職員旅行

September 20 [Fri], 2013, 18:10
今年も行ってきましたー(^o^ゞ

去年は石垣島行ったんだけど、今年は職員投票で伊勢→大阪→京都になりました!!


まず1日目伊勢神宮を参拝。人多いかと思ったけどそれほどでもなく、内宮と外宮をまわっておはらい町で食べ歩きしました♪

TVで見たお店とかめぐって、最後は赤福本店で期間限定の「赤福氷」をいただきましたーー(ノ´∀`*)冷たいのに何故か柔らかいもちがたまらないっ。ああ幸せ♪

夜の懇親会は串あげで有名な「だるま」。
もちろんソースは二度付け禁止です(笑)美味しすぎて1日目から食べすぎました(°Д°)没

二日目の班行動は大阪は朝あとにして、すぐさま京都にいきました。清水寺→祇園→八坂神社→銀閣寺→哲学の道→金閣寺のコース。京都は高校の修学旅行依頼ですよ!!

まだ紅葉前で修学旅行生も少なく思ったほど混雑してなかったから、快適でした!銀閣寺から哲学の道に行って「よーじやカフェ」を目指して歩いたら思いのほか時間がかかったので金閣寺はあきらめました(涙)

三日目は嵐山を満喫するコース。天龍寺から竹林の道にぬけて、竹林の道へ。そこから竹林に癒されながら野宮
神社で縁結びをして、ゆっくり渡月橋へ。嵐山駅の足湯で疲れを癒したらカフェでランチしました!

今回は三日目の班の班長になったせいか、どーなることかとドキドキでしたが、旅というものは行き当たりばったりでもなんとかうまくいくもんだということを実感しました(^_^;)

今年も楽しい職員旅行となりましたm(__)m

レンズ・肉体・ロードバイク・ゾイド

August 22 [Thu], 2013, 11:40
レンズについて調べたがAPSーCである以上、高いレンズってどうなのかなって素朴に感じた。

効果があるという人とオーバースペックという人と二種類いる。

あるないでいったらあるだろうがフルでは使えない、そりゃそうだ、APS-Cなんだから、センサーの面積が約半分。

とりあえず色々と撮ってみよう、話はそれからだ。

正確には「色々とお願いして撮ってもらおう」か・・・・

ここが一番のネック。

rx1を導入した友人の行動に納得、人形しか撮らんはずだし。




ロードバイクのブレーキが手抜き品なので心配です、急制動が出来ない。

お金があるときに新しいアルテグラを導入するべきな気がしてきた・・・・


ホイールはどうも重さでなくて剛性の問題もあるよう。

ここはアルテグラのハブにDT swiissのリムで剛性が高いものを選択してもいいかもしれない。

完組の最低ランクのR500と重量はさほどは変わらないかもしれないが剛性が半端なくなって走るはず。

ロードバイクについては改装するとしてもそれぐらいかな?



「DQNとオタクは消費するしか能がない」という言葉は聞いたことがあるがまさにそうだな。


そもそも論理が理解できる相手ではなかったということか、マジで時間を無駄にしてしまったと反省している。



キャラホビ行こうかな?同行者不在で大変不自由しておりますがはて・・・


最近カラダを絞るために筋トレしている、改めてやってみると使いこなせていない自身の体というものを目の当たりにして面白い。

信頼しているリフォームの専門サイトさんで部屋の相談をしませんか?
群馬県で有名なマドリエ!まずはリフォームの相談をしましょう。


「孤独な天使たち」

August 09 [Fri], 2013, 14:48
びっくりした。あまりのみずみずしさに。
心を閉ざした14歳の少年が世界と和解する瞬間の眩しさ。
地中で力を蓄えた球根が時を経て芽吹くような鮮烈な開放感。
ベルトルッチは病気で一時は引退も考えたというから、
この力強い生命感は本人の再生のよろこびでもあるのだろうなあ。

ストーリーや道具立ては至極シンプルだ。
プチブル家庭の孤独癖のある少年が、
親には学校のスキー旅行に行くふりをして、
地下室に食料と大好きな本と音楽を持ち込む。
そこへなぜか異母姉が乱入、
しかも彼女はヘロイン依存症。
少年の夢の1週間はいきなり悪夢と化すものの、
不器用な二人は、苦しいのは自分だけじゃないことに
大きな慰めと前へ進む勇気をみいだす。
このあたりは中年男と女子高生の友情を描いた韓国映画
「息もできない」を思い出した。
それにベルトルッチ版『大人はわかってくれない』でもある。

異母姉の登場シーンがカッコイイのです。
黒づくめの彼女がニットの帽子を脱ぐと、
見事なブロンドが滝のように流れ落ちて・・・。
そう、こういうところがベルトルッチだ。
ほとんど密室劇なのに、照明がいいから映像が深く、
要所要所にドラマティックな見せ場をつくる。
圧巻は、ボウイの「スペース・オディティ」イタリア語版に乗せて、
2人がダンスを踊るところ。
オリジナルとはまるで歌詞が違っていて、
「孤独な少年よ、どこへ」と歌うんです。知らなかった。
でも、この映画には、本当にぴったり。
「暗殺の森」のダンスシーンをも凌ぐすばらしさ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hbegbgxj
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hbegbgxj/index1_0.rdf