディスカバリー号」の打ち上げに関するライブ中継を開始した。

ほかの画像

 打ち上げは19時21分の予定。今回の今回のミッションの目的は、レオナルドと名づけられた多目的補給モジュールをISSに輸送すること。山崎宇宙飛行士は物資移送責任者として参加する。

 山崎宇宙飛行士は、「補給モジュールを確実にゆっくりと、他の構造物にぶつけないように操作する点で非常に気をつかう。ロボットアームはキューポラと呼ばれる小部屋から操作することになる」などとJAXAのYouTube公式チャンネルで説明。「日本人の宇宙飛行士に対する信頼感が培われてきた。ここでいい仕事をして、次の宇宙時代につなげたい。」と抱負を語っている。

【4月5日18時34分配信 RBB TODAY
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000033-rbb-sci
 
   
Posted at 04:55/ この記事のURL
著名写真家が撮り下ろす21世紀モッズカルチャー−ライカ銀座で写真展 /東京 / 2010年04月06日(火)
 ライカ銀座店(中央区銀座6、TEL 03-6215-7070)で4月9日、ホルスト・A・フリードリッヒさんの写真展「I’m One:21st Century Mods」の開催が始まる。(銀座経済新聞)

 ファイン・アート・フォトグラファーとして受賞歴のある国際的に著名な写真家フリードリッヒさん。1966年、フランクフルトで生まれ、ミュンヘンで写真を学んだ後、ニューヨーク・タイムズやインデペンデント・マガジンなどのフリーフォトジャーナリストとして活躍してきた。これまでに世界中を旅し作品を撮り続け、現在はロンドンを拠点として活動する。

 同展ではフリードリッヒさんが昨年8月に出版した写真集「I’m One:21st Century Mods」から作品14点を紹介。同写真集は10年以上を費やして現代の英国のモッズ・コミュニティーを記録し、24時間パーティー、スクーター・クルーズ、ダンス・コンテストなどの取材から生まれた写真集で、「21世紀のモッズ・シーンの隆盛ぶりを示す」(同社)。

 モッズカルチャーは60年代に誕生し、80年代にリバイバル。現代ではザ・ホラーズ、ジ・エナミー、ダフィー、ザ・ライフルズなどのコンテンポラリー・アーティストたちが代表的な信奉者となっている。

 同社広報担当の岸本さんは「モッズファンのみならず英国の音楽とファッションを愛する方にはお楽しみいただけるのでは」と話す。

 開催時間は11時〜19時。月曜定休。6月13日まで。

【4月5日15時42分配信 みんなの経済新聞ネットワーク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000029-minkei-l13
 
   
Posted at 03:02/ この記事のURL
1枚のIC乗車券を全国使用可能に、システム整備 / 2010年04月06日(火)
【ソウル5日聯合ニュース】2014年から1枚のICカード乗車券で全国の公共交通手段が利用できるようになる見通しだ。
 国土海洋部は5日に「交通カード関連装備の全国互換性認証要領」を告示した。ICカード乗車券「交通カード」の端末機など関連装備を全国で統一できるよう、認証基準や手続きなどを規定した。
 認証業務代行機関には、韓国建設交通技術評価院を指定した。同評価院が認証業務の遂行に必要な細部規定や手順を設け、5月から交通カード全国互換性に関する認証業務を始める。
 また、6月からは公共交通需要が集中するソウル市、京畿道、釜山市、光州市など大都市を中心に、互換チップや清算システムなど全国互換交通カード用インフラを設置する。
 国土海洋部は、2013年までに認証製品を全国の公共交通手段に段階的に設置する。2014年からは1枚の交通カードで全国の公共交通手段を利用できるようにする計画だ。



【4月5日16時4分配信 聯合ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000021-yonh-kr
 
   
Posted at 02:27/ この記事のURL
パナソニック、インドにカーエレクトロニクス販売会社を設立 / 2010年04月06日(火)
パナソニック・オートモーティブシステムズ社は、子会社パナソニック・インドガオンの社内分社としてパナソニックASインドを設立した。

新会社はインドの自動車市場で、現地顧客に密着した戦略を構築し、迅速な意思決定が行える販売体制を目指すとともに、オートモーティブシステムズ社グローバル戦略の柱である新興市場での成長性の確保、インドでの市場責任を担うとしている。

インドの2009年度の自動車生産台数は240万台、前年比17%増と急成長しており、今後も大きな成長が見込まれている。世界中の自動車メーカーが生産体制を強化しており、同社としてもインドでの供給体制を強化する必要があると判断した。

オートモーティブシステムズ社は、米州、欧州、中国、タイに拠点を持ち、グローバルに事業拡大を図ってきた。今回、新たにインドにパナソニックASインドを設立し、パナソニックASアジアパシフィックの開発・製造部門と連携をとりながらカーエレクトロニクス事業のグローバル対応力の強化、ボリュームゾーン攻略による成長戦略の加速を図る。

《レスポンス 編集部》

【4月5日16時13分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000017-rps-bus_all
 
   
Posted at 01:52/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!